西暦1922年(大正一一年)

概要

芥川龍之介『トロッコ』。 一部の研究家達により無線通信の可能性が研究され始める(アマチュア無線の誕生)。


1月11日、糖尿病患者に世界初のインスリン投与が行なわれる。
1月17日、大隈重信公国民葬(日比谷公園)

2月に山縣有朋が死去。ひっそり世を去ったとされている。この事件に関して山縣はその後一言も語らなかったという。
2月2日、ジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」
2月5日、リーダーズ・ダイジェスト創刊
2月6日、ワシントン会議: ワシントン海軍軍縮条約・九か国条約調印
2月6日、ピウス11世が第259代ローマ教皇に選出 2月8日、チェーカーがGPUと改称、NKVDの直轄となる。
2月11日、グリコ (菓子)発売
2月22日、江崎グリコ設立
2月25日、旬刊朝日創刊(4月2日に週刊朝日となる) 2
月28日、エジプト王国がイギリスから独立宣言

3月3日、全国水平社創立
3月10日、上野公園で平和記念東京博覧会開幕(〜7月31日)
3月10日、マーガレット・サンガー来日 3月10日、日本庭球協会設立3月20日、ラングレー (CV-1)が米海軍初の航空母艦として改装され就役

3月30日、未成年者飲酒禁止法公布(施行4月1日)
3月31日、ドイツでヒンターカイフェック事件発生

4月2日、サンデー毎日創刊
4月3日、ヨシフ・スターリンがロシア共産党書記長に選出
4月12日、英皇太子(後のエドワード8世)来日(〜5月9日)
4月14日、アイルランド共和軍が、フォー・コーツ(アイルランド最高法廷)を襲撃し、ダブリンの戦いがはじまる。
4月16日、ラパロ条約調印(ドイツ・ソビエト政府国交回復)
4月20日、治安警察法改正公布(女子の集会参加禁止を撤廃)
4月20日、豊年製油設立(鈴木商店製油部が独立)
4月20日、日本農民組合創立( 賀川豊彦ら)

5月5日、刑事訴訟法(旧法)公布
5月5日、ヤンキー・スタジアム起工
5月19日、ピオネール発足

6月6日、高橋内閣総辞職(閣内不統一)
6月12日、加藤友三郎内閣成立
6月24日、シベリア出兵: 日本が撤兵を声明 6月28日、アイルランド内戦勃発

7月15日、日本共産党結成(堺利彦・山川均ら)

8月1日、日本経済連盟会設立(井上準之助・団琢磨ら)
8月8日、小学館設立
8月8日、東北帝国大学に金属材料研究所設置

8月15日、西武鉄道設立(武蔵鉄道より社名変更)
8月22日、マイケル・コリンズが暗殺される
8月25日、大河津分水が通水

9月2日、目黒蒲田電鉄(後の東京急行電鉄)設立
9月18日、ハンガリーが国際連盟に加盟

10月25日、シベリア出兵: 樺太北部を除いて日本軍が撤兵を完了
10月27日、ファシスト党がローマ進軍を行う
10月28日、第一次世界大戦後、経済が悪化し政情不安に陥っていたイタリアは、ファシズムの政治体制が最初に形成。ファシスト党党首ベニート・ムッソリーニがローマ進軍を行い、国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の協力もあって権力を獲得。 日本はロシア革命の鎮圧のためシベリア出兵を行ったが、3千人の死者を出した上に目立った成果もなく、撤退を余儀なくされる。
10月31日、ベニート・ムッソリーニが首相に就任

11月1日、トルコ革命: スルタン制廃止を宣言
11月8日、革新倶楽部結成(犬養毅・尾崎行雄・島田三郎ら)
11月14日、イギリス放送会社(後の英国放送協会)がラジオ放送を開始
11月17日、トルコ革命: メフメト6世が亡命(オスマン帝国の滅亡)
11月17日、アルベルト・アインシュタイン来日(〜12月29日,改造社の招聘)
11月26日、ハワード・カーターがツタンカーメンの墓を発見

12月6日、アイルランドの南部26州がグレートブリテンおよびアイルランド連合王国より離脱(アイルランド自由国成立)
12月25日、第46議会召集
12月27日、鳳翔 (空母)就役(世界で初めて航空母艦として起工・就役)
12月30日、ソビエト連邦成立