西暦1975年(昭和五〇年)

1975年 概要

中央アジアのトルクメニスタンにあるカラクム砂漠で、新種のテクタイト(高温でガラス化した岩石)が発見される。分析によると、計算によると数百万度という超高温で溶解したことが判明。 しかし、地球の大気圏に突入した岩塊がその摩擦熱で溶けた結果として出来るテクタイトは、どんなに高くても溶解温度は数十万度が限界であるという見解から、このテクタイトは少なくとも、大気圏突入以前にすでに超高温で溶けていたという仮説だ立てられる。 さらに、カラクム・テクタイトの構成物質はベリリウムをはじめとする重金属であり、基本的には天体の内部にしか存在しない物質だという事も判明した。 これにより、カラクム・テクタイトは、惑星が崩壊した際の内部の欠片であると推定された。 この事から、太陽系内部で崩壊した惑星があるという仮説が立てられ、火星と木星との間にあるアステロイド・ベルトが、その惑星候補に上げられた。 以後、この惑星を「マルディック」「マルドゥーク」「ティアマット」「マローナ」「フェイトン」(※地域よってコードネームは異なる)と名付けられた。 底質暫定除去基準が定められる。


出来事

1月1日、長野県の青木湖で、近くのホテルのスキー客送迎バスが湖に転落、24人が死亡。 (青木湖バス転落事故)

2月11日、イギリス保守党の党首にマーガレット・サッチャーを選出(同党初の女性党首誕生)。
2月18日、世界的に活躍した双子デュオ歌手、ザ・ピーナッツが引退表明。

3月10日、山陽新幹線・岡山駅、博多駅間開業。大ダイヤ改正をこれに伴い実施。
3月14日、中核派書記長内ゲバ殺人事件。 3月24日、集団就職列車の運行が終了。
3月31日、毎日放送(MBS)と朝日放送(ABC)の、テレビ放送における東京キー局がネットチェンジ。ABCはTBS系列からNET系列に、MBSはNET系列からTBS系列に変更

4月4日、マイクロソフト社設立。
4月5日、NHKホールで「ザ・ピーナッツ さよなら公演」を開催。ザ・ピーナッツはこの日に引退。
4月5日、「秘密戦隊ゴレンジャー」(東映、NET系)が放送開始(「スーパー戦隊シリーズ」スタート)。シリーズは34作目で2010年現在も放送中。
4月6日、クイズ番組「パネルクイズ アタック25」(ABC)放送開始。児玉清の司会で2010年11月現在も放送中。
4月6日、第47回選抜高校野球大会は高知高校が原貢監督・辰徳三塁手の親子を擁する神奈川・東海大相模高校を破り同校のみならず高知県勢としてもセンバツ初優勝。
4月13日、伝説のロックバンド、キャロルが解散。 4月15日、ローソン(当時:ダイエーローソン)設立。
4月29日、女優菊容子殺害事件。
4月30日、サイゴン陥落によりベトナム戦争終結。
4月30日、最高裁判所大法廷が薬事法薬局距離制限規定違憲事件で違憲の判決。最高裁判所の違憲判決は史上2番目。

5月1日、小林製薬がトイレ用芳香剤「サワデー」を発売。
5月7日、1971年の訪欧の返礼としてエリザベス2世が来日した。警備要員として5万人の警察官が動員され、77万人の観衆が沿道に詰め掛けるフィーバーとなった。しかし国鉄労組のストのため、女王は関西に向かう往路での新幹線乗車を果たせなかった。
5月7日、イギリスのエリザベス2世夫妻が日本を訪問(イギリスの国家元首として初の来日)。
5月10日、ソニーがベータマックスの家庭用ビデオテープレコーダ1号機、「SL-6300」を発売。
5月16日、エベレスト日本女子登山隊の田部井淳子が女性として世界初の登頂に成功。
5月29日。国会において、野党・社会党の皇室の宮中祭祀への攻撃も強まり、参議院内閣委員会における秦豊議員の「侍従は国家公務員であり、天皇の名代ということも個人的な資格ということが許されないと思う。伊勢神宮は明らかに宗教法人であるありように合わせ、明らかに憲法二十条に抵触する習慣であると思う。これを習慣として見逃すことは余りにも重大であると思う」との国会質問に対して、政府委員角田礼次郎内閣法制局第一部長が賛成答弁を行う。これを受けて9月以降、宮内庁は宮中三殿での祭祀の方式を簡略化、伊勢神宮と橿原神宮に派遣される勅使を、従来の侍従から国家公務員の身分を持たない掌典に変更した。

