西暦2018年(平成三〇年) - 歴史    歴史|EL XIII   

歴史

西暦2018年(平成三〇年)

2018年 概要

Nasional Geo Graphic にて掲載された情報:この年の天体観測(赤外線による)によれば、現在の天河銀河は、過去に多数の小銀河を飲み込んでおり、周辺の銀河系とも比較すると、非常に巨大な銀河を形成している事が判明。飲み込んだ影響で、水面(みなも)のように波打っている形となっている。大きくなりすぎて星の生成は停止し始めており、ほのかに赤色化し、銀河としては死にかけている状況であるとの事。
環太平洋地域で、継続的に火山の噴火が観測される他、加えて地中海沿岸およびニュージーランドにおいて、継続的に地震が発生した。
また主にアジアを中心とした砂漠気候にあたる地域で洪水や大雪をともなう積雪が発生し、その結果として自然発生による緑化が進み始める。また、地球温暖化問題においては、少なくともCO2レベルの上昇と海面上昇の記録には何の相関関係もない事が発表された(つまり温暖化ではない別の要因をもって洪水が発生するメカニズムがある可能性が示唆された)。人間に対して遺伝子編集による無許可の臨床実験が行われ、HIVに耐性をもつ出生児が生まれた事が報道された。
ASEAN加盟10カ国の域内関税がゼロに。 ゴッタルドベーストンネル完成予定。完成すれば陸上・海底ともに、世界最長のトンネルとなる(計画全長57km)。 ドバイランド(巨大テーマパーク)が遅ければこの年に開業する。 中国・広深港高速鉄道(第二九広鉄路)が早ければこの年に全線開通となる。(元計画が諸事案により工事日程が乱われ、現時点の最速開通時間は2018年第3期で、費用は元計画より約30%を超過している。) シンガポール航空が世界最長直行便となるシンガポール-ニューヨーク・ロサンゼルス便を復活させる予定。 スペースXのファルコンヘビーによる初の火星ミッション。レッドドラゴン (宇宙船)が火星に着陸。 日本で減反政策終了予定。 セブン-イレブンが沖縄県に初出店予定。これにより、コンビニエンスストアではローソン、ファミリーマートに続いて47都道府県全てで出店完了(全国制覇)となる。 イオンの完全子会社になったダイエーの屋号消滅予定。 新名神高速道路の四日市北JCT-亀山西JCT開通予定。 新東名高速道路の一部が部分開業予定。 後志自動車道の余市ICから小樽JCTが開通予定。 東名高速道路の綾瀬ICが開通予定。 名古屋ボストン美術館、ボストン美術館との姉妹館契約終了。 名古屋城本丸御殿復元工事完了し全体公開予定。 相鉄本線・いずみ野線各方面が西谷駅、羽沢駅を経由して新宿駅までJR線との相互直通運転を年度内に開始する予定。工事の遅れにより当初予定していた2015年の開業から延期された。また、上野東京ラインとの直通運転の可能性もある。 成田山開基1080年、大開帳奉修を実施。 千葉駅の駅ビル全面開業。 新名神高速道路・新四日市ジャンクション-亀山西ジャンクション間 開通。 大阪市交通局が早ければ2018年度中に民営化する予定。地下鉄は大阪市100%出質の株式会社となる。3月29日に東京都千代田区有楽町において、東京ミッドタウンが建設される。この場所はかつての日比谷大神宮(現在の東京大神宮の元宮)が創建された場所。
リカルド・サラザール牧師の予言:年末頃、ロシアがイスラエルを攻撃。


1月1日、米国デルタ航空の旅客機が飛行中にパイロット室で発見されたスズメのために離陸した空港へ引き返す事件が発生した。FOX5テレビが報じた。
1月1日、シリアのラッカ州西部で国際テロ組織「ダーイシュ(IS)」の武装戦闘員に集団殺戮された市民が埋められた場所が2か所見つかった。ロシアのRTテレビが現場を撮影した動画を公開した。
1月1日、ユジノサハリンスク中心部 高さ25メートルのツリーが巨大な松明に。YouTubeにサハリン州の州都ユジノサハリンスクの中心部の高さ25メートルの大ツリーが燃え盛る様子を映した動画が現れた。
1月1日、イランでは反政府集会参加者の死者数が10人に増えた。負傷者も複数でている。地元のILNA通信が元旦に報じた。
1月1日、米航空宇宙局(NASA)は、2017年にNASAのインスタグラムに投稿した人気写真ランキングを発表した。
1月1日、中国で透けるコンクリートで作られた実験用道路、「ソーラー・ロード」が敷設された。ニュースポータル「エレクトレック」が報じた。
1月1日、2日に世界中でスーパームーンが観測できるとの報道。
1月1日、東京都内で餅を喉に詰まらせて15人が病院に搬送され、うち2人が死亡した。東京消防庁が発表した。

1月2日、ケータリング事業の英コンパス・グループの執行役で富裕者として知られるリチャード・カジンス氏が親族とともに搭乗していた飛行機が豪州で墜落し、全員死亡した。
1月2日、アメリカ/ニューヨークが寒波の影響で一面の銀世界に。
1月2日、イスラエル空軍機が、パレスチナ自治区ガザ地区からのロケット弾攻撃を受け、同地区南部にあるイスラム原理主義組織ハマスの軍事拠点を攻撃した。イスラエル軍広報部が発表した。
1月2日、イラン国家安全保障最高評議会のシャムハーニー書記は、イランでの抗議行動について、複数の国がイランと行っている「間接戦争」の枠組みの中で起こっていると述べた。通信社Tasnimが報じた。
1月2日、人型ロボット「ソフィア」は、ビジネスニュースサイト「Business Insider」のインタビューで、人間が持つ最高の資質を体現したいと語った。「Business Insider」のサイトにインタビュー記事が掲載された。

1月3日、エジプト当局は、囚人5人を処刑した。うち4人はテロの罪で軍事法廷の死刑判決を受けていた。中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」が伝えた。
1月3日、エクアドルのサンタローザで突然、海岸が100メートル後退するという不可解な現象が発生する。
1月3日、エクアドルのビルリアンで、聖書の記述にあるような雹に見舞われた事が報道。
1月3日、中国山西省で休みなく18時間勤務を行った女医が死亡した。アジア・ワンが報じた。
1月3日、ロシアの軍用ヘリコプター、Mi-24がシリアで大破した。ロシア国防省が明らかにした。
1月3日、砂糖を多く含むフルーツジュースを定期的に摂取する子供は、喘息を患う可能性が高くなることが、米ハーバード大による研究の結果わかった。
1月3日、ノーベル賞受賞者の生物学者、エリザベス・ブラックバーン氏が、老化を遅らせる5つの簡単な方法を紹介した。ビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト「ビジネスインサイダー」に掲載された。
1月3日、マキ―エフ記念ロシア国立ロケット設計局のウラジーミル・デャグタリ局長は同局が再利用型ロケットの開発に取り組んでいることを明らかにした。
1月3日、中国とロシアの国境にあるハンカ湖に「強烈な寒波と風」により高さ20メートル、長さ数キロに及ぶ巨大な「氷の壁」がたった数日で形作られる。

1月4日、ミシガン湖で寒波の影響。ミシガン湖灯台が氷の塔へと変化。
1月4日、台湾 初老男性が列車の入ってきた線路に転落し、命を取り留める。
1月4日、シリアにある露軍事基地で戦闘員が発砲 露軍人2人が死亡
1月4日、ロシア・シベリアの中心都市ノボシビルスクで発生した交通事故の瞬間を監視カメラが捉えた。歩道に飛び出した車 奇跡的に人を撥ねず。
1月4日、米カリフォルニア州でマグニチュード4.4の地震が発生。
1月4日、米国の学者達は、活動中の海底火山の火口で、2つのタイプのサメとエイを発見し、それらをビデオに収めた。

1月5日、カムチャツカのクリュチェフスカヤ火山が、火山ガスと火山灰の混ざった噴煙を海抜5500メートルの高さまで吹き上げている。
1月5日、ニューヨーク州のクオモ知事は、大雪により同州南部に非常事態を宣言し、住民に対してさらに天候が悪くなる恐れがあると警告した。
1月5日、米国東海岸では、強い風、雪、低気温による吹雪の影響で少なくとも6人が死亡。
1月5日、エジプト南部ルクソールで観光客を乗せた熱気球が墜落し、少なくとも1人が死亡、7人が負傷した。
1月5日、フィンランド北部キッティラにある空港にて、航空機のドアが突然閉まりドイツ人パイロットが死亡。
1月5日、モスクワの複数の空港で5日、雪の影響で20便以上が遅延した。シェレメチヴォ空港、ドモジェドヴォ空港、ヴヌコヴォ空港は稼働しており、平常通りの離発着となっているが、着陸の決定は機長が下すため、到着時間の遅れで折り返し便に遅れが生じる可能性があるという。
1月5日、英ケンブリッジ大学の学者たちは、アルコールがヒト幹細胞のDNAにダメージを与え、がんのリスクを高めることを明らかにした。
1月5日、アップル社は、プロセッサの脆弱性がiMacとiPhoneのすべてのモデルに影響を与えることを確認した。
1月5日、イタリアの研究チームが、トマトエキスは胃のがん細胞の成長と増殖を抑える可能性があると発見。この発見は、胃がん治療の新たな方法開発の助けになるかもしれない。
1月5日、カナダ最大規模のトロント・ピアソン国際空港で、旅客機2機が互いに衝突する事故が発生。

1月6日、カムチャツカ半島のクリュチェフスカヤ火山が活動を続け、水蒸気やガス、火山灰が噴出していると、カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。
1月6日、米国の一部の州で続く異常な寒波によって、フロリダ州では、木の枝から凍結したイグアナが落ちてくる現象が発生。
1月6日、パナソニックの最新鋭自動運転車の隠し撮り写真が流出する。
1月6日、世界保健機関(WHO)のタリク・ヤシャレビチ報道官は、ゲーム障害が新たな疾病に定義され、国際疾病分類第11版に加えられると明らかにした。

1月7日、マレーシア政府は、北京に向かう途中2014年に消息不明になった旅客機マレーシア航空370便(ボーイング777)の捜索活動の再開を決定した。
1月7日、ロシア・カムチャツカ半島沖でマグニチュード5.6の地震が発生
1月7日、ミャンマーとインドの国境でマグニチュード6.0の地震が発生した。
1月7日、パナマ船籍の石油タンカーと香港船籍の貨物船が6日に中国沖で衝突し、32人が行方不明となった。中国の国営テレビ局、中国中央電視台が報じた。タンカーに積載されていたイランの石油13万6000トンもの石油が、海上に流出。アジア史上、最大級の原油流出事故へと発展する。
1月7日、アメリカに移り住んだ最初の人々は、現在ロシアがあるテリトリーから来た。科学ニュースサイト「EurekAlert」がケンブリッジ大とコペンハーゲン大の研究チームの論文を伝えた。
1月7日、コロンビアのエル・ロダデロ海岸で突然、小さな津波のような現象が発生。原因は不明。
1月7日、スウェーデン首都ストックホルムの地下鉄の駅出口周辺で爆発があり、1人が病院に搬送された。

1月8日、モスクワのサーカス団に所属する空中曲芸師の女性が、ベラルーシでの公演中に設備から落下。
1月8日、米政府のための機密衛星を搭載した打ち上げロケット「ファルコン9」が、ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたと、米スペースX社が発表した。米政府のための機密衛星を搭載した打ち上げロケット「ファルコン9」が、ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられたと、米スペースX社が発表した。
1月8日、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は大きさ10センチほどの小さい「宇宙ごみ」を捕捉できるレーダーを開発している。読売新聞が8日、報じた。

1月9日、Microsoft Windows 8のメインストリームサポートの終了日。
1月9日、米ニューヨークにあるトランプタワーの屋上で火災が発生。
1月9日、太平洋にあるガラパゴス諸島沖でマグニチュード5.7の地震が発生した。
1月9日、クリル諸島パラムシル島にある活火山のエべコ山が噴火し、火山灰を海面から6千メートルの高さまで噴き上げた。
1月9日、米国の凍結した車の動画がネット上で話題に
1月9日、スペインの刑務所で服役し、死亡したと医師らによって認定された囚人が、解剖前に突然「蘇生」したと、「La Voz de Galicia」紙が伝えている。
1月9日、英サセックス大学のジェニー・モリス博士研究員が、つい食べすぎてしまう原因を説明した。
1月9日、素数を探す「グレート・インターネット・メルセンヌ素数探索(GIMPS)」プロジェクトが、史上最大の素数を発見したと発表した。
1月9日、ファルコン9、米機密衛星の軌道投入に失敗。8日に打ち上げられた米国の機密衛星「Zuma」との通信が途絶えたと、米ウォールストリート・ジャーナル紙が政府関係者2人の話として伝えた。

