西暦1954年(昭和二九年)

1954年 概要

ミハエル・コーガン、シベリアに抑留され病死した安江大佐の葬儀の開催に尽力する。 昭和の大合併が進む。 日本国内で実行に移されていた弾丸列車計画(通称:十五ヵ年継続計画)の完成予定年(計画自体は第二次世界大戦における日本の戦局悪化で消滅。すでに工事が進められていた区間の工事再開は1959年4月20日)。 アルジェリア独立戦争が起こる。(-1962年)


出来事

1月、ラストボロフ事件。
1月2日、皇居二重橋で皇居一般参賀者が橋上で将棋倒しとなり16人が死亡する(二重橋事件)。
1月18日、名古屋鉄道が中日の経営から撤退。

2月1日、ジョー・ディマジオ、マリリン・モンロー夫妻が来日。

3月1日、日本の遠洋マグロ漁船第五福竜丸が米国の水爆実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びる。
3月1日、鎌田商会がトイレ用消臭芳香剤「トイレボール」を発売。
3月1日、松下電器産業が同社初の電気掃除機「MC-1」を発売。
3月14日、モスクワ地下鉄5号線環状線が全線開通。

4月5日、初の集団就職列車(青森・上野間)が運行される。
4月26日、青山斎場で行なわれた安江大佐の慰霊祭は、平凡社の下中弥三郎社長を委員長として執行された。駐日イスラエル公使、在日ユダヤ人協会長、陸士21期生代表など多数が参列した。
4月28日、明治製菓が日本初の缶入りジュースを発売。

6月1日、京都旭丘中学事件の調停が成立して授業が再開される。
6月2日、参議院、「自衛隊の海外出動(≒自衛隊海外派遣)を為さざることに関する決議」を全会一致で可決。
6月15日、欧州サッカー連盟がスイス・バーゼルで発足。
6月17日、中華人民共和国とイギリスが国交樹立。
6月27日、モスクワ近郊オブニンスクで世界初の原子力発電所が運転を開始。

7月4日、オハイオ州クリーブランドで、のちにドラマ「逃亡者」の原案となる、シェパード夫人殺害事件。
7月15日、ボーイング707型機が初飛行。
7月15日、ニッポン放送開局。
7月25日、大阪球場の阪神-中日戦が放棄試合となる。

8月1日、小西六写真工業が「KONIFLE II」を発売。

9月15日、ロート製薬が胃腸薬「シロン」を発売。
9月26日、台風通過の中、青函連絡船洞爺丸が転覆。1155人が死亡。
9月26日、洞爺丸事故。
9月26日、岩内大火、北海道岩内郡岩内町。焼損棟数3299棟、死者33名。

10月4日、日本テレビ、『NNNきょうの出来事』放送開始(2006年9月29日まで放送)。
10月8日、神奈川県の相模湖で遠足の中学生らを定員オーバーで乗せた遊覧船が沈没し22名が死亡。(内郷丸遭難事件)
10月19日・靖国神社創立八十五周年。昭和天皇/香淳皇后、参拝に行幸。
10月19日、中日が球団創設19年目で初のセ・リーグ優勝。
10月26日、仁保事件が起こる。

11月1日、オリンパスが「オリンパスフレックスA3.5II」を発売。同じ日には旭光学工業が「アサヒフレックスIIB」を発売。
11月3日、「ゴジラ」が公開される。
11月7日、初優勝同士の対決となった日本シリーズ第7戦、中日が西鉄を下し初の日本一達成。
11月10日、第20臨時国会召集(12月9日閉会)。
11月24日、日本民主党が結成。

12月10日、第21国会召集(1955年1月24日解散)。