西暦1928年(昭和三年)

概要

チンパンジーの新種「ボノボ」の発見。動物界脊索動物門哺乳綱サル目(霊長目)ヒト科チンパンジー属に分類されるサルであり、以前はピグミーチンパンジーと呼ばれた。人間に次いで、火や道具を使い、言葉を理解する。性行為も正常位ができるなど、人間に近い。2015年においては、実勢にフライパンを使って調理をするところが記録された。 アムステルダムオリンピック開催を契機に、コカ・コーラがヨーロッパに輸出される。 トルコがトルコ語表記をアラビア文字からトルコ式アルファベットに転換。 ヨシフ・スターリンが第一次五ヶ年計画を発表。 グリフィスの実験が行われる。 シリア・ウガリット遺跡が発掘される。 油屋熊八、日本で初めて女性バスガイドを自分の経営する観光バス会社に導入。


1月、フェルディナンド・ソシュール「言語学原論」邦訳。
1月1日、エストニアが通貨マルクをクローンに変更。
1月6日と7日、ロンドンのテムズ川がはんらん、14人が死亡。
1月7日、1843年から干上がり、草生していたロンドン塔の堀が津波によって完全に水に満たされる。
1月12日、アメリカ人殺人犯ルース・スナイダーの処刑がニューヨーク州オシニングにて執行される。
1月12日、大相撲ラジオ実況放送開始
1月17日、モスクワで、ソヴィエト連邦秘密警察が、レフ・トロツキーを逮捕、
1月31日にカザフ共和国・アルマアタに流刑。
1月22日、岡部金治郎がマグネトロンの特許を取得

2月、「久留米大学」の前身である「九州医学専門学校」が設置される。
2月1日、赤旗創刊
2月11日、第2回冬季オリンピックがサンモリッツで開催(-2月19日)。
2月12日、イングランドにて大規模なひょう害が発生し、11人が死亡。
2月20日、第16回衆議院議員総選挙(最初の普通選挙)
2月25日、ワシントンD.C.のチャールズ・ジェンキンス研究所が連邦無線委員会(FRC)より認可を受け、世界で始めてのテレビ所有者となる。

3月12日、マルタがイギリス自治領となる。
3月12日、カリフォルニア州のロサンゼルス北方に位置する当時建設中だったセント・フランシスダムで事故が発生し、600人が死亡。
3月15日、日本共産党に対する一斉検挙(三・一五事件)
3月16日、台北帝国大学設置
3月16日、キリンレモンの販売が開始。
3月21日、チャールズ・リンドバーグに対し、大西洋単独飛行の功績を讃え名誉勲章授与。
3月26日、中華民国杭州で世界初の国立アカデミーとなる中国美術学院が設立。 日付不詳、コミンテルン、「日本問題に関する決議」いわゆる28年テーゼ(「マルクス主義」)。

4月10日、治安警察法により労働農民党・日本労働組合評議会・全日本無産青年同盟に解散命令
4月10日、イリノイ州シカゴで共和党の予備選挙が開催(パイナップル予選)。
4月12日、イタリア・ミラノでベニート・ムッソリーニに対する爆弾テロ発生。周囲にいた17名が死亡。
4月12日から14日、アイルランドのダブリンとカナダのグリーンリー島の間で世界初の大西洋横断飛行が行われる
4月14日、ブルガリアのチルパンとプロブディフでそれぞれ大地震が発生し、2万1000棟以上の建物が倒壊、約130人が死亡。
4月20日、第55特別議会召集
4月22日、ギリシャのコリントで大地震が発生し、20万棟の建物が倒壊。
4月28日、ペンシルベニア州南部で約71cmの積雪を観測。
4月28日、最終週、オックスフォード英語辞典の初版が完成し、出版作業に移る。

5月3日、済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突
5月10日、ニューヨークで、最初のテレビ定期放送が開始される。
5月15日、オーストラリアでフライングドクターが始まる。
5月15日、ロサンゼルスのディズニースタジオで短編アニメーション映画「プレーン・クレイジー」がお披露目され、ミッキーマウスとミニーマウスが初めて登場する。
5月23日、ブエノスアイレスのイタリア大使館に爆弾が投げ込まれ、22人が死亡、43人が負傷。
5月24日、イタリア人ウンベルト・ノビレも乗船していた飛行船「イタリア」が北極点付近で墜落。
5月26日、第1回全日本学生陸上競技大会(明治神宮競技場)
5月30日、飛行船「イタリア」の救助隊が北極点から撤収。