1月10日、オーストラリアの熱波がコウモリ数千匹を「生き茹で」。今週オーストラリアを襲った猛暑により数千匹のコウモリやオオコウモリの脳やその他生命活動のため重要な器官を過熱され、コウモリが大量死している。ウェブメディア「LiveScience」が報じた。
1月10日、モスクワ ITテクノロジーパークで火災、鎮火。9日夜にモスクワ北西のITテクノロジーパークの建物で発生した火災は、10日未明に鎮火した。非常事態省モスクワ本部報道官の発表。
1月10日、ロシア極東カムチャツカ半島にある活火山、シヴェルチ山が噴火し、火山灰を海面から11千メートルの高さまで噴き上げた。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。
1月10日、米海軍の偵察機、再びクリミア沖に現れる。米空軍の無人戦略偵察機RQ-4 グローバルホークが、ロシアの海岸線に沿って黒海上空を飛行した。軍用機の移動を監視するリソース「Mil Radar」が伝えた。
1月10日、マグニチュード7.8の地震がホンジュラスのカリブ海沿岸で発生した。米地質調査所(USGS)公式サイトが発表した。発表によると、地震の揺れは日本時間11時51分、ホンジュラスの都市バッラ・ パチューカから北東201キロで観測された。震源は33キロ。
1月10日、12月から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している日本の金井宣茂‏・宇宙飛行士が10日朝、宇宙で自身の身長が9センチ伸びたとの「フェイクニュース」に関して謝罪した。
1月10日、中米ホンジュラスの政府は9日夜、強い地震のあと同国の一部地域で今後12時間津波の危険があると発表した。
1月10日、ロシア沿海地方ウスリースクの動物園で、親が目を離したすきに2歳の子供がヒョウに襲われた。ロシア内務省沿海地方支部が発表した。
1月10日、タイのプラユット首相は、メディアからの質問に答えるのを拒否し、持参した自身の等身大パネルに質問するよう提案した。CBSが伝えた。
1月10日、シリア西部にあるロシアのフメイミム空軍基地を攻撃したドローンについてロシア国防省は、「『穏健な野党勢力』の武装組織」が管理する地域から発進したものだったと発表した。同省機関紙「クラスナヤ・ズヴェズダ(赤い星)」が伝えている。

1月11日、カナダのケベック州にあるHotel de Glace というアイスホテルで火災事件が発生した。3人が負傷し病院へ搬送された。
1月11日、著名なフランス人女性など100人が、反セクハラ運動#MeTooを非難し、「男性憎悪」の波に抗議した。
1月11日、トルコ警察は、2016年にロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が殺害された事件で重要な役割を果たしたとみられる男を逮捕した。トルコの新聞Sabahが報じた。

1月12日、マグニチュード3.7の地震がカザフスタン東部で発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。同支部によると、地震の揺れは北緯49度14分東経81度0分、都市オスケメンの南西146キロで観測された。12段階に分けられるMSK震度階級では、震度4.4の揺れが震源で観測された。
1月12日、クリル諸島北部のパラムシル島にあるエベコ火山が高さ2キロの噴煙柱を上げた。12日、サハリン州非常事態局の緊急会議で伝えられた。
1月12日、新潟県や北陸、北海道にかけての地域が昨日11日から大雪に見舞われている。短時間に平年の3倍から10倍以上の積雪が記録されたおかげで、交通機関に大きな乱れが出ている。急な大雪は上空の強い寒気と強い冬型の気圧配置の影響によるもの。NHKが報じた。
1月12日、米下院軍事委員会の会合で専門家らの間から中国の宇宙技術関連の生産、研究へ投資拡大が指摘され、これに対して米政権側も対抗手段を講じないわけにはいかなくなるとの見方が示された。スペースニュースが報じた。
1月12日、先週末に中国の上海沖で炎上した、イラン企業が所有するパナマ船籍のタンカーが漂流を続け、12日には日本の排他的経済水域内で確認されたと、日本の海上保安庁が発表した。
1月12日、インドでヘリの降下ロープの固定金具が外れ、兵士3名が落下し重傷を負った。
1月12日、つまようじを発射するミニチュアの洋弓銃を使い、従業員の顔につまようじを撃ち込むなど暴行を繰り返したとして、大阪府泉大津市にある焼き肉店の店長など3人が逮捕された。共同通信、NHKが伝えた。

1月13日、カナダのミュージシャン、ダニエル・ホイットモア容疑者が、日本にコカインを密輸しようと試み、逮捕された。最大10年の懲役刑が言い渡される。英紙デイリー・メールが12日、報じた。
1月13日、中国当局は山西省臨汾市にあるカトリック教会を取り壊す命令を下した。教会は爆破解体された。
1月13日、日本の日本海側を中心に大雪が降り、その影響で少なくとも2人が死亡し、16人が重軽傷を負った。NHKが各地の防災担当課の情報を基に報じた。

1月14日、米カリフォルニア州で猛威を振るった森林火災「トーマス」について、同州森林保護・火災防止局は、12日に延焼を食い止めることに成功したと発表した。
1月14日、ハワイで13日、弾道ミサイルの飛来を伝える緊急警報が住民のスマートフォンなどに誤発信された。その後米太平洋軍は「ミサイルは検知されていない」とする声明を出した。共同通信が伝えた。
1月14日、ブラジル南東部ミナスジェライス州で玉突き衝突事故が発生し、13人が死亡、39人が怪我を負った。Todo Noticiasテレビ局が報じた。
1月14日、中米エルサルバドルで行われたミス・コンテストの参加女性のコスチュームがステージで燃え上がった。事故の様子はYoutTubeで公開された。
1月14日、6日に東シナ海で香港船籍の貨物船と衝突し、炎上した石油タンカーについて、イラン海軍は、乗組員全員の死亡が確認されたと明らかにした。イラン国営「Press TV」が報じた。
1月14日、6日夜に東シナ海で香港船籍の貨物船と衝突し、14日に沈没したイラン企業が所有する石油タンカーから原油が流出した。少なくとも10平方キロメートルの海面が汚染された。国営の中国中央電視台(CCTV)が報じた。
1月14日、ペルー沖でマグニチュード7.3の地震があった。ペルー国立民間防衛研究所のホルヘ・チャベス所長によると、現時点で地震による死者は2人となった。負傷者はおよそ65人。ペルーのラジオ局RPPが伝えた。米地質調査所(USGS)は、現地時間4時18分(日本時間18時18分)にペルー沖でマグニチュード7.3の地震があったと発表した。震源地は、アレキパ州カラベリ郡アカリ区から南西に31キロ、ヤウカ町から19キロ、震源の深さは10キロ。
1月14日、ネット上で、死に至る危険性のあるチェーン動画の人気が高まっている。若者たちは、ジェルボールの洗濯洗剤を噛み、その「食事」の動画をネット上に投稿し、友人や知り合いに「リレー」している。テレビ局FOXニュースが報じた。

1月15日、フランスの乳製品大手ラクタリスは、サルモネラ菌に汚染されたベビーフード1200万箱以上を回収する。同社のエマニュエル・ベニエ最高経営責任者が、仏紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューで明らかにした。
1月15日、太平洋のニューギニア島でマグニチュード6.0の地震がで発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。地震が発生したのは、UTC(協定世界時)で14日21時54分(日本時間15日06時54分)、震源地はパプアニューギニアのマダンから西北へ68キロ、震源の深さは65キロ。
1月15日、米国土安全保障長官は、ハワイ州でミサイル攻撃を知らせる緊急警報が誤配信された問題について、「非常に不運なミス」とし、政府は警報システムが「信頼できる」と述べた。AFP通信が伝えた。
1月15日、ロシアのペルミで、覆面をした男2人が学校を襲撃し、生徒8人と女性教師1人が刃物によるけがを負った。ペルミ地方の領土安全保障省のエレーナ・ドゥビニナ報道官が、通信社スプートニクに伝えた。
1月15日、ロシア・ペルミの学校で起こった事件は、2人の若者が刃物を持って喧嘩を始めたため、教師と他の生徒たちが2人を止めようとしたのが発端となった。ロシア捜査委員会ペルミ支部が伝えた。
1月15日、武装勢力が15日、リビア首都トリポリにあるミティガ国際空港を襲撃し、空港は機能を一時停止している。現地テレビ「Libya's Channel」が報じた。
1月15日、ペガサス航空の旅客機が着陸の際に滑走路を外れ、海に突っ込む寸前で奇跡的に崖の斜面で止まった。15日、トルコのテレビ局ハベル・テュルクが伝えた。 1月15日、ロシア・エカテリンブルクで1992年〜2014年にかけて起きた殺人事件と強姦事件の容疑者が逮捕された。ロシア内務省のイリーナ・ボルク広報担当官が15日、発表した。
1月15日、フィリピン中部アルバイ州にあるマヨン山から溶岩が流出した。周辺の住民に避難指示が出され、すでに1万2千人以上が避難した。AFP通信が報じた。

1月16日、ベルギーの都市アントウェルペンのマンションで一般ガスが爆発。爆発により、建物が倒壊した。14人が軽傷を負った模様。ベルギーの公共放送局RTBFが伝えている。
1月16日、ドイツ・フライブルクで2016年に女性が強姦され殺害された事件で、iPhoneのヘルスケアアプリが裁判における重要な証拠となった。ドイツ紙ディ・ヴェルトが報じた。
1月16日、米カリフォルニア州ペリスの住宅で夫婦が13人の子供を監禁していたのが発見され、逮捕された。AFP通信が地元当局の発表を引用して伝えた。
1月16日、警察と海上保安部が、金沢市下安原町の海岸に10日に漂着した木造船の中を調べたところ、7人の遺体が発見された。NHKが伝えた。
1月16日、東シナ海で香港船籍の貨物船と衝突した、イラン企業所有の石油タンカーの沈没現場の海面に広がった油が、日本や中国、韓国の海の環境に否定的影響を及ぼす可能性があると香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が伝えている。
1月16日、愛知県蒲郡市のスーパーで販売されたフグの切り身に有毒部位の肝臓が含まれていた。愛知県生活衛生課が発表し、返品を呼び掛けた。
1月16日、パプアニューギニア沿岸部で16日日本時間22時2分、マグニチュード5.9の地震が発生。ヨーロッパ地中海地震センターが発表した。
1月16日、コペンハーゲン検察庁は16日、手作り潜水艇「ノーチラス号」を取材したスウェーデン人ジャーナリストのキム・ウォールさんが殺害された事件で、「ノーチラス号」の所有者ピーター・マッセン容疑者を起訴した。
1月16日、米ミシガン州に住む人々は16日夜、上空に鮮やかな光を目撃した。全米気象局は、光が流星の落下によるものだと説明した。

1月17日、フィジー諸島付近の太平洋南部でマグニチュード5.9の地震があった。米地質学研究所が発表した。
1月17日、コロンビア北西部セゴビア市付近で軍用ヘリのミル17(MI-17)が墜落し、10人が死亡した。ロイター通信が伝えた。撃墜はされてないとの報道。
1月17日、チベットでマグニチュード4.5の地震が発生した。中国地震学センター(CENC)が報じた。
1月17日、中国南部広西チワン族自治区で起きた交通事故の結果、3人が死亡、51人が負傷した。地元のメディアが伝えた。
1月17日、韓国のソウルで大気汚染レベルが高いため非常事態が発令された。ソウル市役所が発表した。
1月17日、台湾でマグニチュード5.7の地震が発生した。ヨーロッパ地中海地震学センター(EMSC)が発表した。
1月17日、東シナ海で貨物船と衝突し、沈没したイラン企業所有の石油タンカーの事故で、油が総面積109平方キロメートルの範囲に広がっている。中国国家海洋局が発表した。
1月17日、サハ共和国を寒波が襲った。先週サハ共和国では気温がマイナス65度まで下がり、学校は休校となった。非常事態省は緊急事態に備えて準備体制を整えた。なお幸いなことに、地元住民や観光客はユーモアまで凍結することはなかった。

1月18日、昨年、2隻の駆逐艦「フィッツジェラルド」と「ジョン・S・マケイン」が相次いで衝突事故を起こし、計17人が死亡した件で、当時の艦長らが過失致死罪で軍法会議にかけられる。
1月18日、ロシア・ウラル山脈の西側に位置するペルミの学校で刃物を使って喧嘩をした若者2人が逮捕され、2カ月間勾留されることになった。ペルミ地方検察庁は、「2人以上に対する殺人未遂」の罪で2人を告発したと発表した。
1月18日、ニュージーランド沖太平洋でマグニチュード5.8の地震が発生した。米地質調査所が伝えた。
1月18日、カスペルスキー・ラボは、アンドロイドデバイスを狙い、通信アプリ「ワッツアップ」のメッセージを盗む新たなウイルスを見つけた。
1月18日、日本小笠原諸島の付近でマグニチュード5.3の地震が発生した。日本気象庁が発表した。
1月18日、くしゃみを堪えようとした英国人男性が、咽頭の一部が破裂するけがを負ったという奇妙な医学的事例が雑誌「BMJ Case Reports」に掲載。
1月18日、米カリフォルニア州の町で、何者かが100を超える数の巣箱を倒し、およそ20万匹のミツバチを殺した。地元テレビ局「KSBW」が伝えている。
1月18日、カザフスタンで乗客を乗せたバスが炎上し、50人を超す死者が出ている。テンリニュースが非常事態委員会公式報道官の発表を引用して報じた。
1月18日、トルコ軍参謀本部はシリアとの国境付近に部隊を召集し、シリアのアフリーンでの軍事作戦が開始された場合に備え、戦闘準備態勢に入った。トルコのアナドル通信が報じた。

1月19日、ブラジル・リオデジャネイロのコパカバナ海岸で自動車が人混みに突っ込んだ事件が発生した。少なくとも15人が負傷。地元のグロブテレビが伝えた。
1月19日、ペルー中部でマグニチュード5.3の地震が発生した。米地質調査所が伝えた。
1月19日、東シベリアに位置するブリヤート共和国の首都ウラン・ウデで、3人が学校を襲撃する事件があった。現時点で生徒3人、教師1人、犯人1人が負傷し、病院へ搬送されている。
1月19日、ブリヤート共和国のウラン・ウデで起きた学校襲撃事件で、負傷した11歳の女児は容態は重態となっている。ブリヤートカタストロフィ医療センターの代表がスプートニクからの取材に明らかにした。

