西暦1988年(昭和六三年)

1988年 出来事

1月1日、ソビエト連邦、ミハイル・ゴルバチョフ書記長主導の下、ペレストロイカ開始。
1月1日、開催地を上州路に、開催日を元旦に移し「ニューイヤー駅伝」と称された全日本実業団対抗駅伝大会の第1回目(厳密には第32回大会)が開催される。同時にTBS制作・全国ネットによる同大会の生中継も開始。
1月2日、昭和天皇、皇居で手術後初めての一般参賀へお出まし。陛下にとり最後の新年一般参賀となる。
1月5日、六本木のディスコ「トゥーリア」店内で重量2トンの照明が落下。死者3名、負傷者14名。
1月9日、「劇団民藝の創設者」、俳優・宇野重吉が死去。
1月11日、大塚製薬が繊維入り飲料、「ファイブミニ」を発売。
1月18日、全日本空輸779便(ロッキード L-1011)が千歳空港に着陸の際に滑走路を見失い、オーバーランし滑走路を右側に飛び出し機体下面やエンジン下部を損傷するなど中破した。
1月18日、「日産・シーマ」発売。バブル経済を背景に爆発的なヒットとなり、シーマ現象を呼ばれる社会現象を巻き起こす。
1月22日、オーストラリア中央部で、マグニチュード6規模の地震が発生。
1月26日、オーストラリアが入植200周年を祝う。
1月26日、ボーイング社が開発を進めていた747-400が本格生産開始。同型機はこれまでに570機あまり生産されている。

2月10日、エニックスからファミコンソフト、『ドラゴンクエストIII そして伝説へ... 』発売。当日、量販店前に本作を求める人の数キロメートルにも及ぶ行列ができ、社会現象を巻き起こす。同時に、平日であるにも関わらず本作を購入するために学校を欠席して店先に並んだ多数の小中学生が警察に補導された。
2月10日、ビートたけしとたけし軍団メンバーが当時の所属先だった太田プロダクションから独立し、オフィス北野を設立。
2月13日、カルガリーオリンピック。第15回冬季オリンピックがカナダのアルバータ州カルガリーで開幕(2月28日まで)。
2月21日、東京都世田谷区鎌田の世田谷区立砧南中学校で机「9」文字事件発生。
2月24日、雑誌『ハスラー』が名誉毀損問題でアメリカの連邦最高裁で逆転勝訴。
2月28日、サントリーの佐治敬三社長、東北熊襲発言。東北地方のテレビ放送からサントリーのCMが消える。
2月25日、韓国の盧泰愚大統領が就任。

3月13日、青函トンネル開通。青函連絡船の運航終了。
3月13日、東海道新幹線の新富士駅・掛川駅・三河安城駅、山陽新幹線の新尾道駅・東広島駅開業。
3月13日、西日本旅客鉄道は京阪神のアーバンネットワーク各路線に愛称路線名を制定。
3月14日、赤瓜礁海戦 3月16日、イラン・イラク戦争末期のイラクで、サダム・フセイン政権下のイラクが、クルド人が多く住む同国内ハラブジャで、化学兵器を使い多くの住民を殺害したハラブジャ事件発生。
3月17日、東京都文京区後楽に東京ドームが完成。
3月17日、コロンビアのアビアンカ航空410便、ボーイング727が、ベネズエラ国境近くで墜落、143人が死亡。
3月18日、名古屋妊婦切り裂き殺人事件。2003年公訴時効成立。
3月18日、近鉄21000系電車(アーバンライナー)デビュー。近鉄の名阪甲特急(ノンストップ特急)は、大阪-名古屋間を1時間58分で結び、初めて2時間を切るようになる。
3月24日、中国で起きた上海列車事故で、修学旅行中の高知学芸高校の生徒と教師27名が死亡。
3月24日、舞鶴若狭自動車道の吉川JCT-丹南篠山口IC間開通 3月25日、チェコスロヴァキアのブラティスラバ(現スロバキア首都)で、共産党政権に反対する同国初の大規模民主化運動デモ発生。
3月28日- 4年後の政令指定都市を目指した千葉県千葉市は千葉都市モノレール、スポーツセンター〜千城台新規開業(尚、市内中心部JR千葉駅へは1991年6月仮設駅にて開業、1995年8月千葉みなと駅延長と共に開業、1999年3月全通)。