6月2日、日本コカ・コーラ、缶コーヒー「ジョージア」を発売(当初は一部地域限定)。
6月3日、佐藤栄作元首相死去。
6月16日、三木武夫首相が佐藤元首相の国葬に参列する直前に右翼団体構成員に襲われる(三木首相狙撃事件)。

7月6日、コモロ連合国がフランスから独立。
7月11日、私立学校振興助成法が公布される。
7月12日、サントメ・プリンシペがポルトガルから独立。
7月17日、美智子妃を伴いひめゆりの塔に献花のため訪れたところ、その場に潜んでいた過激派二人(沖縄解放同盟準備会メンバーの知念功と共産主義者同盟のメンバー二人)から火炎瓶を投げつけられる(ひめゆりの塔事件。火炎瓶を投じる直前の写真が読売新聞に掲載され、ニュースフィルムに火炎瓶を投げつけられ避難する夫妻および関係者の映像が残っている)。同日夜、皇太子は沖縄戦と県民の心情を思う異例の談話を発表している。なお、この訪問については同事件の犯人の所属するもの以外にも各種政治団体が「訪沖阻止」などを叫んで全国で集会、千人単位のデモなどを行ったほか、沖縄入りした皇太子夫妻の自動車に空き瓶などを投げつけるなどのテロ(犯人は公務執行妨害で逮捕)を行った(『昭和51年警察白書[4])が、夫妻にけがなどはなく、つつがなく予定を終了した。
7月17日、ソ連の宇宙船ソユーズ19号とアメリカの宇宙船アポロ18号が地球を周回する軌道上で史上初の国際ドッキングに成功する(アポロ・ソユーズテスト計画)。
7月19日、沖縄国際海洋博覧会開幕。
7月20日、沖縄国際海洋博覧会が開催。(-1976年1月8日)イラン帝国のパビリオンも出展された。

8月1日、コクヨが「Campus」を発売。30年以上続くロングセラー商品に。
8月4日、日本赤軍がマレーシア・クアラルンプールのアメリカ大使館等を占拠(クアラルンプール事件)。
8月15日、三木首相が現職首相としてはじめて終戦記念日に靖国神社を参拝。
8月15日、バングラデシュでクーデター。ムジブル・ラフマン大統領が暗殺される。
8月24日、第57回全国高校野球選手権大会は千葉・習志野高校が決勝戦サヨナラゲームにより同校の石井好博監督自身が優勝投手となった第49回大会以来8年ぶり2度目の優勝。千葉県勢の優勝は前年の銚子商業高校に続き2年連続。

9月、訪米出発まで国内では、東アジア反日武装戦線をはじめとする新左翼を中心に反対運動があり、訪米阻止のデモ行進があった。訪米に出発する前にはNBCと、20日にはニューズウィーク誌の東京支局長バーナード・クリッシャーと単独会見を行った。
9月1日、日本電信電話公社が「プッシュ式公衆電話機」を発売。
9月2日、松生丸事件。
9月4日。東宮御所爆破未遂事件、中核派爆弾製造アジト誤爆事件、15日には新左翼団体による葉山御用邸火炎瓶事件、原宿駅発煙筒事件と天皇を標的とした同時多発テロが発生し、都内は厳戒態勢が取られた。
9月12日、エポック社が日本初の家庭用テレビゲーム機である「テレビテニス」を発売。
9月13日、板画家の棟方志功死去(享年72)。
9月15日。共産主義者同盟戦旗派による伊勢神宮放火事件、自衛隊武器補給所前爆発事件も発生し、この日だけで計4件、皇室関係だけでも3件のテロが起こっている。
9月22日、エニックス設立。
9月27日、ミヤコ蝶々司会のテレビ番組「夫婦善哉」(朝日放送)終了、ラジオ単独時代から数え20年以上にわたる歴史に幕を下ろす。 9月30日からは、三年越しの計画であった訪米が二週間の日程で挙行された(1973年には田中角栄内閣で計画されたが、突発的な立案であったこともあり実現せず。1974年にも計画があったが、実務レベルでの調整不足により実現せずに終わっている)。昭和天皇、皇后と共にアメリカ合衆国を訪問した。当時アメリカ合衆国大統領のジェラルド・R・フォードの招待によって9月30日から10月14日まで14日間にわたって、アメリカ合衆国を公式訪問した。天皇の即位後の訪米は史上初の出来事である(これ以前に実現しなかった理由には、国事行為の臨時代行に関する法律が整備されていなかったという事情もあった)。これに先立つこと10余年前、皇太子明仁親王夫妻が訪米しており、この訪米は皇太子夫妻のつけた道筋を辿ってのものといえる。昭和天皇は独特の魅力を持っており、アメリカのフォード大統領も訪日の際、昭和天皇に謁見したが、そのカリスマに終始手を震わせたと帰国後に告白している。
9月30日、天皇が史上初めてアメリカ合衆国を公式訪問。(、10月14日)
9月30日、明治製菓が「きのこの山」を発売(姉妹品の「たけのこの里」は4年後の1979年に発売)。