1月20日、南アフリカ共和国で、亡くなった女性が死後10日に死児を出産した。現地紙「Times Live」が報じた。
1月20日、中国外務省のリ・カン公式報道官は、領有を主張する南シナ海の黄岩島(スカボロー礁)付近の水域に米ミサイル駆逐艦が侵入したとして、これは中国の主権侵害であり、米海軍は同水域にいる船員らの身の安全に脅威を与えたとする非難声明を表した。
1月20日、日本の防衛省統合幕僚監部は昨年4月から12月(平成29年度3四半期)までの期間における日本海における緊急発進の実施状況を発表し、ロシアの偵察機の出現回数が増えていることを指摘した。
1月20日、米カリフォルニア州フォートアーウィン陸軍基地で20日、軍用ヘリが墜落し、乗っていた操縦士ら2人が死亡したと、FOXニュースが国防総省報道官の話を引用して報じた。
1月20日、東シナ海の公海上で20日、北朝鮮船籍のタンカーとドミニカ船籍のタンカーが接触しているのを日本の海上自衛隊が発見した。北朝鮮の船舶に石油精製品などが提供された可能性があるとみられている。日本のマスコミが報じた。

1月21日、トルコ空軍は、シリアのアフリーンにいるクルド民主統一党(PYD)に対して空爆を開始した。トルコ紙「 Daily Sabah」が報じた。
1月21日、独デュッセルドルフ空港で暴風雨にあおられた飛行機が何とか着地する様子を収めた動画に、ネットユーザーは息を呑んだ。動画はユーチューブに公開された。
1月21日、チリ北部のアリカ・イ・パリナコータ州でマグニチュード6.1の地震が発生。21日、米国地質学研究所が発表した。 1月21日、シリアのアフリーンで、少数民族クルド人勢力「民主連合党」(PYD)に対するトルコ空軍の空爆により9人が死亡し、13人が負傷した。Rudawテレビ局がPYDの発表を引用して伝えた。
1月21日、アフガニスタンの首都カブールのホテル「インターコンチネンタル・ホテル」が武装集団に襲撃された。BBCがアフガニスタン内務省のナジブ・ダニシュ報道官の話を引用して報じた。なお襲撃犯は全員殺害されたという。
1月21日、米マサチューセッツ州に住む66歳の女性は、細菌感染による激しい咳が原因で肋骨が折れた。医学雑誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載された記事の中で述べられている。

1月22日、アフガン内務省はホテル襲撃事件で18人が死亡したと確認した。そのうち14人は外国人だった。テレビ局「1TV」が伝えた。
1月22日、米カリフォルニア州フレズノに住む、毎日寿司を食べていた男性が、体内から長さ1メートル半強のサナダムシを摘出した。ニューヨーク・デイリーニューズが報じた。
1月22日、今週、ロシアのハバロフスク地方では寒波が予想され、気温がマイナス30度以下まで下がる見込み。22日、ロシア非常事態省ハバロフスク地方支部が発表した。
1月22日、中国沖の東シナ海でイラン企業が所有する石油タンカーが貨物船と衝突、沈没した事故で、海面に流出した油膜の範囲が先週から3倍に広がった。中国国家海洋局が発表した。

1月23日、群馬県の草津白根山が噴火し、近くの草津国際スキー場で10人のけが人が出て、レストハウスで手当てを受けているほか、訓練中の陸上自衛隊員7人が雪崩に巻き込まれけがをした。また、「噴火警戒レベル」がレベル3に引き上げられている。NHKが伝えている。
1月23日、インドネシアの首都ジャカルタでマグニチュード6.4の大地震が発生。この地震でオフィス街では建物内にいた市民の避難誘導が行われている。
1月23日、23日に群馬県の草津白根山で発生した噴火で、自衛隊員1人が死亡、11人が負傷している。NHKが報じた。
1月23日、イタリアのアンドリアに住む12歳の少女が、ワーム(細長い虫)の入った缶コーラを飲み、病院で診察を受けた。
1月23日、米アラスカ州沿岸部でマグニチュード8.2の強い揺れが観測された。米地質調査所が発表した。 1月23日、米津波警報センターがアラスカで起きた大型地震後、発生しうる津波の地図を発表し、警戒を呼び掛けている。
1月23日、東シベリアに位置するブリヤート共和国の首都ウラン・ウデの学校を襲撃した容疑で少年1人が逮捕され、裁判所が2カ月間の勾留を認める決定を下した。
1月23日、独ハノーファー空港でクルド人とトルコ人の乗客の間で取っ組み合いの喧嘩が生じ、この結果、2人が軽傷を負った。地元警察が発表した。
1月23日、仏紙ル・パリジャンは、パリの公共事業局の作業員の話として、パリが文字通りネズミの襲撃を受けていると報じた。

1月24日、ロシア極東カムチャツカ半島にあるクリュチェフスコイ火山が6千メートルもの噴煙を噴き上げた。ロシア科学アカデミー地球物理学部カムチャッカ支部が発表した。
1月24日、米南部ケンタッキー州ベントンのマーシャル郡高校で23日、銃撃事件があり、生徒2人が死亡、17人が負傷した。警察が容疑者の男子生徒(15)を逮捕した。共同通信がベビン州知事や警察幹部の発表をもとに伝えた。
1月24日、リビア東部ベンガジ中心部で23日、車爆弾による爆発が2件があった。28人が死亡した。Sky News Arabiaが報じた。
1月24日、父島付近でマグニチュード5.7の地震が発生。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。
1月24日、国連は、シリアのアフリーンでトルコ軍による越境攻撃に伴い、約5千人の住民が避難を強いられたとの報告書を発表した。共同通信がロイター通信の報道をもとに報じた。
1月24日、19時51分頃、日本の青森県を中心とする地域でマグニチュード6.2の揺れが観測された。気象庁が発表した。

1月25日、東京ディズニーリゾート開園35周年
1月25日、欧州委員会は、スマートフォン向けチップメーカー大手Qualcommが、Appleの「iPhone」と「iPad」で同社がQualcommの競合他社のチップを使用しないようにするために金を支払ったため、Qualcommに9億9700万ユーロの罰金を科した。ブルームバーグ通信が、欧州委員会広報部の発表を引用して報じた。
1月25日、欧州委員会、Apple向けサプライヤーに「買収」で9億9700万ユーロの罰金を科す 1月25日、シリア北西部アフリンでのトルコによる作戦が、シリアから発射された複数のロケット弾がトルコに着弾し、2人が死亡、11人が負傷した。AFP通信が報じた。
1月25日、米国フロリダ州南東部 フォートローダーデール市で小型ヘリコプターが道路に緊急着陸した。ロシアメディアが伝えた。
1月25日、ニコバル諸島付近でマグニチュード6の地震が発生。震源は都市ポートブレアから南に405キロのベンガル湾水域。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。
1月25日、ベーリング海のコマンドルスキー諸島近くでマグニチュード6.2の地震が発生した。米地質学研究所が発表した。
1月25日、マグニチュード5の地震がベーリング海のコマンドルスキー諸島近くで発生した。ロシア科学アカデミー地球物理学局カムチャッカ支部が報じた。
1月25日、日本海で行方不明となったロシア漁船「ボストーク」の捜索現場で、救命胴衣2つが見つかった。ウラジオストクの海難救助調整センターが「スプートニク」に対し明らかにした。
1月25日、東京都心では朝の最低気温が氷点下4度まで下がり、48年ぶりの寒さを記録した。日本のマスコミが報じた。
1月25日、メキシコの環境保護連邦検察庁は、ミチョアカン州の車道で300頭のサメが見つかったと明らかにした。

1月26日、韓国慶尚南道の北部密陽市で火災が起きた。現時点では、31人が死亡、少なくとも40人が負傷し他の病院へ搬送された。
1月26日、仏ロワール地方のスーパーでチョコナッツクリーム「ヌテラ」を70%引きの大特価で買おうと、販売棚付近で殴り合いが起きた。
1月26日、韓国の文大統領は同国慶尚南道密陽市の病院で火災事件があったことを受け、緊急首席秘書官・補佐官会議の招集を指示した。聯合ニュースが伝えた。
1月26日、韓国慶尚南道の北部密陽市で発生した火災事件で犠牲者が41人に増えた。負傷者79人のうち9人は重態となっている。聯合ニュースが伝えた。
1月26日、ロシア漁船「ボストーク」の捜索現場で、航空機や船舶は夜が明けてから何も発見できておらず、暴風を伴う状況によって捜索活動は難航していると、ウラジオストクの海難救助調整センターが「スプートニク」に対し明らかにした。
1月26日、タイ北東部コンケーン空港の建物の3階で火災が発生し、1千人を超える人々が避難した。英字紙「バンコクポスト」が伝えている。
1月26日、「世界経済フォーラム」が開かれているスイス東部のダボスで、トランプ米大統領を乗せた車列の車が警察官1人に接触した。その様子を収めた動画を地元紙「Blick」が公開した。

1月27日、日本人留学生4人から食事代として1100ユーロ(約15万円)を請求した伊ベネチアのレストラン「Osteria da Luca」に、1万9500ユーロ(約265万円)の罰金が課された。英紙デイリー・メールが26日、報じた。
1月27日、モスクワ中心にあるホステルで起きた銃撃を伴ういさかいが起きた。警察の関係筋がスプートニクに伝えた。
1月27日、成田空港で深夜までに空港を追い出されかけた中国人が空港職員ともみ合いになった。サウスチャイナ・モーニング・ポストが在東京中国大使館の情報を基に報じた。
1月27日、パプアニューギニア沖でマグニチュード5.9の地震があった。米地質調査所(USGS)が発表した。
1月27日、日本海で行方不明になっているロシア漁船「ボストーク」の捜索海域で、「ベリエフ200」飛行艇が筏に類似している物体を発見したと、ウラジオストクの海難救助調整センターが「スプートニク」に対し明らかにした。
1月27日、日本の仮想通貨取引所「コインチェック」は26日の会見で、580億円相当の仮想通貨「NEM」が消えたと発表した。
1月27日、カナダの大手製薬会社「アポテックス」を創業した大富豪、バリー・シャーマン氏と妻のハニーさんが、12月15日にトロントにある邸宅の地下室で遺体となって発見された事件について、同国警察は夫妻が計画的殺人の犠牲になったと考えていると、同国CBCテレビが伝えている。

1月28日、アフガニスタン首都カブールの各国大使館が集まる地域で起きた爆発により、95人が死亡、158人が負傷した。「1TV」テレビが同国保健省の情報として伝えた。
1月28日、パナマ沖でマグニチュード5.7の地震があった。米地質調査所が伝えた。
1月28日、ロシア船「ボストーク」が日本海で行方不明となり、捜索隊が2万9000平方キロメートル以上の海域で捜索を行ったが、船も乗組員も発見にはいたっていない。ロシア非常事態省沿海地方支部が発表した。

1月29日、米ミネソタ州で開かれたマスターズW杯クロスカントリースキーの競技中に、ロシアのアンドレイ・シャムシュリン選手(54)が死亡した。雑誌「スキー・スポーツ」が伝えた。
1月29日、南アフリカ共和国の南方・大西洋でマグニチュード5.4の地震が発生した。米地質調査所が伝えた。
1月29日、香港中心の建設現場で見つかった第2次世界大戦時の米軍の不発弾が無事処理された。サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。
1月29日、台湾にある中国国立石油・ガス会社(CNPC)の石油精製工場で大きい爆破が発生した。中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。
1月29日、パナマの南沿岸に近く太平洋でマグニチュード5.7の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。
1月29日、アフガニスタンの首都カブールの士官学校が武装集団に襲撃された。現在、建物内では銃撃戦が続いており、爆発の音が聞こえる。テレビTOLO Newsが伝えた。
1月29日、ユーチューブで、何者かが動画視聴者のデバイスの処理能力を用いて仮想通貨「Monero」を採掘(マイニング)するジャバスクリプトを用いた広告が発見された。「Ars Technica」が報じた。1月29日、日本海で行方不明になっているロシア漁船「ボストーク」を捜索するため、「ベリエフ200」飛行艇2機が飛び立ったと、非常事態省の沿海地方支部が明らかにした。
1月29日、13時50分ごろ、自衛隊戦闘機が米軍嘉手納基地に緊急着陸した。共同通信が報じた。
1月29日、米ロサンゼルス近郊コスタメサの自動車道に、飛行機Beech G33が緊急着陸した。テレビ局NBC Los Angelesが伝えた。
1月29日、インドのムンバイで男性の患者が核磁気共鳴(MRI)装置に「吸い込まれて」死亡した。インドのテレビ局NDTVが報じた。死亡したのはラジェシュ・マルさん(32)。マルさんは金属製酸素ボンベと一緒にMRI室に入った。するとスキャナの強力な磁場によってスイッチが入っていたMRI装置の内部に「吸い込まれた」。

