西暦1907年(明治四〇年)

概要

嘉仁親王は大韓帝国を訪れ、皇帝純宗や皇太子 李垠と会っている。このときの大韓帝国は、保護国とはいえまだ併合前の「外国」であったため、史上初めての皇太子の外遊という事になった。このとき、嘉仁親王は李垠をたいそう気に入り、その後朝鮮語を学び始めたという。
ルイ・ボーフロンがエスペラントの改造案として人工言語のイド語を発表。 オーストリア、スウェーデンで男子普通選挙制度が採用される。 ノルウェーで女性参政権が認められる。 アンリ・ベルクソン「創造的進化」。 ウィリアム・ジェームズ「プラグマティズム」。 モーリス・ルブラン、アルセーヌ・ルパンシリーズ第一作『怪盗紳士アルセーヌ・ルパン』。 田山花袋『蒲団』。 夏目漱石『虞美人草』 (「朝日新聞」)。
フランスのポール・コルニュ(Paul Cornu)が約2mの高さで20秒間のホバリングに成功した。
ラザフォードら、アルファ(A)粒子がヘリウム原子核であることを発見。
ヘレロ戦争が終結。
アメリカ合衆国マサチューセッツ州の医師ダンカン・マクドゥーガルが、6人の患者と15匹の犬を使い、死ぬ時の体重の変化を記録しようと試みる。その結果、人間は死の際に、呼気に含まれる水分や汗の蒸発とは異なる何らかの重量を失うが、犬ではそういった重量の損失が起こらなかった、と報告した。
この実験結果は、1907年に心霊現象研究協会 (The Society for Psychical Research)の Journal of the American Society for Psychical Research、ニューヨーク・タイムズや医学雑誌 American Medicine に掲載された。 この実験結果は測定のずさんさや標本数の少なさなどから科学的な信憑性は認められていない。マクドゥーガル医師は患者のうち2名では計測に失敗したと自ら認めている。また、死の瞬間をどう設定するか、などの測定の基準もはっきりとしていない。 しかし、これを契機として「人間の魂の重さは21グラムである」という説が広まった。この21グラムという値は6人の患者での平均結果と言うわけではなく、一人目の患者での結果である4分の3オンス(およそ21.262グラム)に由来する。


1月6日、マリア・モンテッソーリ、ローマで労働者階級の子供のために彼女の最初の学校およびデイケアセンターを開く。
1月21日、東京株式相場が暴落し、戦後恐慌が始まる。

2月4日、足尾銅山で労働争議が起こる。
2月5日、日清紡績設立
2月22日、奥村組創業
2月23日、麒麟麦酒設立

3月6日、玉川電気鉄道が道玄坂上・三軒茶屋間に玉川線を開業(8月に玉川まで延伸)
3月15日、フィンランドで最初の議会選挙(~3月16日 )。女性候補が出馬した世界で最初の選挙であるとともに、普通選挙権が適用されたヨーロッパで最初の選挙
3月20日、東京府勧業博覧会開催(上野公園)(~7月31日)
3月21日、小学校令改正。義務教育が6年間となる。
3月21日、ベトナムでファン・チュー・チンらがハノイに東京義塾を設立する。

4月1日、南満州鉄道開業
4月1日、寿屋(サントリー)が赤玉ポートワイン(赤玉スイートワイン)を発売
4月24日、刑法公布(1908年10月1日施行)
4月24日、栃木県に安蘇郡立佐野高等女学校(現・栃木県立佐野女子高等学校)開校

6月5日、BAPSスワミナラヤン教、確立
6月10日、日仏協約調印。清の独立・領土保全が約束され、両国の勢力範囲が確認される。
6月15日、第2回万国平和会議開催(〜10月18日)。大韓帝国がハーグに密使を送る(ハーグ密使事件)。
6月22日 -東北帝国大学創立

7月24日、第3次日韓協約締結。韓国政府に日本人が採用されることなどが取り決めされる。

8月1日、韓国軍隊が解散され、反日運動が激化する。
8月1日、ロバート・ベーデン=パウエル、イギリスのブラウンシー島で最初のボーイスカウト・キャンプを実施(~8月9日 )。
8月24日、関東で大暴風雨。流出家屋187000余戸、死者460人。
8月31日、英露協商締結。イランとアフガニスタンにおける両国の勢力圏が確認される。露仏同盟・英仏協商とあわせて三国協商が成立。

9月1日、三越大阪店に百貨店初の美術部「新美術部」が創設される。
9月11日、電機学校(東京電機大学の前身)創立
9月26日、ニュージーランドがイギリスの自治領となる。

10月18日 -ハーグ陸戦協定(陸戰ノ法規慣例ニ關スル條約)締結。ダムダム弾の使用が禁止される。
10月19日、箕面有馬電気軌道(後の阪急電鉄)開業
10月24日、ジョン・ピアポント・モーガン、エドワード・ヘンリー・ハリマン、ジェームズ・スティルマン、ヘンリー・クレー・フリックおよび他のウォールストリートの財政家が、2500万ドルのプールを、1907年の銀行パニックを主導していたニューヨーク証券取引所の急落するシェアに投資するべく作成し、アメリカの金融危機が防がれた。
10月24日、小山内薫が「新思潮」を創刊。
10月24日、京城高等商業学校が東洋協会専門学校(現拓殖大学)京城分校として創立

11月16日、アメリカ合衆国が日本人労働者移民の渡航制限を要請する。

12月19日、ペンシルベニア州ジェーコブス・クリークの炭鉱中の爆発、死者239人
12月25日、第24議会召集
12月25日、目黒競馬場開設