10月1日、宮城県を放送エリアとする東日本放送(NET系)、広島県を放送エリアとするテレビ新広島(フジテレビ系)が開局。7大都市圏(東京23特別区含む)における民放4局化が完了。
10月4日、テレビアニメ「タイムボカン」(フジテレビ)放送開始(「タイムボカンシリーズ」スタート)。
10月4日、バラエティ番組「独占!女の60分」放送開始。
10月6日、東京芝浦電気が「TRYX1500」を発売。
10月15日、広島が球団創設以来26年目で初優勝を決める。
10月24日、ダイエー、CI導入し半月マーク制定(2006年から現在のマークに変更)。
10月24日、ジョン・デロリアンがデロリアン・モーター・カンパニー(DMC)創業。
10月31日。日本記者クラブ主催で皇居「石橋の間」で皇室初の記者会見が行われた。
10月31日の会見にはグレーのスーツ姿で記者会見場に姿を現した。(日本記者クラブ「特記すべき記者会見」の「天皇・皇后記者会見 1975年10月31日」)記者会見で「テレビはどのようなものをご覧になるか」という質問に対し、微笑を浮かべ身を乗り出して、「テレビは色々見ますが、放送会社の競争がはなはだ激しいので、今ここでどういう番組が好きかという事はお答えできません」と微笑みつつ冗談交じりに返した。記者達はこの思わぬ天皇の気遣いに大爆笑した。NHK朝の連続テレビ小説を見るのが日課だったらしい。アメリカ人記者から「『王子と乞食』のように一般人になりたいと思ったことはありませんか」の問いには「幼いころ『王子と乞食』を読んで、そのようになりたいと思ったが、この作品と同じ結末になったと思う」と応えた。

11月1日、東映京都撮影所内に東映太秦映画村が開村。
11月3日、パイオニアが「コンポーネントカーステレオ」を発売。
11月15日、第1回先進国首脳会議がフランスのランブイエで開催。
11月21日・大東亜戦争終結三十周年にて、昭和天皇/香淳皇后、靖国神社に行幸。天皇が参拝を行わなくなった理由については、左翼過激派の活動の激化、宮中祭祀が憲法違反であるとする一部野党議員の攻撃など様々に推測されてきたが、近年『富田メモ』(日本経済新聞、2006年)・『卜部亮吾侍従日記』(朝日新聞、2007年4月26日)などの史料の記述から、1978年(昭和53年)に極東国際軍事裁判でのA級戦犯14名が合祀されたことへ昭和天皇が不快感をもっていたからとの説が浮上している。)ただし、例大祭に際しては勅使の発遣を行っているほか、ABC級戦犯も追悼の対象とされている全国戦没者追悼式には崩御直前の1988年(昭和63年)まで欠かさず出席していた。京都市営地下鉄烏丸線建設に先立つ烏丸通の発掘調査(1975-1978年)が行われ、この信長の二条城の石垣および2重の堀の跡が確認された。この際発掘された石垣にあった石仏が京都文化博物館や西京区の洛西竹林公園内に保存されている。また、石垣の一部が京都御苑椹木門内及び現二条城内に復元されている。現在は平安女学院の敷地の一角に「旧二條城跡」と彫られた石碑が建っている。
11月22日、韓国で「学園浸透スパイ事件」。徐勝他18人の留学生が国家保安法違反容疑で逮捕される。
11月25日、奥羽本線全線電化。「つばさ」は485系200番台での運転に変更される(1976年4月から485系1000番台での運転となる)。
11月26日、国鉄スト権スト実施(〜12月4日)。
11月30日、視聴者参加バラエティ番組「がっちり買いまショウ」(毎日放送)が終了、12年の歴史に幕。

12月1日、ピジョンが「マイピー哺乳びん野菜洗い」を発売。
12月10日、1968年の同日に発生した三億円事件が時効成立。
12月14日、国鉄の蒸気機関車が引く最後の旅客列車が室蘭本線の室蘭駅-岩見沢駅間で走行(12月24日には最後の貨物列車が夕張線(現・石勝線)の夕張駅-追分駅間で走行)。
12月23日、日本共産党が宗教決議を採択。