1月30日、英モールスフォード市で武装した4人の強盗が22日午前、ビットコイン・トレーダーを脅してビットコインの送金を強いた。英紙『ロンドンイブニングスタンダード』が29日、報じた。目出し帽を被った4人の男は元ブローカーで現在は仮想通貨を取り扱う企業を率いるダニー・アストン氏(30)の家に押し入った。強盗団はアストン氏にピストルを向け、氏の妻を縛り上げて、赤ん坊を乳母車に乗せて中庭に運んだ。
1月30日、米国に住む男性が、宝くじで100万ドル(約1億円)を当てた3週間後に亡くなった。サイト「ニューヨークアップステート」が報じた。
1月30日、日本山形県と宮城県にある蔵王山で、火山性微動が発生した。日本気象庁の発表を引用し、共通通信が伝えた。
1月30日、日本宮城県女川町の付近でマグニチュード4.4の地震が発生した。米地質調査所が伝えた。
1月30日、衆院予算委員会は午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席し、2017年度補正予算案に関する2日目の基本的質疑を行った。世耕弘成経済産業相は、スーパーコンピューター開発の助成金詐取事件に関し、政治家の口利きなどがなかったか聞き取り調査した結果だとして「現時点で確認できる範囲では政治家の関与はなかった」と述べた。
1月30日、シリア北部イドリブ県で活動する「国境なき医師団(MSF)」の病院が爆撃にさらされ、5人が死亡、医療関係者3人を含む6人が負傷したと、MSFが発表した。
1月30日、日本の気象庁は30日、宮城県と山形県にまたがる蔵王山で火山性微動が観測されたのを受け、想定火口域から約1.2kmの範囲で噴火に伴う大きな噴石が飛散する恐れがあるとして警戒を呼びかけた。
1月30日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が2017年2月にマレーシアで殺害された事件で、正男氏が殺害の数日前にマレーシアのランカウイ島のホテルで米国人と接触していたことがわかった。ロイター通信が、同事件を担当するワナ・アジルラ・ニザマ主任捜査官の公判での発言を引用して伝えた。
1月30日、宮城県に住む女性が30日、旧優生保護法(1948~96年)に基づき知的障害を理由に不妊手術を強制されたのは重大な人権違反であり、救済措置も行われていないとして、国に損害賠償を求める訴えを起こした。
1月30日、ドイツの大手自動車メーカーをめぐる新たなスキャンダルが勃発した。きっかけはドイツの自動車大手フォルクスワーゲン、ダイムラー、BMWの3社が人間を使った実験に出資していたというニューヨーク・タイムズとシュツットガルト新聞の報道。
1月30日、メキシコ民間防衛庁は、ポポカテペトル火山が火山灰を巻き上げ、噴煙柱の高さが3千メートルに達したと発表した。

1月31日、スルッとKANSAI廃止。
1月31日、ロシアのカバルダ・バルカル共和国でマグニチュード3.4の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局が報じた。
1月31日、米カリフォルニア州ニューポートビーチで、4人が乗ったヘリコプターが住宅に墜落し、3人が死亡した。NBCテレビ局が伝えた。
1月31日、ペルーでマグニチュード5.5の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤン支部が発表した。
1月31日、パプアニューギニア沖でマグニチュード5.8の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤン支部が発表した。
1月31日、香港で、第二次世界大戦時の不発弾が見つかった。香港では27日にも同様の不発弾が見つかっている。


2月1日、ペルー文化省は、27日にペルーにある世界遺産「ナスカの地上絵」に大型トラックが侵入し、地上絵の一部が破損したと発表した。トラックは標識を無視し保護ゾーンに無断で侵入した。
2月1日、米ハワイ州で行われたミサイル防衛システム『イージス・アショア』の実験が失敗に終わった。米国防総省関係筋の話としてスプートニクが伝えた。
2月1日、南アメリカのエクアドル中部でマグニチュード5.2の地震があった。米地質調査所が伝えた。震源地は、パローラ市から東へ30キロ、震源の深さは18キロだった。
2月1日、韓国釜山にある本領事館の職員が同館の倉庫で約17日前に首をつって自殺した60歳代の男の遺体を発見した。地元の警察を引用し中央日報が伝えた。
2月1日、1日にかけての深夜、北海道札幌市にある生活保護受給者の自立支援施設で大規模な火災が発生し、11人が死亡した。NHK、共同通信が伝えている。
2月1日、日本の漁船「第53日香丸」の船長が、ロシア水域での操業許可規則に違反したと南クリル諸島(北方四島)で認定された。1日、ロシア連邦保安庁(FSB)サハリン州国境局が発表した。
2月1日、ベトナム人の女児が昨年3月に千葉県で殺害された事件で、少女の両親は裁判が始まる前に、殺人と強制わいせつを行なった犯人に対し極刑を求めるため、社会の協力を得ようと呼びかけている。
2月1日、タイで逮捕された元暴力団員の白井繁治容疑者が1日、日本へ送還された。白井容疑者は14年間逃亡し、国際手配されていた。容疑者は日本で裁判にかけられる。タイ入国管理局が発表した。
2月1日、午後、ショベルカーが大阪の歩道で聴覚支援学校の児童3人と教員2人の計5人に突っ込み、11歳の女の子が死亡した。NHKが報じた。
2月1日、韓国の世界的タイヤメーカー「ハンコックタイヤ」の大田にある工場で、多数の従業員が製造現場で有害化学物質にさらされた結果死亡したとして、労働組合が同社の徐承和(ソ・スンファ)最高経営責任者(CEO)や労働省の地元責任者など6人に「殺人罪」を適用するべきだと主張している。同組合がプレスリリースで発表した。
2月1日、日本海で行方がわからなくなったロシアの漁船「ボストーク」の家族は船の所有者から賠償金を受け取る。「DVフロート」社のスタニスラフ・マルチェフスキーCEOが1日、スプートニクに伝えた。
2月1日、米ロサンゼルスの中学校で1日、発砲事件が発生し、5人がけがし、うち2人が撃たれて負傷した。発砲した女子生徒は12歳とみられ、拘束された。共同通信が米メディアの報道をもとに伝えた。

2月2日、中国・上海の観光中心地にある米コーヒーチェーン店「スターバックス」前の歩道にワゴン車が突っ込み、18人が病院に搬送されたと、新華社通信が伝えている。
2月2日、仏の高級避暑地ニースの海岸に直径5メートル、深さ2メートルの漏斗状の穴が出現。ニース市役所は市民に平静を呼びかけている。
2月2日、人気ゲーム「カウンターストライク」の開発者の1人で米バルブの従業員であるジェス・クリフ容疑者(36)が、児童の性的搾取の疑いで身柄拘束された。「KIRO 7」テレビが報じた。
2月2日、海上保安庁は2日、奄美大島沿岸に油が漂着し、イランの石油タンカーから流出したおそれがあると電話で明らかにした。ロイターが報じた。

2月3日、ロシア・ウラジオストックから北朝鮮の羅先特別市へ貨物を運ぶ貨客船「万景峰号」は燃料不足のためウラジオストック沖でSOS信号を出した。ロシアの輸送会社「インベストストロイトレスト」の社長で北朝鮮の「万景峰号」用船会社「ロスコル」の代理人であるウラジーミル・バラノフ氏がスプートニクに伝えた。
2月3日、米偵察機2機が英国にあるミルデンホール空軍基地から発進し、沿バルト地域のロシア国境へ向かった。軍用機の動きをモニタリングするサイト「Mil Radar」が伝えた。
2月3日、イタリア中部マルケ州マチェラータで3日午前、極右主義者の男がアフリカからの移民6人を銃撃する事件があり、4人が重傷を負った。28歳の男はすでに逮捕された。朝日新聞が伝えた。 逮捕されたのはルカ・トライーニ容疑者で、右派政党「北部同盟」のメンバーで、去年の地方選で立候補していた。

2月4日、ロシア軍部は、シリア、イドゥリブ県のテロ組織「アル=ヌスラ戦線」の占拠地区からの露爆撃機Su-25に対するミサイル攻撃に報復し、同地区へ攻撃を行った。ロシア国防省の声明をスプートニクが報じた。
2月4日、中央アジア・カザフスタンの地震専門家によれば、中国領内で、マグニチュード5の地震が発生した。地震が発生したのは、4日の現地時間で3時46分(日本時間で6時46分)、震源は、カザフスタンの主要都市アルマアタの南西392キロの中国領内、震源の深さは20キロだった。
2月4日、キルギスで4日、マグニチュード4.2の地震が発生した。中央アジア・カザフスタンの地震専門家が発表した。発表によれば、地震が発生したのは、現地時間で9時21分(日本時間で12時21分)。震源は、カザフスタンの主要都市アルマアタの南西568キロのキルギス領内、震源の深さは5キロだった。
2月4日、ロシア国防省は、先にシリア北西部イドリブでロシアのスホイ25(Su-25)攻撃機が反政府勢力に撃墜された動画を公開した。

2月5日、三菱自動車は、走行中に外れるおそれがあるガラスのサンルーフと機能しない場合があるパーキングブレーキの修理のため米国にある22万7000台の自動車をリコールする。
2月5日、米フロリダ州オーランドの警察は、有名な歌姫ラナ・デル・レイをストーキングし誘拐の脅迫をした男を逮捕した。警察がツイッターで明らかにした。
2月5日、米マサチューセッツ州に住む女2人が5歳の少女に、母親の求めでブードゥー教の儀式を行い、5歳の少女の顔に傷を残した。顔に傷を残した2人姉妹を逮捕。
2月5日、中国に住む男性は、コンピューターゲーム中毒の代償として健康を差し出すことになった。男性は20時間連続でオンラインゲームをプレイし、麻痺状態に陥ったのだ。英紙「The Sun」が報じた。
2月5日、台湾警察は週末、同国南部・高雄市の港で漁船から麻薬のケタミン1290キロを押収した。台湾で摘発された量としては過去最大。高雄市警察のホームページで発表された。
2月5日、夕方、佐賀県神埼市でヘリコプターが墜落したとの通報があった。日本のマスコミが防衛省の情報として伝えたところによると、墜落したのは陸上自衛隊の戦闘ヘリコプタ-「AH64D」。
2月5日、シリアでロシアのスホイ25戦闘機が撃墜され、死亡した操縦士ロマン・フィリポプ少佐に死後ロシア英雄称号が授与される。

2月6日、通信社「Ruptly」は有志連合が過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)から解放したイラクのモスルからの動画を公開した。
2月6日、日本の福井県は、自衛隊に対し大雪対策での緊急支援を要請した。NHKによると、自衛隊に対して何よりもまず求められているのは、県内の国道で立ち往生している1千台を超える自動車を雪から救い出すための支援だ。
2月6日、シンガポールのチャンギ国際空港で6日、航空ショー「シンガポール・エアショー2018」に参加していた韓国空軍機から出火し、操縦士が軽いけがをした。産経新聞が伝えた。
2月6日、台湾東部で6日、マグニチュード6.4の地震があり、建物が倒壊し、4人が死亡、219人が負傷、173人が行方不明となっている。ポータル「Sina」が伝えた。
2月6日、オーストラリア・シドニー郊外のサウスクージーで6日、自動車が壁を突き破り、墓地に落下する事故があり、運転手が軽いけがをし、病院に運ばれた。AFP通信が報じた。

2月7日-2月22日、長野オリンピック開催20周年
2月7日、台湾南東部花蓮県でマグニチュード4.6の地震が発生。中国地震学センター(CENC)が明らかにした。地震発生時刻は現地時間5時56分。震源は台湾東部花蓮県沿岸で記録され、震源の深さは6キロ。
2月7日、シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータで6日行われた空爆でおよそ70人の民間人が死亡、100人以上が負傷した。AFP通信が伝えた。
2月7日、中国でマグニチュード3.2の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。地震が発生したのは日本時間で9時58分、震源は新疆ウイグル自治区カラマイ市から北北東へ69キロの地点。
2月7日、朝鮮民主主義人民共和国は韓国に対して、万景峰号92号への給油を要請した。万景峰号92号は平昌五輪開幕に合わせた祝賀に参加する北朝鮮の芸術団員らを乗せ、韓国東部の墨湖(ムクホ)港に入港している。
2月7日、ロシア極東ウラジオストクで7日間にわたって停泊している朝鮮民主主義人民共和国の船舶は食糧不足を理由に救難信号を出した。輸送会社「インヴェストストロイトレスト」社のミハイル・フメリ副社長がスプートニクからの取材にこう明らかにした。
2月7日、現地時間で7日、台湾東部沖でマグニチュード6.1の地震があった。中国地震ネットワークセンター(CENC)が伝えた。

2月8日、シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータで空爆が続き、民間人34人が死亡した。時事通信社が伝えた。
2月8日、ロシア西シベリアのケメロヴォ州でマグニチュード3.1の地震が発生。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。
2月8日、台湾東部で6日に発生した地震による被害者の数は、最新情報では9人となった。また266人が負傷、62人が行方不明となっている。花蓮市消防当局が報じた。
2月8日、モスクワの北のトヴェリ州のある村犬ぞり用のハスキー犬、マラミュート犬160頭が食糧、水のないまま放置されている状態で発見された。ロシアのマスコミが報じた。
2月8日、オランダ検察は、フェイスブックに投稿されたサンタクロース殺害の呼びかけに関する調査を開始した。テレグラフ紙が報じた。
2月8日、乗客127人を乗せたディーゼル船「イーゴリ・ファルフジノフ」が、オホーツク海南部で分厚い氷に閉じ込められたと、ロシア極東サハリン州政府が8日明らかにした。
2月8日、米国主導の「ダーイシュ(IS)」対策の有志連合は、シリア政府軍が当時、米国側の顧問がいた反政府組織の「シリア民主軍(SDF)」本部を攻撃したとして、シリア軍への報復攻撃を行ったことを明らかにした。
2月8日、タイに住んでいたジラウット・ポンファンさんは4200万バーツ(約1億4500万円)の宝くじを当てた。ただ1つの「しかし」がなければ幸運だと呼べただろう。ポンファンさんはくじを無くし自殺した。
2月8日、アルゼンチン/ゴルドバで記録的な雹嵐が発生。雹のサイズは世界最大級の23cmを計測。 2