6月4日。張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)が起こる。 張作霖排除を狙う軍、財閥、政治勢力の意向を汲み、関東軍によって奉天軍閥の長張作霖が暗殺された事件。別名「奉天事件」。中国では、事件現場の地名を採って、「皇姑屯事件」とも言う。当時はマスコミへの公表が検閲により禁止。当局により「満洲某重大事件」と呼ばれ、「関東軍の河本大作大佐による犯行」という事件の真相は隠されていた。 (経緯と内容) 満州某重大事件の責任者処分に関して、内閣総理大臣・田中義一は責任者を厳正に処罰すると昭和天皇に約束したが、軍や閣内の反対もあって処罰しなかった時、天皇は「それでは前の話と違うではないか」と田中の食言を激しく叱責した。その結果、田中内閣は総辞職したとされる(田中はその直後に死去)。 田中内閣時には、若い天皇が政治の教育係ともいえる牧野伸顕内大臣の指導の下、選挙目当てでの内務省の人事異動への注意など積極的な政治関与を見せていた。そのため、軍人や右翼・国粋主義者の間では、この事件が牧野らの「陰謀」によるもので、意志の強くない天皇がこれに引きずられたとのイメージが広がった。天皇の政治への意気込みは空回りしたばかりか、権威の揺らぎすら生じさせることとなった。 この事件で、天皇はその後の政治的関与について臆病になったという。 なお、『昭和天皇独白録』には、「辞表を出してはどうか」と天皇が田中に内閣総辞職を迫ったという記述があるが、当時の一次史料(『牧野伸顕日記』など)を照らしあわせると、そこまで踏み込んだ発言はなかった可能性が高い。
6月8日、北京が北平と改称される。
6月11日、ウィーンで医者がストライキを起こす。
6月14日、アルゼンチンのロザリオ大学の医療棟が学生らに乗っ取られる。
6月18日、アメリア・エアハートが、女性初の大西洋横断飛行に成功
6月20日、ユーゴスラビア議会でプニシャ・ラチッチが野党議員三人を射殺し、その他二人を負傷させる
6月24日、スウェーデン機がウンベルト・ノビレなどイタリア北極探検隊の一部を救助。残りもソ連の砕氷船「クラーシン」によって7月12日に救助される。
6月28日、アメリカ人連続殺人犯アルバート・フィッシュが当時10歳だったグレース・バッドを連れ去り、殺害する。
6月29日、緊急勅令で治安維持法改正公布施行(死刑・無期刑を追加)
6月29日、テキサス州ヒューストンで民主党全国委員会が開催され、ニューヨーク州知事のアル・スミスがカトリック教徒として初めて大統領選挙に主要政党から立候補することとなった。

7月2日、イギリスで、女性参政権を認める法律施行。
7月2日、ワシントンのジェンキンス研究所のテレビ局「W3XK」が放送を開始。
7月3日、全府県警察部に特別高等警察設置
7月6日、ネブラスカ州ポッターで世界史上最大のひょうが落下。
7月12日、メキシコ人パイロットのエミリオ・カランサがニューヨークへ親善飛行を行った帰りに、ニュージャージー州パインバレンズで墜落事故死を遂げる。乗っていたのはカランサ一人だったため他に死者は出なかった。
7月17日、メキシコのアルバロ・オブレゴン大統領がホセ・デ・レオン・トーラルに暗殺される。
7月19日、中華民国国民政府が日華通商条約の廃棄を通告
7月25日、アメリカ合衆国、中華民国から撤兵
7月27日、クリケット選手のティッチ・フリーマンが史上初めて7月末までに1シーズン200勝を達成する。
7月27日、ラドクリフ・ホールが「寂しさの泉」(The Well of Loneliness)を刊行。
7月28日、第9回夏季オリンピックがアムステルダムで開催(、8月12日)

