西暦1957年(昭和三二年)

1957年概要

夏、流感が流行し、学童505000人が感染し、1200校が休校。


出来事

1月1日、フランス保護領ザールがザールラント州として西ドイツに復帰。
1月21日、明治製菓が「ミルクチョコレート デラックス」を発売。
1月29日、日本の南極越冬隊が南極大陸初上陸。
1月30日、群馬県相馬ヶ原射撃場で薬莢拾いの女性が米兵に射殺される事件発生(ジラード事件)。

2月6日、広島県で行軍演習中の自衛官2人が死亡(自衛隊死の行軍事件)。
2月22日、石橋湛山首相が病気のため辞意を表明(翌日内閣総辞職)。
2月22日、千代田区丸の内に先代の東京都庁舎が落成。
2月25日、岸信介内閣が成立。
2月26日、パ・リーグの高橋と大映が合併。『大映ユニオンズ』として出場。

3月10日、大分空港開港。
3月13日、チャタレー事件の最高裁判所大法廷判決。被告人等の有罪が確定。
3月25日、欧州経済共同体設立条約と欧州原子力共同体設立条約がローマのカピトリーノ美術館において調印される。

4月1日、ロッテが「グリーンガム」を発売。
4月12日、第五北川丸沈没事故。死者・行方不明113名。
4月14日、東宝会館(東宝本社ビル)がオープン。芝居専門劇場の芸術座と映画館の千代田劇場・みゆき座も併設。
4月23日。昭和天皇/香淳皇后、靖国神社参拝に行幸。

5月15日、イギリス、キリスィマスィ島で初の水爆実験を行う。
5月25日、そごう東京店(有楽町そごう)が開店。初日は30万人以上の来店者数となった。

6月25日、日本コカ・コーラ設立。

7月6日、箱根・宮ノ下の富士屋ホテルで、日豪通商条約を締結。岸首相が出席。
7月6日、日本における高速電車の先駆けとなった小田急3000形・SEが運転開始。
7月8日、砂川事件が発生。
7月24日、将棋の名人戦で升田幸三が大山康晴を下し、王将戦・九段戦と合わせて史上初の三冠独占。
7月25日〜28日、諫早豪雨。死者856名。

8月19日、明仁皇太子、避暑で訪れた軽井沢のテニストーナメントで正田美智子と出会う。テニスを通して交際を深めた。宮内庁職員の作品展に「女ともだち」と題した彼女の写真を出品した。しかし彼女が資産家の令嬢とはいえ皇族・華族出身ではない(新田義重の家臣生田隼人を遠祖とする士分の家系である)ことから、皇室内外から猛反対を受けた。昭和天皇の侍従長を務めた入江相政の著作「入江相政日記」には、「東宮様のご縁談について平民からとは怪しからん」と香淳皇后が秩父宮妃勢津子、高松宮妃喜久子の両親王妃とともに昭和天皇に訴えたという内容の記述がある。常盤会(学習院女子部の同窓会)会長松平信子ら旧華族の女性たちの反発も強く、信子に対しては昭和天皇自ら了承を求めてようやく決着したとも言われる。
8月27日、茨城県東海村の原子力研究所で原子炉が臨界点に達し、「原子の火」がともる。

9月1日、富士フイルムが「フジカ35M」、「フジペット」を発売。
9月20日、糸川英夫東京大学教授らが、秋田県の海岸で初の国産ロケット「カッパー4C型」の発射に成功。
9月28日、外務省が初の外交青書を発表。
9月29日、ソ連ウラル地方で発生した原子力事故(ウラル核惨事)が発生したが発表は伏せられた。

10月1日、初の五千円紙幣(聖徳太子の肖像)発行。
10月4日、ソ連が人工衛星スプートニク1号の打ち上げに成功。
10月21日、巨人が後楽園球場の対大洋ダブルヘッダー第2試合に勝ち、3年連続のセ・リーグ優勝決める。

11月1日、第27臨時国会召集(11月14日閉会)。
11月14日、三共が「三共胃腸薬」を発売。
11月15日、名古屋市交通局初の地下鉄、地下鉄1号線(現:東山線)名古屋駅−栄町駅(現:栄駅)間が開業。
11月24日、パ・リーグの大映が毎日と合併し『大毎オリオンズ』となる。

12月7日、立教大学・長嶋茂雄選手の巨人軍入団決まる。
12月10日、学習院大学に在学中の愛新覚羅慧生(満州国皇帝・溥儀の姪)が、伊豆・天城山で同級生の男子学生と一緒に遺体で発見される(天城山心中)。
12月11日、百円硬貨発行。
12月17日、上野動物園にモノレールが登場。
12月20日、第28国会召集(1958年4月25日解散)。
12月23日、NHK金沢放送局が日本海側初のテレビ放送を開始。