月9日-2月25日、平昌オリンピック(冬季オリンピック)
2月9日、2017年に日本の警察が摘発した人身取引で、日本人被害者が28人の過去最多となった。時事通信が警察庁のまとめを基に報じた。
2月9日、SNS利用者が騙され、1晩で5000ドル(約55万円)相当の仮想通貨が騙し取られる被害となった。犯人らは有名人の偽アカウントを用いてフォロワーに、最小限の投資で利益を約束していた。サイト「BleepingComputer」が報じた。
2月9日、日本で昨年2017年に起きた振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害総額が発表された。前年比4.3%減の390億3千万円で3年連続して減少したものの、おれおれ詐欺は再び増加していたことがわかった。時事通信が全国の警察の発表を引用して報じた。
2月9日、カムチャツカ半島沖72キロの太平洋でマグニチュード4.5の地震が観測された。ロシア非常事態省のカムチャツカ地方当局が発表した。ロシア非常事態省の地方総局は「深さは25キロの地点で地震が発生した。」と発表した。震源地はウスチ=カムチャツク自治区内だった。
2月9日、南米チリ沖で、マグニチュード5.6の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源は、レブ市の西方へ40キロ、震源の深さは10キロだった。
2月9日、中国・広東省仏山市で地下鉄の工事区間が約30メートルにわたって陥没した事故があり、10人が死亡、4人が行方不明となっている。AFP通信が伝えた。
2月9日、ロシア西部ニジニ・ノヴゴロド州サロフの核兵器製造に携わる企業が、職員数人が職場で暗号通貨「ビットコイン」を採掘(マイニング)しようとして拘束されたことを認めた。「スプートニク」が伝えている。
2月9日、平昌(ピョンチャン)五輪の開会式が行われている最中、五輪のサーバーがハッカー攻撃にさらされた。平昌五輪・パラリンピック組織委員会への取材をもとに聯合ニュースが伝えた。

2月10日、女優ユマ・サーマンは、「キル・ビル2」撮影中に起き、深刻なけがを受けた事故の動画をインスタグラムに公開した。
2月10日、祖父に虐待され体重が16キロにまで落ちた日本人女性がツイッターで当時の写真を公開し、虐待について語った。英紙デイリー・メールが報じた。
2月10日、米空軍はロケット「ファルコン9」の第一段目が空中で分解せず、大西洋に落ちたが沈まなかったため破壊した。「AmericaSpace」が関係者の話として伝えた。
2月10日、米フロリダ州タイタスビル市でUFOキャッチャーでおもちゃを取ろうとしていた幼い男児が誤って、機械内部に入ってしまい、そこから抜け出ることができなくなる事件が発生。地元マスコミが報じた。
2月10日、米海軍は違法薬物売買の疑いで在日米軍兵士10人を捜査している。ウォール・ストリート・ジャーナルが国防総省の情報として伝えた。
2月10日、国連の制裁に違反する貨物を積んでいる疑いでロシア極東ウラジオストクの沖合に停泊させられていた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の船「万景峰(マンギョンボン)号」が、北朝鮮の羅津港に戻るため出発した。10日、ロシア連邦保安庁(FSB)国境警備局がロシアメディアに対し明らかにした。
2月10日、シリアの防空システムがイスラエルによるさらなる攻撃を撃退したと、シリア国営テレビが伝えた。

2月11日、マヨン山の噴火が続くフィリピン/ネグロス島で稀少な深海鮫メガマウスが海岸に打ち上げられる。
2月11日、観光用の1発エンジンヘリが米国の有名な名所グランドキャニオン付近で墜落し、3人が死亡、4人がけがをした。KPNXテレビが報じた。
2月11日、小野寺五典防衛相が、佐賀県の山口祥義知事と県庁で会談し、陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが同県神埼市の住宅に墜落した事故について謝罪した。「県民の皆さまに大変ご迷惑をおかけした。防衛省、自衛隊としておわびする」と述べた。
2月11日、モスクワ郊外でサラトフ航空のドモジェドヴォ空港発の飛行機An-148が行方不明になった。マスコミが非常事態担当局の情報を引用して伝えた。
2月11日、インドネシア・スレマン県ジョグジャカルタ市にあるカトリック教会で、男が南米の刀マチェテを使って信者を切りつけた。現地メディア「Bisnis Indonesia」が報じた。
2月11日、テロ、暴行、強盗事件の容疑者が、ロンドン・ヒースロー空港の職員として採用された。デイリー・メール紙が報じた。
2月11日、オーストラリア/クイーンズランド州で、嵐の影響で1万3千世帯以上が停電に見舞われた。現地メディアが報じた。

2月12日、太陽フレアが立て続けに発生。地球到達は15日頃。
2月12日、太平洋にある北マリアナ諸島グアム島の辺りではマグニチュード6.0の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。地震発生時刻は日本時間12日8時14分。震源の深さは10キロだった。震源はグアム島から東へ183キロの地点。
2月12日、太平洋に浮かぶ北マリアナ諸島グアム島沖ではマグニチュード5.5地震が発生した。ロシア科学アカデミー地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。同支部によると、地震があったのは日本時間で12日11時3分。震源地は、北緯13.92度、東経146.58度。
2月12日、ユネスコ無形文化遺産で有名なボリビアのオルロのフォルクローレ・カーニバルで、開催初日に21人が死亡、少なくとも70人が負傷した。地元の警察が発表した。
2月12日、11日にモスクワ郊外で墜落したドモジェドボ空港発オルスク行きのサラトフ航空機 An-148の捜索救助活動が終了した。ロシア非常事態省が明らかにした。
2月12日、南極/サウスサンドウィッチ諸島の火山で「熱異常」が観測される。何らかの地質的活動の兆しの可能性。
2月12日、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏の妻のバネッサさんが、ニューヨークの自宅に届いた正体不明の粉が入った封筒を開け大事をとって病院に搬送された。AFP通信が警察当局の発表を引用して報じた。

2月13日、平昌五輪でノロウイルス感染者が194人に達し、47人が隔離状態にある。五輪の組織委員会がプレスリリースで明らかにした。
2月13日、ベネズエラのエルカヤオ市でカーニバルが行われている最中に、不審者が発砲し、この結果、少なくとも3人が死亡、5人が負傷した。Le National紙が伝えた。
2月13日、中国の高速道路でタンクローリーから燃料が漏れ、大規模な火災が起きた。現場近くを通りかかった乗用車に設置されていたドライブレコーダーがその様子を映していた。
2月13日、動物の目につき、眼中症をおこす寄生性線虫のグロサ眼虫(Thelazia gulosa)が人間の目にも寄生しうることが研究者によって明らかにされた。ライブサイエンスがこの発見を公表した。
2月13日、墜落のロシア国内線 捜索救助活動が終了。「アントノフ148」旅客機が墜落したモスクワ近郊の現場では、犠牲者の遺体の断片が1400以上、事故機の破片が約500、救助隊によって発見された。ロシア非常事態省モスクワ州当局のウェブサイトが発表している。これに先立ち、墜落による犠牲者全ての身元が特定された。
2月13日、北朝鮮船籍のタンカーとベリーズ船籍のタンカーが、東シナ海の公海上で物資を移し替える「瀬取り」を行った疑いがあることが分かった。外務、防衛両省が発表した。外務省は国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議で禁止された行為とみて、国連に通報した。
2月13日、ボリビア西部オルロでカーニバルの最中に爆発事件があり、少なくとも4人が死亡、9人が負傷した。時事通信社が警察当局の発表をもとに報じた。

2月14日、バチカンに近いローマ街中で巨大なシンクホールが発生。
2月14日、2月11日にモスクワ郊外に墜落した旅客機An-148の事故について、モスクワに本部がある州際航空委員会はフライトレコーダーの最初の解析を行い、ピトー静圧管の氷結によって操縦士が飛行速度について不正確な情報を受け取った可能性があると発表した。
2月14日、インドネシア東部のアルー諸島の付近でマグニチュード5.5の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。地震発生時刻は日本時間14日9時05分。震源の深さは10キロだった。震源はドロ島から東へ51キロの地点。
2月14日、ナイジェリア、ラゴスのムルタラ・モハンマド国際空港発米国ジョージア州アトランタ行きのデルタ航空の旅客機が緊急着陸のために同空港に戻った。5人が軽傷を負った。米CNNテレビが伝えた。
2月14日、在メキシコ米大使館の職員はオリサバ山登山で死亡した。米大使館を引用し、地元のシン・エンバーゴ電子版が伝えた。
2月14日、モスクワ近郊で「アントノフ148」旅客機が墜落した原因の可能性があると指摘されている故障が、小型旅客機「スホイ・スーパージェット100(SSJ100)」の複数の機体でも記録されている。航空会社上層部や空港オペレーター、地方当局に送付された連邦航空運輸局(ロスアヴィアツィア)の電報をもとに露「コメルサント」紙が報じている。
2月14日、米ユタ州でヘリコプターがヘラジカと接触し不時着したと、地元テレビ局「KUTV」が伝えている。
2月14日、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)は、4月21日にスリランカで起きた連続爆破テロ事件に関与した疑いで国際手配中の5人が中東で逮捕され、スリランカに送還されたと発表した。RIAノーボスチが報じた。 
2月14日、フランス・パリにあるピザチェーン店で、訪れた女性客に対し、水の代わりに食器用洗剤が入れられた水差しが誤って提供され、これを飲んだ女性客が病院に搬送された。仏パリジャン紙が伝えた。
2月14日、米フロリダ州パークランドの高校で発砲事件が発生し、米メディアによると少なくとも17人が死亡、17人が負傷した。5人が重体となっている。NBCテレビが医師の情報を引用して報じた。
2月14日、南米ペルートルヒーリョ市の非行少年収容所で火災が発生し、少なくとも5人が死亡、29人が負傷した。ポータルPeru21が報じた。

2月15日、北極上空に温暖な空気が入り込み、極渦が分裂し2箇所にできるという極めて異例な現象が発生する。この影響により南北を周回しているジェット気流が、東太平洋海域によって一時的に縦断。南北のジェット気流がつながるという現象が副次的に発生。
2月15日、米メリーランド州フォートミードにある国家安全保障局(NSA)の本部の入り口前で発砲があった。テレビ局ABCが伝えた。
2月15日、中国の新疆ウイグル自治区グルジャ市から北西に77キロに地点でマグニチュード4.3の地震があった。ロシア科学アカデミー地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。
2月15日、メキシコのラパス湾で、多数のイルカがが海岸に打上げられていた。
2月15日、プーチン大統領は米フロリダ州パークランド市の高校で起きた銃の乱射事件を受けて、トランプ米大統領に哀悼の意を表した。事件では19歳の元生徒が17人を殺害した。
2月15日、米フェイスブック社は、同社に関する「余計な」情報がマスコミに漏れないようにするために社員を追跡し、監視している。フェイスブックの元社員並びに現社員が雑誌Wiredに語った。

2月16日、イラクのバグダッドで豪雨にともなう洪水が発生。 2月16日、日本文化を海外にアピールする官民ファンド「クールジャパン機構」幹部らからのセクハラ被害を訴え、元派遣社員の20代女性が東京地裁に提訴した。女性は被害を訴えて労働組合を作った後に派遣更新を拒否されたことも指摘し、不当労働行為であると主張する。毎日新聞が報じた。
2月16日、ダンスグループ「アナタシア」 差し入れのぬいぐるみからGPSが見つかる。アイドルに夢中になファンのなかには、ブロマイドではなく生身のアイドルに少しでも近づくためには何も恐れないという人もいる。ショービジネスの歴史にはスターを追いかけ、住所やよく訪れる場所を知ろうとするファンの起こした騒動は少なくない。
2月16日、学校銃乱射事件 容疑者がFBIに監視されたか? 14日に米フロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件のクルーズ容疑者と同名のユーチューブの利用者が「私はプロフェッショナルな学校銃撃者になる」とコメントを同サイトに書き込み、昨年9月に連邦捜査局(FBI)の目に留まった。AFP通信が伝えた。
2月16日、クリル諸島パラムシル島にある活火山のエべコ山が噴火し、火山灰を海面から2200メートルの高さまで噴き上げた。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。
2月16日、米国アラスカ州アリューシャン列島でマグニチュード5.2の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源の深さは56キロだった。震源はアンドリアノフ諸島アダックから南東へ21キロの地点。
2月16日、米国病理予報管理センターは、しぼりたての新鮮な牛乳を飲用することが抗生物質の効き目がない感染の蔓延を招いているとの報告を表した。ArsTechnicaが発表した。
2月16日、米フィラデルフィア州にある美術館から、展覧会を訪れた男が兵馬俑の指を持ち帰った。AP通信によると、指は450万ドル(約4億7700万円)相当である。
2月16日、メキシコで再び強い地震、約100万棟が停電。メキシコで発生した地震のあと停電した建物の数はおよそ100万棟に上ると、同国の電力公社「連邦電力委員会(CFE)」のハイメ・エルナンデス社長が明らかにした。

