西暦1894年(明治二七年)

明宮嘉仁親王、健康状態から学業を続けることが困難であるとして、学習院を中退。その後は赤坂離宮で数人の教師によるマンツーマンの授業を受けた。この時重視された教科は、フランス語、国学、漢文であり、特に漢文を教えた川田甕江からは大きな影響を受け、漢文を趣味としたという。しかし、これらの教育も嘉仁親王にとっては非常に厳しく、しばしば明治天皇に愚痴を漏らしていたという。 明治天皇は伊藤博文の奏上を受けて、これまで東宮職の役人に任せきりであった嘉仁親王の管理を教育から健康まで総合的に行うため、新たに東宮輔導の職を設け、有栖川宮威仁親王をこれに任命した。これ以降、嘉仁親王は威仁親王を兄のごとく慕い、のちに威仁親王が継嗣のないまま危篤に陥った時には、第3皇子である宣仁親王に高松宮の称号を与えることで、有栖川宮の祭祀を継承させている。 日清戦争が起こる(1894年 - 1895年)。
オーヴィル・ヘンリー・ギブソンが大手ギターメーカーのギブソン・ギター・コーポレーションを創業


1月1日、英国でマンチェスター運河(Manchester Ship Canal)開通
1月4日、露仏同盟成立
1月22日、葉山御用邸完成

3月1日、第3回衆議院議員総選挙
3月2日、英国で第4次グラッドストン内閣総辞職
3月5日、英国でローズベリ内閣成立
3月9日、明治天皇大婚満二十五年祝典挙行(日本で銀婚式が広まる)
3月21日、金星で水星の日面通過、土星で水星の日面通過と金星の日面通過。
3月28日、金玉均が上海にて閔妃の刺客により暗殺される
3月29日、甲午農民戦争(東学党の乱): 朝鮮全羅道で蜂起
3月29日、横浜で鉄桟橋完成

4月2日、日英通商航海条約交渉開始(ロンドン,調印7月16日)
4月8日、ブルックナー交響曲第5番初演(グラーツオペラ座(Grazer Oper))
4月8日、高山樗牛「滝口入道」連載開始(讀賣新聞)

5月12日、第6特別議会召集
5月14日、英国でブラックプールタワー公開
5月16日、北村透谷が自殺(縊死)
5月31日、甲午農民戦争(東学党の乱): 乱徒が朝鮮全州を占領

6月20日、東京湾北部、神奈川でM7.0クラスの地震発生(明治東京地震)。東京府内で死者24人、全壊22軒。神奈川で死者7人、全半壊40軒。鹿鳴館にも被害。詳細な調査が行われた初の地震。(日本被害地震総覧)
6月23日、国際オリンピック委員会設立
6月24日、仏カルノー大統領暗殺
6月28日、労働者の日がアメリカ合衆国の公式の祝日として制定
6月30日、勝海舟、従二位に昇叙し、枢密顧問官如元。
6月30日、英国でタワーブリッジ開通

7月4日、ハワイが共和国を宣言(大統領サンフォード・ドール)
7月6日、米クリーブランド大統領がストライキ(Pullman Strike)鎮圧のため軍隊を派遣
7月16日、日英通商航海条約調印(領事裁判権撤廃)
7月17日、海軍軍令部長が中牟田倉之助から樺山資紀に交代
7月19日、日本海軍が初の聯合艦隊を編成(司令長官伊東祐亨中将)
7月23日、日本軍が朝鮮王宮を占領し興宣大院君を擁立
7月25日、日清戦争: 豊島沖海戦
7月27日、朝鮮で第一次金弘集政権成立(第一次甲午改革開始)
7月28日、日清戦争: 成歓の戦い
7月29日、東京府庁舎新築落成式(麹町区有楽町)

8月1日、日清戦争: 日本と清が相互に宣戦布告
8月25日、北里柴三郎が腺ペスト菌の発見を発表(ランセット誌)

9月1日、第4回衆議院議員総選挙
9月15日、日清戦争: 平壌の戦い
9月15日、日清戦争: 大本営(明治天皇親栽)が皇居から第5師団司令部(広島城)に進出(広島大本営)
9月17日、日清戦争: 黄海海戦

10月15日、ドレフュス事件: アルフレド・ドレフュス大尉が反逆罪で逮捕される
10月22日、庄内平野で大地震。全壊3858軒、半壊2397軒、全焼2148軒。死者726人など。土地の隆起沈下、山崩れなど多数。(日本被害地震総覧)
10月25日、日清戦争: 鴨緑江作戦
10月29日、ハワイ共和国で第1回選挙

11月1日、ロシア皇帝アレクサンドル3世逝去、ニコライ2世即位
11月15日、第7臨時議会召集
11月21日、日清戦争: 旅順口の戦い
11月22日、日清戦争: 旅順虐殺事件

12月17日、朝鮮で第二次金弘集政権成立(朴泳孝と連立)
12月22日、第8議会召集
12月22日、クロード・ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」初演(パリ)
12月22日、樋口一葉「大つごもり」(文学界)