西暦1913年(大正二年)

概要

エドムント・フッサール『純粋現象学および現象学的哲学の諸構想』。フッサールの超越論的現象学は、ミュンヘン現象学派との軋轢を生じた。 松井須磨子『カチューシャの唄』が大ヒット


1月20日、国民党分裂
1月20日、森鴎外『阿部一族』(『中央公論』)

2月3日、アメリカ合衆国憲法修正第16条批准
2月5日、尾崎行雄が政府弾劾演説を行う(第一次護憲運動)
2月10日、護憲派の民衆が議会を包囲し暴徒化
2月11日、第3次桂内閣総辞職(大正政変)
2月20日、第1次山本内閣成立
2月23日、尾崎行雄らが政友倶楽部を結成

3月4日、ウッドロウ・ウィルソンが第28代米大統領に就任

4月8日、アメリカ合衆国憲法修正第17条批准
4月24日、ウールワースビル開業

5月28日、アンリ・ベルクソンが心霊研究協会に於いて、講演「「生きている人のまぼろし」と「心霊研究」」。心霊学への偏見を厳しく批判し、心霊学の重要性を強く主張。
5月29日、ストラヴィンスキー『春の祭典』初演
5月30日、バルカン同盟諸国とオスマン帝国との間でロンドン条約締結(第1次バルカン戦争終結)

6月10日、「森永ミルクキャラメル」が発売
6月13日、軍部大臣現役武官制撤廃
6月13日、国語調査委員会廃止
6月29日、第2次バルカン戦争勃発

7月12日、中華民国で袁世凱の専制と国民党弾圧に反対して、第2革命が起こる。

8月10日、ブカレスト条約締結(第2次バルカン戦争終結)
8月16日、東北帝国大学に3名の女性が入学、帝国大学初の女子学生となる
8月16日、日本海軍の巡洋戦艦「金剛」が竣工
8月28日、平和宮(後の国際司法裁判所)落成式

9月1日、袁世凱が南京を占領して第2革命は失敗する。
9月4日、ワグナー事件
9月23日、ローラン・ギャロスが世界初の地中海横断飛行に成功
9月29日、ディーゼルエンジンの発明者ルドルフ・ディーゼルが船上で消息を絶つ

10月6日、日本政府が中華民国を承認
10月10日、臨時大総統であった袁世凱が正式に大総統に就任
10月某日、和辻哲郎『ニイチェ研究』

11月6日、南アフリカ連邦でマハトマ・ガンディーがインド系炭坑夫の反差別運動中に逮捕
11月11日、ハウス食品(当時の社名浦上糧食工業所)設立。
11月14日、マルセル・プルースト『失われた時を求めて』第1部刊行。自費出版だった。

12月5日、チベットとモンゴルが「チベット・モンゴル相互承認条約」を締結
12月11日、京都法政大学が「私立立命館大学」に改称
12月12日、1911年に盗難にあったモナ・リザが発見される
12月23日、立憲同志会(後の憲政会)結成
12月24日、第31議会召集