4月1日、東京情報大学 開学。経営情報学部経営学科・情報学科を設立
4月1日、大阪国際大学 開学。経営情報学部経営情報学科を設立
4月1日、八千代国際大学(現・秀明大学)開学。政治経済学部政治経済学科を設立
4月1日、1968年の同日開始以来20年続いたフジテレビの情報番組『3時のあなた』、1974年の同日開始以来14年続いたNHKテレビの『ニュースセンター9時』がいずれもこの日の生放送を以て終了(後番組は前者が『タイム3』、後者が『NHKニュース・TODAY』)。
4月2日、北神急行電鉄開通。
4月8日、完成した東京ドームで初のセ・リーグ公式戦、巨人-ヤクルト、パ・リーグ公式戦、日本ハム-ロッテが行われる。
4月10日、瀬戸大橋開通。前述の青函トンネル開業と合わせて「一本列島」と呼ばれるダイヤ改正を実施。
4月11日、開場間もない東京ドームで前年病から復帰した美空ひばりのコンサート(俗に言う「不死鳥コンサート」)が開催される。
4月14日、ソ連がアフガニスタンからの撤退に関して合意(ジュネーヴ合意)。翌年2月15日迄に撤退を完了。
4月15日、東京ディズニーランド開場5周年。
4月20日、前年から続く洗剤コンパクト化の波に乗り、ライオンが「トップ」を小型化(従来の商品も継続生産)。
4月28日、昭和天皇、手術後初の記者会見へお出まし。翌日の天皇誕生日が陛下にとり最後の一般参賀へのお出ましとなる。
4月30日、オーストラリアのブリスベンで万国博覧会開催。10月30日まで。

5月15日、アフガニスタンからのソ連軍の撤退開始。
5月20日、昭和天皇、最後の園遊会へお出まし。恒例の陛下と出席者との直接会話は陛下のご体調を考慮し中止となった。
5月23日、元おニャン子クラブの高井麻巳子が作詞家でプロデューサーの秋元康と結婚し、芸能界を電撃引退。
5月30日、全日空訓練機下地島離陸失敗事故。全日空の訓練機(ボーイング737)が、沖縄県下地島空港で離陸に失敗しし滑走路を逸脱、機体各部を損傷した。

6月2日、東京ディズニーランドに5,555万5,555人目のゲストが来園。
6月18日、朝日新聞が川崎市助役への利益供与疑惑を報道。戦後有数の疑獄事件(リクルート事件)へと発展。
6月27日、阪神が長男の病気を理由に帰国していたランディ・バース選手を解雇。

7月1日、阿武隈急行・阿武隈急行線全線(福島、槻木間)電化開業。
7月3日、イラン航空655便エアバスA300B2がアメリカ海軍のイージス艦「ヴィンセンズ」に撃墜され、乗客298名が死亡。
7月3日、トルコのイスタンブルにファーティフ・スルタン・メフメト橋(第二ボスポラス橋)開通。
7月6日、北海油田の石油プラットフォーム、パイパー・アルファで爆発事故、166名の死者を出す惨事となる。
7月6日、巨人の吉村禎章選手が対中日戦で守備中に同僚の栄村忠広選手と衝突、左ひざ靭帯を断裂。
7月15日、パイオニアの創業者で元社長・会長の松本望が死去。
7月23日、なだしお事件。遊漁船「第一富士丸」と海上自衛隊の潜水艦「なだしお」が衝突、死者30名。負傷者17名。
7月30日、北陸自動車道が全線開通(計画路線延伸前の新潟黒埼IC-米原JCT間)

8月4日、ナゴヤ球場の中日-大洋戦が試合時間5時間21分の最長試合となる。延長12回両チーム譲らず引き分け。
8月8日、ビルマで、8888民主化運動が発生。
8月13日、三洋電機創業メンバーで同社元社長の井植薫が死去。
8月15日、昭和天皇、戦没者追悼式に御臨席。陛下にとり
8月15日。昭和天皇、日本武道館での全国戦没者追悼式に出席。政府公式行事においては、これが公の場への最後の出席となった。「やすらけき世を祈れどもいまだならず くやしくもあるかきざしみゆれど」との唄を御製される。8月暮れに入って昭和天皇が病臥すると、各地に病気平癒を願う記帳所が設けられたが、どこの記帳所でも多数の国民が記帳を行った。病臥の報道から一週間で記帳を行った国民は235万人にものぼり、最終的な記帳者の総数は900万人に達した。
8月20日、イラン・イラク戦争停戦。
8月24日、なだしお事件の責任取る形で瓦力防衛庁長官が引責辞任。後任に同じ宮澤派の田澤吉郎が就任。
8月28日、西ドイツのラムシュテイン空軍基地で行われたイタリア空軍の航空隊による航空ショーで衝突墜落事故が発生。75人死亡、346人がけがを負う惨事。
8月29日、京滋バイパスの瀬田東JCT-巨椋(おぐら)IC間が開通。