8月2日、伊エチオピア友好条約調印
8月16日、連続殺人犯のカール・パンズラムが、およそ20人を殺害した容疑でワシントンD.C.にて逮捕される。
8月22日、アル・スミスが民主党の大統領候補指名を受け入れるようすがテレビとラジオで同時放映される。
8月25日、アルバニア人のアフメト・ベイ・ゾグーが自身をゾグー1世と名乗る。
8月26日、イギリスでメイ・ドノヒューがカフェで出てきたジンジャービールのなかにカタツムリの屍骸を発見する。これがきっかけとなり、製造業者が消費者に対し損害賠償責任を負うことを定めた規定が貴族院にて可決されることとなる。
8月27日、パリ不戦条約調印(日本を含む15か国が署名)。日本では「人民の名に於て」の字句が政治問題化。
8月29日、ホンジュラスのサッカークラブ、C・D・モタグアが設立。

9月1日、アフメド・ゾグー、アルバニア国王に即位
9月1日、リチャード・バードが南極へ向けニューヨークを出発。
9月11日、ニューヨーク州バッファローでWMAKというテレビ局がテレビ放送を開始。
9月15日、ティッチ・フリーマンがイングランドの1シーズンのクリケット最多勝利記録を更新。
9月16日、アメリカ合衆国・フロリダ州をオキーチョビー・ハリケーンが襲撃、少なくとも2500人以上が死亡
9月20日、大礼記念京都博覧会開催
9月25日、ポール・ガルヴィンと兄弟のジョゼフがガルヴィン製造株式会社(現 モトローラ)を設立。
9月28日、アレキサンダー・フレミングがペニシリンを発明

10月1日、陪審法施行
10月2日、ローマ・カトリックの聖人、ホセマリア・エスクリバーが、スペイン・マドリッドにオプス・デイ設立。
10月7日、ハイレ・セラシエ1世がアビシニア王に就任
10月8日、蒋介石が国民政府首席に就任
10月12日、京都平安神宮に日本最大の鳥居が完成
10月12日、アメリカ合衆国・ボストンの子供病院で、世界初の鉄の肺が使用
10月14日、小樽新聞が北海道置戸で珍獣が捕獲されたと報道(エゾナキウサギの発見)
10月19日、ウィリアム・エドワード・ヒックマンが1927年に当時12歳だったマリオン・パーカーを殺害した罪でカリフォルニア州のサン・クエンティン州立刑務所において死刑に処される。
10月20日、日本航空輸送設立
10月22日、プエルトリコ大学リオ・ピエドラス校にてピ・シグマ・アルファクラブが設立。
10月26日、赤十字国際規約の採択により、赤十字社が正式に設立。
10月27日、早稲田大学演劇博物館開館

11月、裕仁親王、京都御所で即位の大礼を行い、天皇として即位。以後、終戦まで国策決定に深く関与し、特に軍事・外交政策にはしばしば独自の判断を示した。(昭和とは、この時の元号であり、国民からは「天皇陛下」もしくは「裕仁陛下」と称されていた。「昭和天皇」とは、天皇が崩御された際の追号。)
11月、佐伯俊平(服部之総)、論文「唯物弁証法と唯物史観」(「マルクス主義講座」)。三木清の三木哲学と、福本和夫の福本イズムを厳しく批判した。
11月1日、ラジオ体操放送開始 11月4日、マンハッタンのパーク・セントラル・ホテルで「ニューヨーク一悪名高いギャンブラー」アーノルド・ロススタインがポーカーゲーム中に射殺される。
11月6日、1928年アメリカ合衆国大統領選挙で、共和党のハーバート・フーバーが大差で当選
11月10日、昭和天皇の即位の礼挙行
11月14日、大嘗祭挙行
11月17日、アメリカ合衆国・ボストンにボストン・ガーデン開業
11月18日、ミッキーマウスが公式に初登場したアニメーション映画『蒸気船ウィリー』公開
11月22日、モーリス・ラヴェル作曲によるバレエ『ボレロ』がパリ・オペラ座で初演。
11月23日、同志社大学で火災。天皇が京都滞在中であったため、総長が引責辞任

12月9日、カトリック神田教会聖堂献堂
12月21日、アメリカ合衆国議会、ボールダー・ダム(後にフーバー・ダムと改称)の建設を許可する決議を採択。
12月24日、第56議会召集