西暦1861年(文久元年)

イタリア独立戦争が開始。(1870年)
イタリア王国成立。
アメリカ、南北戦争が開始。(1861年 - 1865年)。


1月2日、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世が死去しヴィルヘルム1世が即位
1月14日(万延元年12月4日)、米国駐日総領事館の通弁官ヒュースケンが攘夷派薩摩藩士に殺害される
1月24日(万延元年12月14日)、日晋修好通商条約調印
1月29日、米国でカンサスが34番目に州となる

2月4日、南北戦争: 南部7州がアメリカ連合国を設立、独立を宣言。
2月18日、南北戦争: ジェファーソン・デイヴィスがアメリカ連合国の大統領に就任

3月(文久元年2月)、土佐で井口村刃傷事件が起り、龍馬の属する下士と上士の間で対立が深まる。
3月3日、ロシア帝国で農奴解放令
3月4日、エイブラハム・リンカーンが第16代米大統領に就任
3月4日、南北戦争: アメリカ連合国の国旗として"The Stars and Bars"が採用される
3月13日(万延2年2月3日)、ロシア軍艦対馬占領事件: ロシア軍艦ポサードニク号が対馬の尾崎湾に来航
3月17日、ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世によるイタリア王国の成立宣言
3月28日(文久元年2月19日)、元号が万延から文久に改元
3月28日、ウィリアム・クルックスがタリウムを発見

4月12日、南北戦争: サムター要塞の戦いにより戦争勃発
4月13日(文久元年3月4日)、ロシア軍艦対馬占領事件: ポサードニク号が芋崎浦に投錨し永住の構えをみせる

6月22日(文久元年5月15日)、長崎大浦居留地に日本初のボウリング場が開設

7月1日、バチカン新聞オッセルヴァトーレ・ロマーノ(w:L'Osservatore Romano)創刊
7月2日(文久元年5月25日)、ニコライ・カサートキンが箱館に上陸し正教を伝道
7月5日(文久元年5月28日)、攘夷派水戸藩浪士らが英国駐日公使館(東禅寺)を襲撃(東禅寺事件)
7月21日、南北戦争: 第一次ブルランの戦い

9月初旬、ロシア軍艦対馬占領事件: ジェームズ・ホープ中将率いるイギリス支那方面艦隊が神奈川に入港、うち2隻を対馬に急行
9月頃(文久元年8月頃)、下士は武市瑞山をリーダーに土佐勤王党を結成し、坂本龍馬は9番目に加盟した(土佐では加盟第1号)。
9月5日(文久元年8月1日)、勝海舟、天守番頭格・講武所砲術師範役に異動。
9月9日(文久元年8月5日)、米陸軍が鞭打ち刑を廃止
9月29日(文久元年8月25日)、ロシア軍艦対馬占領事件: ポサードニク号が芋崎浦を退去

10月(文久元年9月)、坂本龍馬は武市半平太の密使として長州へ向かう。
10月21日、南北戦争: ボールズ・ブラフの戦い

11月7日、南北戦争: ベルモントの戦い
11月22日(文久元年10月20日)、和宮親子内親王が徳川家茂との婚儀のため京都を出発。