2月17日、ロシア人の全面出場禁止を主張のIOC委員、問題行動で五輪から追放される。国際オリンピック委員会(IOC)のアダム・ペンギリー委員は平昌冬季五輪から追放された。英紙テレグラフが15日に報じた。
2月17日、トルコの外交筋は、シリア領内のクルド人勢力への作戦「オリーブの枝」での化学兵器の使用を否定した。AFP通信が報じた。

2月18日、イラク/バスラの空が、ダストストームに見舞われ真っ赤に染まる。
2月18日、アメリカ/イエローストーン国立公園で新たな群発地震が計測。
2月18日、アルゼンチン/ロザリオでスーパーセルが発生。
2月18日、全米プロバスケットボール協会(NBA)で活躍するチーム「トロント・ラプターズ」の優勝パレードで発砲事件が発生した。発砲当時、現場には大勢のファンや関係者が集まっていた。トロント市警察が発表した。
2月18日、フランスのチェロ奏者、オフェリー・ガイヤール氏が、パリ近郊で武器を使った襲撃に遭い、およそ130万ユーロの価値がある1737年製のチェロを奪われた。仏「ル・ポワン」誌が伝えている。
2月18日、イスラエル空軍機がパレスチナ自治区ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの標的に空爆、パレスチナ人2人が負傷した。Maan通信が報じた。
2月18日、ベネズエラのボリバル州州リバーサイドで軽飛行機が住宅に墜落し、1人が死亡した。ベネズエラ民間防衛庁が報じた。
2月18日、韓国の警察は、1億500万相当(約1050万円)の米130トンを北朝鮮の国家安全保障省向けに送った疑いで脱北者の女(49)を逮捕した。
2月18日、イランで66人搭乗の旅客機が墜落。イラン・エスファハーン州のセミローム市周辺で旅客機が墜落した。イランのタスニム通信が同国非常事態センターの情報として伝えた。
2月18日、露ダゲスタン教会で発砲5人死亡。テロか?ロシア・ダゲスタンのキズリャルで、ロシア正教会の教会から外に出てきた信者らに向かって不審な男が銃を乱射した。これにより5人が死亡、5人が負傷。スプートニクが伝えた。
2月18日、イラク北部キルクーク近郊で、国際テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の掃討作戦に当たっていたイスラム教シーア派民兵組織「人民動員隊」(PMF)の27人が死亡した。 Rudawテレビ局が報じた。
2月18日、夜、アフリカ南部モザンビークの首都マプト近郊でごみ山が豪雨で崩れ、近くの小屋の住民17人が生き埋めになり死亡した。モザンビークのJornal Noticias紙が報じた。

2月19日、太平洋のニュージーランド沖合でマグニチュード6.4の地震が発生した。米地質調査所が発表した。地震は協定世界時07時01分(日本時間16時01分)に発生。震源は、ニュージーランドのノースアイランド東部から600キロの、無人エスペランス島から、北東にさらに140キロ離れた沖合。
2月19日、トルコ北東部トラブゾン県で発生した洪水で、少なくとも4人が死亡した。アナドル通信社が、内相の発表を引用して報じた。
2月19日、高齢者による交通事故が増えるなかで、オートマティック車両のアクセルとブレーキの踏み間違えの例がよく指摘されている。踏み間違えの一番の原因は2つのペダルが並んで配置されていることにある。では並列配置をやめたらどうだろう? ナルセ機材(熊本県)開発の「ワンペダル」はペダルを1つに減らすことで、踏み間違えゼロに挑んでいる。
2月19日、「この世の終わり」:英国、鶏肉不足でKFCが次々と一時閉店。英国で鶏肉不足によりケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の一時閉店が相次いだ。インディペンデント紙が報じた。
2月19日、千葉住宅火災1人遺体発見 殺害容疑で若者4人逮捕。17日に起きた千葉県印西市の木造住宅の火災で、焼け跡から遺体が見つかった事件で、翌日18日、殺人放火の疑いで未成年者を含む4人の若者が逮捕された。NHKなどが伝えた。
2月19日、メキシコ南部オアハカ州でマグニチュード6.0の地震があった。メキシコ国家地震局が発表した。地震局によると、震源地はオアハカ州ピノテパ・ナシオナルから東に40キロ、震源の深さは10キロだった。
2月19日、ベトナムで、妻が見知らぬ男性とフェイスブックでメッセージをやり取りしているのを発見した男が、嫉妬心から妻を殺害する事件が起きた。事件が起きたのは2月16日。事件後、男は警察に自首した。
2月19日、ロシア中央銀行のスコベルキン副総裁は、2017年に「Cobalt Strike」ウイルスによるサイバー攻撃で盗まれた被害額を明かした。
2月19日、記者に「殺すぞ」の西宮市長、辞職願を提出。今年1月、記者に暴言を吐き、「殺すぞ」と述べた西宮市長が、辞任願を出した。共同通信が19日に報じた。
2月19日、インドネシアのスマトラ島にあるシナブン島が噴火した。新華通信社が国立火山センター長の話を引用して伝えた。火山は5000メートルの噴煙を放出。噴煙は南東に最大4900メートル、東に3500メートル移動した。センター長は「この噴火は今年最高高度だ」と述べた上で、噴火は北スマトラ州上空の航空便の動きに影響しなかったと指摘した。さらに、「火山灰は(州都)メダンや空港敷地内には届かなかった」と述べた。センターは噴火による避難警報は出さなかった。
2月20日、ブラジル/サルバドールの上空で火球が爆発し、墜落地点に謎の黒い金属片が発見される。

2月20日、米軍族女性殺害 遺族は米政府に補償要求へ。2016年、沖縄県で元米軍族に暴行され殺害された女性の遺族は被告の代わりに米政府に補償を要求する方針だ。共同通信が遺族側弁護士の話として伝えた。
2月20日、タイのチャシェングサウ県で1匹のゾウが原因で大渋滞が発生した。ゾウはサトウキビの茎を運んでいたトラックの列を2時間にわたって止め、荷台からはみ出していた甘い茎をゆっくりと咀嚼したため、車列は動きが取れなくなってしまった。
2月20日、英ケント州の住民が、自宅の庭でハナカケトラザメを発見した。英デイリー・ミラー紙が報じた。
2月20日、シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータで政府軍による空爆が続き、民間人77人が死亡した。AFP通信が在英NGOのシリア人権監視団の発表をもとに伝えた。
2月20日、モンゴル北部で、マグニチュード3.3の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。同支部によれば、震源地は、北緯49.44度、東経99.89度、ロシア・モンゴル国境国境から155キロの地点だった。
2月20日、米F16、青森県の湖にタンク投棄。午前、青森県の米軍三沢基地所属の「F16」戦闘機が離陸直後にエンジン火災を起こし、基地近くの小川原湖に燃料タンク2個を投棄した。共同通信が伝えた。

2月21日、南アメリカのエクアドルでヘリコプター「R44」が太平洋に墜落した。3人が死亡。地元の救助隊が伝えた。
2月21日、午前、ペルーでバスが約200メートルの高さから転落し、少なくとも35人が死亡した。サイトPeru21が伝えた。
2月21日、メキシコ東部キンタナロー州で観光フェリーで、爆発があり25人が負傷した。Televisaテレビ局が伝えた。

2月22日、ペルーで発生したバス転落事故による犠牲者が44人となった。AFPが同国内務省の発表をもとに報じた。
2月22日、モンテネグロ政府は、ポドゴリツァ市にある米大使館の方角に爆発物を投げつけた不審者が、事件後、自殺を図ったことを明らかにした。内閣府がツィッターの公式アカウントで明らかにした。

2月23日、太陽の黒点数が「0」を記録し続けているにも関わらず、アラスカ上空やノルウェー・フィンランド上空で強力なオーロラが発生。
2月23日、インドネシアのシナブン火山で火砕流が発生。
2月23日、東京・千代田区にある朝鮮総連=在日本朝鮮人総連合会の中央本部の前に23日午前3時50分ごろ、男2人が門の扉に向けて拳銃を発砲し、しばらくした後に警察官によって逮捕された。NHKが報じた。

2月24日、サウジアラビア/メディナで記録的な雹嵐が発生。

2月25日、兵庫県三田市の27歳の女性が行方不明になり、米国籍の男が女性を監禁した疑いで逮捕された事件で、大阪市の民泊施設でスーツケースに入っていた女性の頭部が見つかった。共同通信が警察の情報を引用して報じた。
2月25日、米ワシントン州デモインで強盗が住宅に押し入り、シェパードのレックスという名の犬が飼い主の少年を強盗から守ろうとして銃で4発撃たれた。K5 Newsが伝えた。

2月26日、人類の脳に機械端末を埋め込み、脳の性能を15%向上させる電脳技術の開発に成功する。
2月26日、英国レスター市で強力な爆発が発生した。現時点では、4人が負傷。地元の警察が発表した。
2月26日、インドで何者かが結婚祝いに仕込んだ爆弾が、新婚夫婦が開封した瞬間に爆破した。NDTVが報じた。
2月26日、北海道岩見沢市の山中で、札幌市の職業不詳、三好邑璃さん(19)の頭部が見つかり、男2人が逮捕された事件で、新たに3人目の男が逮捕された。共同通信が伝えた。
2月26日、日本時間の26日17時26分、パプアニューギニア中部メンディの南西52.7キロの地点で揺れを観測した。震源の深さは23.6キロ。これに先立ち、パプアニューギニアではマグニチュード7.6の地震が発生していた。
2月26日、モスクワで何者かが仮想通貨「PRIZM(プリズム)」発行元の1人を誘拐し、強盗した。警察は被害総額が140万ルーブル(約266万円)だと算出。また、口座からは1億6000万ルーブル(約3億円)が不正に引き出されたという。ロシアのメディアが報じた。
2月26日、菅義偉官房長官は26日の記者会見で、江崎鉄磨沖縄北方担当相が同日午後、検査のため再入院したと明らかにした。さらに1週間程度の入院加療と在宅療養が必要だという。公務復帰については「検査結果と回復状況を見ながら判断する」と説明した。

2月27日、ペルー/クスコにおいて、突如として地面に巨大な亀裂が発生し60世帯が危機直面。避難を余儀なくされる。亀裂の深さは60メートルにも及ぶ。
2月27日、インドネシア東部沖のセラム海でマグニチュード6.2の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。震源地は、南緯2.56度、東経126.81度、アンボン市から北西に195キロだった。今のところ犠牲者や建物の倒壊に関する情報は伝えられていない。
2月27日、クリル諸島の太平洋岸でマグニチュード5.4の地震が発生。非常事態省のプレスサービスが発表した。発生時刻は現地時間で12時31分(日本時間10時31分)、地震はパラムシル島のセベロクリリスクから南東124キロで発生した。震源の深さは62キロ。
2月27日、ロシア・トゥバ共和国の首都クズルの南546キロの地点、モンゴル西部でマグニチュード4.4の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。発生時刻はモスクワ時間で4時49分(日本時間10時49分)。震源は北緯47度17分東経91度27分で、モンゴル・中国の国境からおよそ40キロの地点。
2月27日、パプアニューギニアで発生した地震で、死者数が30人となった。同国のPost Courier紙が地元当局の情報をもとに伝えた。
2月27日、英国に住むラマー・チャンバーズ容疑者(24)は違法薬物所持の疑いで警察署にすでに40日間拘留されており、排泄を断固拒否している。英紙「Metro」が報じた。

2月28日、ヨーロッパで大寒波が発生。ほぼ全域で気温が氷点下に。
2月28日、サウジアラビアの大地溝帯に巨大な亀裂が発生。これでアフリカ大陸とアジア大陸の大地溝帯に全域に亀裂が入った事になる。
2月28日、エジプト北部ブハイラ県コム・ハマダで列車同士が衝突し、メディアによると、19人が死亡し、40人が負傷した。


3月ダイヤ改正時、三江線廃止。

3月下旬、浜離宮の鷹の御茶屋の復元工事が完了
3月下旬、門司港駅-駅舎改修工事終了予定

3月1日、米国で有名な映画プロデューサーのベンジャミン・メルニカー氏が死亡した。104歳だった。シナリオ作家とプロデューサーであるマイケル・ウスラン氏が伝えた。
3月1日、ロシア・トゥバ共和国の首都クズルの南西168キロの地点、モンゴル北西部でマグニチュード3.6の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。震源は北緯50度70分東経92度67分で、ロシアとの国境からおよそ1キロの地点。震度は、12段階評価中4.3。非常に強いものを含む地震はトゥバ共和国、アルタイ共和国、ブリヤート共和国西部と国境を接するモンゴルの地域で定期的に発生している。2011年末からトゥバ共和国では地震が非常に活発になっている。
3月1日、アルタイ地方のバルナウルから南西202キロでマグニチュード3.1の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が報じた。同支部のデータによると、地震が起きたのはモスクワ時間28日22時31分(日本時間1日4時31分)だという。震源は北緯52度50分東経81度07分の地点。
3月1日、気象庁は、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で噴火が起きた模様だと発表した。新燃岳東側の宮崎県高原町からは降灰が確認されたとの報告があった。共同通信が伝えた。
3月1日、エリザベス女王暗殺計画が明らかに。1981年、当時17歳の少年が英エリザベス女王の殺害を試みた。ニュージーランド保安情報局の機密情報で明らかになった。英紙タイムズが報じた。