9月5日、松下電器産業がカラーテレビ「パナカラーX」を発売(カラーテレビのパナソニックブランド第1号)。同時に1968年から続いた「パナカラー」ブランドはこの商品が最後となった。同時にビデオの「マックロード」もパナソニックブランドに移行。
9月13日、パソコン通信のPC-VANで日本国内初のコンピュータ・ウイルスの活動が見つかる。
9月13日、元祖グラビアアイドルと称された堀江しのぶがスキルス性胃ガンのため死去(享年23)。
9月14日、ダイエー、南海ホークスの買収を発表。
9月17日、ソウルオリンピック。第24回夏季オリンピックが大韓民国のソウルで開幕(10月2日まで)。
9月19日、前年に消化器官手術を受けられた昭和天皇が吐血重篤(御不例)となる。それ以降、日本各地で『天皇陛下のご健康に配慮し』祭事やイベントの中止・自粛が相次ぐ。吐血直後暫くの間、昭和天皇は、公式行事や儀式、歌舞音曲を伴う行事が自粛された。吐血直後は、すべての放送局が報道特番を放送。不測の事態に備えて日本放送協会(NHK)が終夜放送をおこなったほか、病状に変化があった際は直ちに報道特番が流され、人気番組でも放送が中止・中断されることがあった。また、一進一退を続ける病状や血圧・脈拍などが定時にテロップ表示された。9月時点で関係者の証言から癌であることが判明していたが、宮内庁・侍医団は天皇に告知していなかった。そのため天皇がメディアに接することを想定し、具体的な病名は崩御までほとんど報道されなかった。
9月21日、B'zデビュー。
9月29日、アメリカ航空宇宙局、チャレンジャー墜落後初となるスペースシャトル・ディスカバリーの打ち上げに成功。
9月29日、巨人、王貞治監督の辞任と藤田元司新監督の就任を発表。
9月30日、中日がナゴヤ球場のヤクルト戦に勝ち、6年ぶりにセ・リーグ優勝。一部ファンがグラウンドに乱入。

10月5日、一般国道24号京奈和自動車道の城陽IC、田辺西IC間が一般有料道路として開通(京奈和自動車道では最初の開通区間)。
10月17日、ボードゲーム「モノポリー」の世界選手権(第8回)で百田郁夫氏が優勝し、日本人で初めて世界の頂点に立つ。
10月19日、リース業界最大手のオリエント・リース、阪急ブレーブスの買収を発表。新球団名は「オリックス・ブレーブス」に。
10月19日、オリエント急行、日本上陸。
10月19日、10.19、川崎球場で行われたロッテ対近鉄ダブルヘッダー。第2試合で引き分けた為西武のパ・リーグ4連覇(V4)が決まった。 10月29日、セガがメガドライブ発売。
10月30日、フィリップ・モリス、クラフトを買収。

11月8日、アメリカ大統領選挙でジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュがマイケル・デュカキスを破って当選。
11月15日、PLOがチュニジアのチュニスでパレスチナ国家独立を宣言。
11月15日、ソ連の宇宙シャトル「ブラン」打ち上げ。無人での軌道周回飛行を行う。
11月16日、ソ連のエストニア共和国が主権宣言(1991年に独立)。
11月17日、オランダがインターネットに接続された2番目の国となる。

12月1日、JR京葉線新木場駅、南船橋駅間、市川塩浜駅、西船橋駅間開業。
12月2日、パキスタン総選挙で勝利したベナジール・ブットが同国首相に就任。イスラム国家では初の女性元首となる。
12月2日、札幌市営地下鉄東豊線(栄町駅-豊水すすきの駅間)開業。
12月5日、JR中央線東中野駅付近で列車同士の追突事故発生(事故詳細は東中野駅列車追突事故を参照)。この事故を受けてJR東日本首都圏地域で改良型ATS、ATS-Pをいち早く導入した。
12月6日、ロシアの宇宙飛行士で医師のワレリー・ポリャコフが、人口宇宙ステーションミールの建設中、宇宙から眺める地球表面に銀雲を発見する。銀雲は、上空60-70kmの位置で発生する非常に珍しい雲であり、幅2000mぐらいに広がる紡錘状の銀色の雲である。この雲が発生したら、地震が発生すると言われている。
12月7日、アルメニアでマグニチュード6.9の地震発生。1万5000人以上が死亡。
12月9日、宮澤喜一蔵相がリクルート疑惑で辞任。
12月15日、日本とアメリカ合衆国との協定により、この日から両国相互間の観光ビザ免除協定が発効、90日以内の観光目的での渡航の際のビザ取得が原則不要となる。
12月21日、パンアメリカン航空103便爆破事件。
12月24日、消費税の導入を柱とした税制改革6法案が成立。
12月27日、竹下改造内閣発足。
12月30日、神戸市の太陽神戸銀行須磨支店前で現金輸送車が奪われ、現金3億2250万円が奪われる。
12月31日、セイコー提供・全民放103局(当時)同時ネットの民放版『ゆく年くる年』(司会:西田敏行、富田靖子、小宮悦子)がテレビ朝日の制作により翌日にかけて放送された。なお、同番組はこの回を以て33年の歴史に幕を下ろした(以降、全民放同時ネットによる番組は今日まで制作・放送されていなかったが、2010年7月4日にNHKと全民放同時ネットによる1分間の地上デジタル放送啓発番組『全国一斉地デジ化テスト』が放送される予定)。