西暦1905年(明治三八年)

奈良県鷲家口でニホンオオカミの捕獲。確かな最後の発見であり、ニホンオオカミ絶滅の年とされる。
マックス・ヴェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
エルンスト・マッハ「認識と誤謬」
夏 - ゼーフェルトでエドムント・フッサールが、ゲッティンゲン大学とミュンヘン大学の学生を集めて研究会を開催。初めて、現象学的還元の思考を説明
上田敏『海潮音』
イングランドでクリスタルパレスFC創立
イングランドでチェルシーFC創立
アメリカ合衆国のアリゾナ州・ニューメキシコ州などに生息している、アリゾナジャガーが射殺されたのを最後に絶滅したとされる。


1月1日、日露戦争:旅順開城
1月1日、夏目漱石が『ホトトギス』1月号で、処女作『吾輩は猫である』を連載開始
1月22日、サンクトペテルブルクで血の日曜日事件発生
1月25日、日露戦争:黒溝台会戦(- 1月29日)
1月28日、隠岐島と鬱陵島の間にある島を日本政府が閣議で竹島と命名し、島根県隠岐島司の所管とした
1月29日、平民新聞廃刊

2月11日、仁丹発売(森下南陽堂)

3月1日、日露戦争:奉天会戦(- 3月10日)
3月16日、日露戦争:バルチック艦隊がマダガスカルを出港
3月31日、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世がモロッコの港であるタンジールを訪問(タンジール事件)

4月3日、アルゼンチンでボカ・ジュニアーズ創立
4月12日、阪神本線開業
4月23日、フランスで社会党が結成

5月27日、日露戦争:日本海海戦(- 5月28日)

6月2日、芸予地震。1903年以降地震が頻発。死者11人、負傷者177人。鉄道などに被害。埋め立て地で被害。(日本被害地震総覧)
6月7日、ノルウェーがスウェーデンからの独立を宣言
6月9日、米国大統領セオドア・ルーズベルトが日露講和を勧告
6月27日、ロシアで戦艦ポチョムキンの水兵が蜂起
6月30日、アルベルト・アインシュタインが特殊相対性理論を発表。また同年、光量子仮説を導入。あわせて5つもの画期的な論文を発表し、物理学の奇蹟の年といわれる

7月7日、日露戦争:樺太の戦い開始
7月29日、桂・タフト協定が結ばれ、日本の韓国支配と米国のフィリピン支配を相互承認
7月、ベトナム維新会による東遊(ドンズー)運動が始まる。日本へ留学生が派遣される
7月、ドイツ領東アフリカでマジ・マジ反乱発生
7月31日、日露戦争:日本軍が樺太占領を終える

8月10日、日露戦争:日露講和会議開催
8月12日、第2次日英同盟が調印
8月20日、孫文が東京で中国同盟会を結成

9月2日、清が科挙を廃止
9月5日、日露戦争:ポーツマス条約締結
9月5日、日露戦争講和条約に反対する民衆による暴動が発生(日比谷焼打事件)
9月6日、東京に戒厳令(- 11月29日)
9月10日、中川小十郎により私立清和普通学校が開学

10月8日、シベリア鉄道が開通
10月9日、平民社が解散
10月16日、インド総督ジョージ・カーゾンがベンガル分割令を発布
11月17日、第2次日韓協約が締結され、日本が韓国の外交権を掌握
10月17日、津田梅子らがYWCAを創立
10月26日、ロシアのサンクトペテルブルクで労働者代表ソビエト会議が開催
10月30日、ロシア皇帝ニコライ2世が十月宣言を発布

11月14日、幸徳秋水が米国に出発
11月29日、東京の戒厳令解除

12月2日、日本で最初の大使館がイギリスに設置(公使館が昇格)。初代駐英大使は林董
12月11日、イランで立憲革命
12月21日、第2次日韓協約に基づき韓国統監府を京城に設置。初代総監は伊藤博文
12月25日、第22議会召集。