西暦971年〜980年

971年(天禄二年):辛未
※調査中。
972年(天禄三年):壬申
伊尹が在職一年あまりで亡くなると、その弟の兼通・兼家の間で、摂関職を巡って熾烈なる争いが行われた。天皇は亡母の遺訓に従って藤原兼通を関白に任じた。
973年(天延元年):癸酉
元号を天延(てんえん)と改める。 デカン高原でタイラ2世がラーシュトラクータ朝を倒しチャールキヤ朝を再興する。
974年(天延二年):甲戌
賀茂保憲が従四位上に叙せられる。
975年(天延三年):乙亥
※調査中。
976年(貞元元年):丙子
元号を貞元(じょうげん)と改める。 東ローマ帝国でバシレイオス2世が皇帝に即位(- 1025年)。東ローマ帝国は最盛期を迎える。 神聖ローマ帝国がオーストリアにバーベンベルク家の辺境伯領を設ける。
977年(貞元二年):丁丑
関白兼通が重病に陥ると、円融天皇は兼通に強いられるままに遠縁の藤原頼忠を後任とした。また、皇子女は兼家女詮子腹の一条天皇(懐仁親王)のみだったにもかかわらず、「素腹の后」遵子を中宮に立てた。一連のことは兼家の恨みを買い、円融天皇は娘詮子・外孫懐仁親王ともども、里第に籠って出仕しなかった。 天文博士であった賀茂保憲が死去。 弟弟子であった安倍晴明が陰陽寮内で頭角を表すようになる。
978年(天元元年):戊寅
元号を天元(てんげん)と改める。
979年(天元二年):己卯
安倍晴明、皇太子(のちの花山天皇)の命で那智山 (山)の天狗を封ずる儀式を行う。 宋の太宗が北漢を滅ぼして中国統一する。
980年(天元三年):庚辰
ヨーロッパローマ教会全体で、世界の終末論と千年王国の建国論が広がり、大混乱に陥る。