3月2日、パプアニューギニアにおいて、推定20万年は噴火していないと考えられていたボサビ山に、噴火の兆候がみられる。
3月2日、仏政党「国民戦線」のルペン党首、ダーイシュによる処刑画像を流布した罪で起訴された。有罪になれば、3年以下の懲役と7万5000ユーロ(約1000万円)の罰金が課される。仏紙ル・パリジャンが報じた。
3月2日、日本北海道でマグニチュード4.2の地震があった。米地質調査所(USGS)が伝えた。地震発生時刻は日本時間2日3時19分。震源の深さは64キロだった。震源は釧路市から南西へ88キロの地点。地震の被害、津波の危険の有無に関する情報は、まだ届いていない。
3月2日、NHKは、北海道苫小牧市の郊外でNHKの記者の車が大雪のため動けなくなり、救助に向かった3人の1人が死亡したと伝えた。
3月2日、メキシコトラスカラ州ではマイクロバスが横転した事故が起こった。7人が死亡、11人が負傷。同州の保健省が発表した。
3月2日、インドネシアバンダ海でマグニチュード5.9の地震があった。米地質調査所(USGS)が伝えた。地震発生時刻は日本時間2日11時20分。震源の深さは136キロだった。震源はタニンバル諸島から北へ232キロの地点。この地震による津波の恐れはない。

3月3日、毎日10億円の仮想通貨が盗まれている。2018年の2ヶ月間ですでに22件の詐欺が確認され、およそ13億ドル(約1400億円)相当の仮想通貨が盗まれた。サイト「Bitcoin.com」が報じた。
3月3日、ソフトウェアプロジェクトのためのホスティングサービス「GitHub」は「過去最大」のサイバー攻撃の標的になった。サイト「Wired」が報じた。
3月3日、米首都ワシントンのホワイトハウス前で3日、男性が発砲し、自分を撃って死亡した。AFP通信が伝えた。

3月4日、資金洗浄に関わった疑いがあると電話して、地方検察庁の偽サイトに誘導して金を振り込ませる手口が1月下旬以降、東京で頻発。東京新聞が警視庁の調べを基に報じた。
3月4日、アイスランドでビットコインのマイニング(採掘)用の大量のサーバーやコンピューター部品(端末にして約600台分)が盗まれた。被害総額は200万ドル(約2億円)ほど。
3月4日、インドネシアのスラウェシ島沖でマグニチュード5.6の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。速報によると、地震があったのは日本時間で12時10分。震源地は、南緯0.72度、東経123.32度。
3月4日、キルギスで、マグニチュード4.9の地震が観測された。同国の非常事態省の報道担当が発表した。震源は、カザフの主要都市アルマアタの南西477キロ、北緯39度69分、東経73度62分の地点。震源の深さは10キロ。

3月5日、南クリル諸島の太平洋岸でマグニチュード5.4の地震が発生。米地質調査所が伝えた。震源はイトゥルプ島のクリリスク市から42キロの地点。震源の深さは107キロ。
3月5日、オーストラリアでメロンを食べた3人がリステリア菌に感染し、死亡した。時事通信が報じた。
3月5日、パプアニューギニアでマグニチュード5.7の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。震源は南緯6度31分東経142度59分で、震源地はラエ市から西に488キロの地点。
3月5日、米オクラホマ州でマグニチュード4.2の地震があった。米地質調査所が発表した。震源地は、オクラホマ市から114キロだった。震源の深さは5.7キロ。
3月5日、中国吉林省で、マグニチュード4.2の地震が発生した。中国地震学センター(CENC)が伝えた。震源は松原市付近で、震源の深さは10キロだった。
3月5日、米国で薬物注入執行担当者が死刑囚の静脈を見つけられず、死刑執行後も死刑囚は生き残った。英紙メトロが報じた。
3月5日、米修学旅行で事故死 中学生の両親が見舞金求め提訴。2016年に中学校の修学旅行先の米国で、当時3年生の息子が事故死したのに、災害共済給付制度に基づく死亡見舞金が支払われなかったのは不当として、制度を運用する独立行政法人「日本スポーツ振興センター(JSC)」に両親が2800万円の給付を求めて名古屋地裁に1月26日付で提訴していた。共同通信が伝えた。
3月5日、ブラジルのサンパウロで、ヴィラコッポス国際空港の貨物ターミナルに停止していた貨物機から500万ドルが強盗によって盗まれたと、同国の「Folha de S.Paulo」紙が伝えている。

3月6日、イタリアの中部でマグニチュード4.4の地震があった。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源はリミニから西南へ43キロの地点。震源の深さは10キロ。
3月6日、第90回アカデミー賞のアフターパーティーで主演女優賞に輝いたフランシス・マクドーマンドさんが受け取ったオスカー像が一時盗まれた。米ロサンゼルスの警察が容疑者を拘束した。複数のメディアが伝えた。
3月6日、シリアにあるフメイミム空軍基地に着陸する際にロシアの輸送機AN-26が墜落し、乗客33人と乗組員6人の計39人が死亡した。ロシア国防省が発表した。

3月7日、スリランカ政府は、全土で10日間の非常事態宣言を出した。中部キャンディ地方で起きたイスラム教徒と仏教徒の衝突を受けた措置。
3月7日、ウクライナ首都キエフのリソワー地下鉄駅で2つの手榴弾が爆発した。ロシアメディアが報じた。
3月7日、パプアニューギニアでマグニチュード6.6の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。震源地はインドネシアのジャヤプラ市から南東に459キロの地点。この後、マグニチュード5.6の余震があった。震源地はラエ市から西に227キロの地点。
3月7日、ロシア南部チェチェン共和国で情報機関所属の「ミル8」ヘリコプターが墜落したと、共和国治安機関の関係者が「スプートニク」に対し明らかにした。

3月8日、ベルギーの司法が「公衆の場で性差別」行為を犯罪と認める判決をはじめて下した。法の違反者には3000ユーロの罰金が科された。ニューヨークタイムズ紙が報じた。
3月8日、中国上海で2歳の男児が母親(47)のiPhoneにとんでもない長期のブロックをかけてしまう事件が起きた。サウスチャイナモーニングポスト紙が報じた。
3月8日、オーストリアの首都ウィーンで男が通行人を刃物で切りつけ、3人が重傷を負った。地元のHeute紙が伝えた。
3月8日、英国北部ノハートルプール市で川岸の砂が暴風雨に洗われたおかげで、砂深くに埋もれていた古代の樹木が現れた。ミラー紙が報じた。
3月8日、米アラバマ州バーミンガムのハフマーン高校(Huffman High School)では発砲事件があった。2人が負傷し、1人が死亡した。地元のAl.comニュースが伝えた。
3月8日、インドネシア西パプア州でマグニチュード5.4の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源はソロンから南へ284キロの地点。震源の深さは10キロ。
3月8日、米駆逐艦と商船の衝突原因公表。2017年夏にシンガポールの近くで米駆逐艦「ジョン・S・マケイン」と商船の間で起きた衝突は、米駆逐艦による「急激な方向転換」が原因で発生したと、シンガポール運輸安全局の最終報告書で述べられている。

3月9日-3月18日、平昌パラリンピック開催。
3月9日、仮想通貨取引所のコインチェックは8日記者会見し、多額の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、来週にも返金を開始すると発表した。時事通信が報じた。事件では顧客26万人が被害に遭い、580億円相当のネムが盗まれた。
3月9日、さいたま地裁では、埼玉県熊谷市で2015年9月、6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー国籍のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判の判決があった。さいたま地方裁判所は死刑を言い渡した。NHKが報じた。
3月9日、釣り人の男性を襲ったかのように見える、口が血に染まったサメの動画が、インターネット上でウイルスのように拡散した。ところが、ユーザーらは意外にもサメの側に立ち、男性は厳しい批判にさらされることになったと、英大衆紙「デイリー・スター」が伝えている。
3月9日、森友学園 国有地売却に関係の近畿財務局職員が死亡 自殺の疑い。学校法人森友学園に大阪府豊中市の国有地が格安で売却された問題で、学園側との交渉担当者だった近畿財務局の男性職員が自宅で死亡した。男性の自宅がある兵庫県の警察は自殺とみて調べを進めている。時事通信が報じた。
3月9日、国連の決定により、2011年から凍結されてきるリビアの元指導者、故カダフィ大佐の口座から100億ユーロ以上が忽然と消失。リビア・エクスプレスが報じた。

3月10日、宮崎と鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳で、10日午後にも活発な活動が見られた。日経新聞が報じた。

3月11日、ドイツ政府のサーバーがサイバー攻撃の被害に遭い、英国のEU離脱(Brexit)に関するEUと英国の議事録やEUとウクライナ、ベラルーシとの協議に関する文書が流出した。独誌シュピーゲルが報じた。
3月11日、マグニチュード5.6の地震が本日、南大西洋のセントヘレナ島沖で発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。震源は南緯1度54分西経15度30分の地点。震源地での揺れは「非常に強い」と評価されている。
3月11日、シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータで政府軍による空爆が続き、1031人が犠牲者になった。時事通信が在英NGOのシリア人権監視団の発表をもとに伝えた。
3月11日、カムチャツカ半島沿岸の太平洋でマグニチュード4.9の地震が発生した。ロシア科学アカデミー地球物理局カムチャッカ支部が発表した。「地震が地元時間日曜日昼に発生した。震源はカムチャツカ地方中心のウスチ・カムチャツク村から南方へ220キロの地点。震源の深さは58キロだった」と発表にはある。

3月12日、東太平洋にあるガラパゴス諸島ではマグニチュード5.2の地震があった。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源はイサベラ島から北西へ65キロの地点。震源の深さは10キロ。
3月12日、米ニューヨークでヘリコプターがイースト川に墜落した。Fox Newsが伝えた。少なくとも2人が死亡。
3月12日、ニューヨークで起きたヘリコプター墜落事故の死者数が増え、5人となった。フォックスニュースが報じた。
3月12日、バングラデシュ民間航空会社「USバングラ」の旅客機S2-AGUが国際カトマンズ空港付近で墜落した。カトマンズ・ポスト紙が同空港の発表を引用して報じた。
3月12日、USバングラ航空墜落事故 死者49人、負傷者23人に 機械の不具合が原因か
3月12日、米イリノイ州地方部で、ノーベル化学賞受賞者の根岸英一氏(82)と妻のすみれさん(80)が乗った車が交通事故を起こし、すみれさんは死亡したことが分かった。AFP通信が伝えた。

3月13日、青函トンネル開業30周年
3月13日、ロシア西シベリアのケメロヴォ州でマグニチュード3.5の地震が発生。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。震源は、北緯53度68分、東経80度0分の地点。
3月13日、クリル諸島北部のパラムシル島にあるエベコ火山が高さ2.7キロの噴煙柱を上げた。13日、カムチャッカ火山噴火反応グループ「KVERT」が発表した。
3月13日、米アラバマ州で高校生らを乗せたバスが高速道路から転落し、運転手が死亡、少なくとも12人が負傷した。地元のWKRGテレビが伝えた。

3月14日、サンクトペテルブルク市南部の住居で市ガスによる爆発が発生。内務省の同地区担当局が発表した。
3月14日、米フロリダ州パークランドの高校で2月14日に17人が死亡した銃乱射事件が起きた事件で、地元検察当局は13日、ニコラス・クルーズ(19)被告人に死刑を求刑する方針を示した。AFP通信が伝えた。
3月14日、モンゴル西部でマグニチュード5.4の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。震源地はモンゴルと中国の国域から140キロ。震源の深さは10キロ。
3月14日、フランスのルメール経済・財務相は、テレビ局RTLの番組で、グーグルとアップルを提訴する方針であることを明らかにした。フランスのソフトウェア開発会社をIT大手の不正行為から保護するためだという。
3月14日、米海軍の戦闘攻撃機F/A-18が墜落した。米メディアが米海軍スポークスマンの発表をもとに伝えた。
3月14日、エミレーツ航空の旅客機から乗務員が落下し、重症を負った。落下事故が起きたのはウガンダ中南部のエンテベ空港に着陸していた航空機。

3月15日、カザフスタンでマグニチュード3.4の地震があった。ロシア科学アカデミー地球物理学局アルタイ・ サヤン支部が伝えた。震源地は北緯49.02度、東経85.06度だった。
3月15日、マグニチュード3の地震が現地時間で1時23分、モンゴルで発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。震源地は北緯51度26分東経98度42分のロシア・モンゴル国境付近だった。なお地震のエネルギー・クラスは10.1。
3月15日、ロシア・サハ共和国の首都ヤクーツクで、飛行機が空港から離陸する際に貨物室の扉が外れ、滑走路に金属のインゴットが散乱した。飛行機には約10トンの金が積まれていたという。

3月16日、米フロリダ州マイアミ市にあるフロリダ国際大学のキャンパスの隣で歩道橋が崩壊し、多数の犠牲者が出た模様。現場では救助作業が行われている。犠牲者の正確な数は明らかにされていない。
3月16日、米フロリダ州出身の上議員ビル・ネルソン氏はマイアミ市で歩道橋が崩壊した事故で少なくとも6人~10人が死亡したと発表した。
3月16日、マイアミの歩道橋が倒壊した事故で死者数が4人に達した。ロイター通信が地元政府の発表を引用して報じた。
3月16日、米国の軍用ヘリコプターがイラク西部で墜落した。乗組員7人が機上にいた。米CNNが伝えた。
3月16日、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐の服毒事件で使われた物質はスクリパリ氏の娘のスーツケースにあったことが明らかになった。
3月16日、サイバーセキュリティ会社「ファイア・アイ」は、中国政府との関係が疑われる中国のハッカーらが、南シナ海での対立に関係する米企業へ攻撃を始めたと明らかにした。

