西暦1923年(大正一二年)

概要

インダス文明の遺跡であるモヘンジョ・ダロの発掘開始 春、ジェルジ・ルカーチ「歴史と階級意識」。ソ連共産党のコミンテルンから厳しく批判される。しかし、エルンスト・ブロッホやカール・コルシェは支持。フランクフルト学派にも影響を与えた。ヨーロッパに於けるマルクス主義の重要文献と位置付けられる。 井伏鱒二『山椒魚』Then the war ended.


1月11日、フランス/ベルギーが賠償金支払いの滞りを理由にルール占領を強行し、ドイツでは社会不安が引き起こされ、ハイパーインフレーションが発生。マルク紙幣の価値は戦前の1兆分の1にまで下落した。
1月14日、茨城県にてマグニチュード6.1の地震が発生。(関東茨城地震)
1月14日、九州熊本県阿蘇山が噴火。
1月17日、ファン・デ・ラ・シェルバがオートジャイロの初飛行に成功
1月26日、孫文がソ連代表のヨッフェと会談

2月、群馬県、長野県境界に位置する浅間山で、浅間山山麓地震が発生。

3月8日、赤瀾会が日本初の国際婦人デー記念集会開催
3月26日、宮城県蔵王山にて、蔵王山東麓での群発地震。
3月30日、工場法改正(適用年齢の引き上げ他)

4月、九州から沖縄の海域および和歌山県沖にて、那覇・和歌山群発地震が発生。
4月5日、日本共産青年同盟(後の日本民主青年同盟)設立
4月5日、北一輝『日本改造法案大綱』
4月23日、沖縄・東シナ海にて、マグニチュード7.3の地震が発生。

5月、茨城県鹿島灘にて、群発地震が発生。
5月7日、茨城県鹿島灘にて、マグニチュード7.2の地震が発生。(関東茨城地震)
5月下旬−6月、茨城沖で群発活動が始まり,6月2日にはマグニチュード7.3の最大地震が発生。
5月下旬−6月、東海沖に地震が頻発し,その数 200~300回にのぼる。
6月2日、茨城県沖 マグニチュード7.3地震とそれにともなう津波が発生。その後、継続してマグニチュード7.1の余震が発生。
6月26日、第1回ル・マン24時間レース開催
6月26日、中部/岐阜県、長野県境界にある焼岳が噴火。

7月、長崎県千々石湾で群発地震が発生。
7月1日、鹿児島県霧島山で噴煙が確認。
7月13日、鹿児島県種子島付近でマグニチュード7.1およびマグニチュード6.6の地震が連続して発生。
7月24日、ケマル・アタチュルク首班のトルコ政権が連合国とローザンヌ条約を締結

8月3日、ハーディング米大統領の死去により、副大統領クーリッジが第30代米大統領に就任
8月6日、事実上の国内最高気温である42.5℃を徳島県鳴門市で観測
8月13日、ドイツでシュトレーゼマン連立内閣成立
8月25日、加藤友三郎内閣総辞職(首相死去)
8月28日、山本權兵衞に組閣命令 関東大震災が起こる。

9月1日、関東・東海・甲信地方に大地震発生。M7.9の揺れは本州のほぼ全域と四国で観測。被害は東京と横浜で特に甚大。浅草凌雲閣12階は8階から折れて崩壊。300人以上が下敷きに。東京では下町を中心に大火災。本所被服廠跡では、避難民のほとんどである44030人が焼死。根府川で山津波により流域170軒が埋没、停車中の列車を呑み込む。死者99331人、行方不明43476人、負傷者103733人。家屋全壊128266、半壊126233、焼失家屋447128、流出家屋868。1日に余震114回。流言飛語により朝鮮人、中国人、一部日本人に犠牲者。(日本被害地震総覧) 秋季予定されていた皇太子裕仁親王(当時摂政であった)の婚礼の儀は延期されることとなった。本来なら関東という一地方で起きた地震であるので、国事である皇族の婚礼を延長することはせずに遷都するのが通例であったが、東京の惨状を視察した裕仁親王の意向により延期となった。 この関東大震災で裕仁親王は、後に「加藤のおかげで命拾いをした」と語っている。背景には、霞関離宮が修理中であったために箱根(大きな震災を被った)へ行く予定であったが、加藤友三郎内閣総理大臣が死去し、政変が起きていたため、東京の宮城(皇居)に留まったことがある(1973年の記者会見より。会見記録は、高橋紘『陛下、お尋ね申し上げます』に詳しい)。 のち1981年の記者会見で、昭和天皇は「その惨憺たる様子に対して、まことに感慨無量でありました」と述懐している。 昭和天皇、戦前より、皇太子時代から盛んに国内各地に行啓、行幸を行った。特に正式に日本領として認められて日の浅い北海道、沖縄両地への行啓は大掛かりに実施され、記録に残っている。この年、台湾にも行啓している。
9月2日、関東大震災: 東京市他郡部に戒厳令発令(〜11月15日)
9月2日、第2次山本内閣発足 9月3日、関東大震災: 戒厳地域を東京府・神奈川県に拡大
9月4日、関東大震災: 戒厳地域を埼玉県・千葉県に拡大
9月4日、関東大震災: 亀戸事件
9月7日、関東大震災: 支払猶予令(震災手形参照)
9月7日、関東大震災: 東京市内に夜間外出禁止令発令
9月8日、ホンダポイント遭難事件がおこる
9月16日、憲兵大尉甘粕正彦が大杉栄や伊藤野枝らを殺害(甘粕事件)
9月20日、関東大震災: 甘粕事件のため福田雅太郎戒厳司令官更迭(後任山梨半造)
9月23日 -スペインでプリモ・デ・リベラ軍事政権が成立

10月16日、ウォルト・ディズニー・カンパニー創立。
10月16日、ドイツでマルク暴落に対して暫定通貨であるレンテンマルクの発行を決定
10月23日、フォッケウルフ社が設立される(設立時、ブレーマー航空機製造株式会社)。
10月29日、トルコ共和国成立

11月8日、アドルフ・ヒトラーがミュンヘン一揆

12月10日、第47臨時議会召集 12月21日、ネパールがイギリスから独立
12月27日、虎ノ門事件 12月25日、第48議会召集
12月29日、第2次山本内閣総辞職