3月17日、ジョージア(グルジア)のスキーリゾート、グダウリで全リフトが暴走し、下部折返し地点で猛スピードで回転して乗客を吹き飛ばしながら前のリフトにぶつかり続けた。スプートニクグルジア語が報じた。
3月17日、内部告発サイト「ウィキリークス」の情報提供者チェルシー・マニング氏を米政府に引渡したハッカーであるエイドリアン・ラモ氏が37歳で亡くなった。

3月18日、米スミソニアン国立自然史博物館などの人類学チームが、32万年前に東アフリカに住んでいた人びとが前期旧石器時代には典型的ではない着色顔料や複雑な道具を用いていたことを発見。
3月18日、神経剤「ノビチョク」(新入り)を生み出したビル:ミルザヤノフ氏はBBCロシアのインタビューに対し、その解毒剤や英国でノビチョクを用いた暗殺未遂の被害を受けたロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんを助けるチャンスについて語った。
3月18日、トランプ米大統領の個人弁護士マイケル・コーエン氏は、ポルノ女優のステファニー・クリフォード(芸名:ストーミー・ダニエルズ)さんが守秘義務に違反して不倫関係について公言したとして提訴した。ワシントン・ポスト紙が報じた。
3月18日、誤って死亡証明されたルーマニア出身の男性が、生存していることを裁判で証明できなかった。AP通信が報じた。
3月18日、「毒蛇使いの達人」や「蛇を操ることができる男」として知られてきたマレーシアの消防士、アブザリン・フシンさん(33)がコブラにかまれて死亡したことがわかった。時事通信がマレーシアのメディアの報道をもとに伝えた。

3月19日、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐と娘のユリアさんが英国で毒物による襲撃を受けた事件で、両氏は乗っていた自動車BMWの換気システムを通して毒を盛られた可能性がある。テレビ局ABCNewsが、英国における調査の進捗状況に通じている3人の消息筋の話を引用して報じた。
3月19日、シルク・ドゥ・ソレイユの経験豊富な曲芸士が米フロリダのタンパでの公演中に亡くなった。ロイターが18日に報じた。
3月19日、クリル諸島の付近、太平洋でマグニチュード5.6の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。震源はウループ島から75キロの地点。震源の深さは85キロ。
3月19日、米南西部テキサス州オースティンで爆発が起き、少なくとも2人が重傷を負った。ABCニューステレビが18日に報じた。
3月19日、米アイダホの学校で、教師がカミツキガメに致命的な病気の子犬を食べさせるという生物の追加授業が行われた。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。また、子犬を食べたカメは薬殺された。
3月19日、クリル諸島の幌筵島にあるエベコ火山(1156メートル)が、火山灰の柱を最大で海抜2キロの高さまで噴出させたと、カムチャツカの火山学者らが明らかにした。
3月19日、ウーバー社の自動運転車が米アリゾナ州で女性1人を撥ねて死亡させた。ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。

3月20日、日本を訪問中のロシアのラブロフ外相が滞在する東京都千代田区のホテル周辺で極右活動家らが抗議を行い、南クリル諸島の返還を求めた。
3月20日、絶滅の危機に直面するキタシロサイの最後の雄「スーダン」が死んだ。45歳だった。スーダンが飼育されていたケニアのオルペジェタ自然保護区がツイッターで伝えた。
3月20日、米メリーランド州の学校で発砲があった。テレビ局NBCの地方支部が報じた。
3月20日、米メリーランド州にある学校で発砲したのは、この学校の生徒で、学校の警備員との銃撃戦ののち病院に搬送されたと、セントメリー郡のティム・キャメロン保安官が明らかにした。
3月20日、フランスで農耕地の鳥の減少に関する報告書が発表された。フランス国立科学研究センターと国立自然史博物館の学者らが2つの研究を並行して行い、「過去17年間で農業地帯の鳥の数が3分の1に減少した」という一つの同じ結論に達した。

3月21日、海の怪物の死体が米ジョージア州の海岸に打ち上げられたと、デイリー・メール紙が伝えている。この奇妙な生き物は、海洋自然公園をクルーズ中に観光客の一人によって動画に撮影された。

3月22日、静岡県沼津市は、大沼明穂市長(58)が市内の自宅で倒れ、病院に運ばれたが死亡したと発表した。死因は小脳出血。
3月22日、イラン南方でマグニチュード5.0の地震があった。米地質調査所(USGS)が伝えた。揺れは日本時間22日5時41分に観測。震源はバンダレ・アッバースから北東へ52キロ。震源の深さは10キロ。
3月22日、中国の甘粛省で、男性が携帯電話のバッテリーを交換しようとした時、男性の顔からわずか数センチの距離で電話が爆発した。その様子を収めた動画がサイトPear Videoで公開された。
3月22日、タイ北東部で二階建てバスがトラックと衝突した。19人が死亡、少なくとも35人が負傷。地元のBangkok Post紙が警察の話として伝えた。
3月22日、日本では仮想通貨を狙った不正アクセスによる被害総額が、昨年1年間で約6億6240万円に上ることがわかった。日本の警視庁が発表した。

3月23日、パリで新たな労働改革に反対する労働組合によるストライキが行われている。これは、マクロン大統領就任後、初の大規模デモとなる。スプートニクフランスが報じた。
3月23日、ベトナムのホーチミン南部にある20階建ての住宅で22日夜、火災が起こった。すくなくとも13人が死亡、14人が負傷。複数メディアが伝えた。
3月23日、警察当局が、フランス南部トレブにあるスーパー「Super U」で発砲があったと明らかにした。警察が特別作戦を行っている。
3月23日、オーストラリア南西部ハメリン湾の海岸にゴンドウクジラ150頭が打ち上げられた。地元のマスコミが報じた。
3月23日、フランス南部トレブで男が人質を取り立てこもっていたスーパー「Super U」に警察が突入し、男を殺害した。フランスのBFMTVが報じた。
3月23日、フランスのパリで、高齢者のユダヤ人女性が刺殺され、遺体に火をつけられる事件があった。殺害の容疑で男2人が拘束された。消息筋によると、反ユダヤの犯罪と見られる。AFP通信が伝えた。

3月24日〜4月6日、2016年に制御不能となった中国の宇宙ステーション天宮1号が、緯度+-38度圏内のどこかに大気圏突入による墜落の恐れ。ただし、突入中の摩擦で、地上におちる前に消滅するであろうことが想定されている。

3月25日、長野県の八ヶ岳連峰で登山者7人が滑落した。4人は搬送先の病院で手当てを受けているが、3人が心肺停止の状態だという。
3月25日、韓国の南西部沖で163人が乗った客船が座礁した。現場には救助活動のため沿岸警備隊の小型舟艇と民間船数隻が派遣された。
3月25日、ロシアのケメロヴォにあるショッピングセンター「ジームナヤ・ヴィーシニャ」で火災があり、37人が死亡した。地域の救急対応当局の消息筋が、通信社スプートニクに伝えた。
3月25日、ロシア・ケメロヴォのショッピングセンターで25日に発生した火災では56人(子供9人を含む)が死亡、45人が負傷、16人が行方不明となっている。警察が発表した。

3月26日、サウジアラビア空軍が、リヤド市上空でミサイルを迎撃した。テレビ局アル=アラビーヤが伝えた。
3月26日、ロシア・シベリアのケメロヴォにある大型商業施設「ジームニャヤ・ヴィーシニャ(冬の桜)」で起きた火災による死者数は64人に増えた。プチコフ非常事態相が発表した。
3月26日、パプアニューギニアでマグニチュード6.5の地震があった。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局アルタイ・サヤン支部が発表した。パプアニューギニア北部キンベから東へ151キロの地点で揺れが発生した。震源の深さは10キロ。
3月26日、日本の安倍首相が、ロシア・ケメロヴォ州のショッピングセンターで発生した火災を受け、ロシアのプーチン大統領に哀悼の意を伝えるメッセージを送った。

3月27日、コマンドルスキー諸島の付近、太平洋でマグニチュード4.8の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁カムチャツカ支部が発表した。震源の深さは53キロ。震源は二コリスコエ村から225キロ。
3月27日、ロシア・ケメロヴォ州のショッピングセンターで64人が死亡した火災が発生したことを受け、プーチン大統領は26日朝早、ケメロヴォに到着し、ショッピングセンターの前に献花した。スプートニクが伝えた。
3月27日、ロシア・ケメロヴォ州で、発火に関する警報を受け取った際に通知システムのスイッチを切ったショッピングセンター「ジームニャヤ・ヴィーシニャ」の警備員が拘束されたと、捜査委員会のスヴェトラーナ・ペトレンコ報道官が明らかにした。
3月27日、米連邦捜査局(FBI)が、ワシントンの軍事施設に届けられたいくつかの不審な袋を検査していると、治安機関職員の話としてCNNが伝えている。
3月27日、ロシアのプーチン大統領が、ケメロヴォのショッピングセンターでの火災で負傷した人々を訪問した。
3月27日、ロシアのプーチン大統領が3月28日を、ケメロヴォでの悲劇に関連した全ロシアの服喪の日と宣言する大統領令に署名したと、クレムリンの報道部が発表した。
3月27日、夕方、ドモジェドボ空港で、ノボシビルスクに向け飛び立つことになっていた、航空会社「グローブス」のボーイング737型機が滑走していた時、滑走路上で同機から煙が発生し始めた。

3月28日、南太平洋にあるパプアニューギニアでマグニチュード5.1の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源はカンドリアンから185キロ、深さは25キロ。
3月28日、米メリーランド州の学校で発砲した少年(17)は自殺していたと、「Baltimore Sun」紙が伝えている。
3月28日、ロシアのケメロヴォで発生した火災の犠牲者を悼み、在日本ロシア大使館及び領事館で半旗が掲げられた。「ケメロヴォ。私たちはみなさんと共にある」―世界中の人々が、花やぬいぐるみなどを供えるためにロシアの在外公館を訪れている。

3月29日、ルーマニアのチェルナヴォダにある原発で、第2原子炉の接続が全国のエネルギーシステムから切断される事故が発生した。

3月30日、ルーマニアの国家原子力管理委員会(CNCAN)は国際原子力機関(IAEA)に、チェルナヴォダにある原発で起きた事故による同国の空間放射線量の変化はなかったと報告した。
3月30日、南太平洋にあるパプアニューギニアの南部海岸でマグニチュード7.2の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源はココポから156キロ、深さは10キロ。
3月30日、太平洋津波警報センターがパプアニューギニアでのマグニチュード7.2の地震発生後、同国沿岸部に津波警報を発令。パプアニューギニアの沿岸部で高さ1メートル、ソロモン諸島の沿岸部で高さ0.3メートルの波が予測
3月30日、日本福島県と茨城県でマグニチュード5.5の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学庁アルタイ・サヤンスキ支部が発表した。ロシア科学アカデミーによると、震源の深さは10キロ。NHKが震源地は茨城県北部で震源の深さは60キロだと発表した。
3月30日、北海道倶知安町の「ニセコグラン・ヒラフ」というスキー場では白浜里織さん(10)がコース外でがうつぶせで倒れている事故があった。産経新聞が伝えた。
3月30日、クリル諸島北部のパラムシル島にあるエベコ火山が高さ2.7キロの噴煙柱を上げた。30日、カムチャッカ火山噴火反応グループ「KVERT」が発表した。
3月30日、英ロンドン・ガトウィック空港の職員がロシア航空の飛行機に足をひかれた。イブニング・スタンダードが報じた。
3月30日、国際原子力機関(IAEA)と欧州宇宙機関(ESA)は、数日後に大気圏突入する中国の宇宙実験室「天宮1号」の破片が地上に落下しても放射能による健康被害のおそれはないと発表した。オーストリアメディアが報じた。
3月30日、カザフスタン・セメイにあるエルティシ川を覆う氷を爆破した結果、川沿いに位置するマンションの一部の部屋の窓が爆風により吹き飛んだ。


4月、瀬戸大橋開通30周年

4月1日、英プレミアリーグやチャンピオンシップに出場するサッカー選手らが禁止された嗅ぎタバコ(スヌース)を用いている。英紙デイリー・メールが報じた。
4月1日、64人の死者を出した火災が発生したロシア・ケメロヴォ州のアマン・トゥレエフ知事が、自分の意思で早期辞任する。地元当局が、通信社スプートニクに伝えた。
4月1日、米国保健機関の新たな統計データによると、米国ではオピエートの人気が急速に高まり続けており、2016年のオピエートによる死者数は30%増加した。LiveScienceが伝えた。

4月2日、ロシア初の郵便ドローン、離陸後まもなく墜落。郵便物をドローンで運ぶロシア初の試みが、失敗に終わった。「ロシア郵便」のドローンは、離陸後まもなく墜落した。
4月2日、南米にあるボリビア南部でマグニチュード6.8の地震が発生した。米国地質調査所(USGS)が発表した。震源はカランダイティの北東10キロ。震源の深さは557キロである。
4月2日、アルメニアの首都エレバンの中心部で爆発があった。ロシア人の子供3人とアルメニア人の子供2人を含む8人が負傷。スプートニクが伝えた。

4月3日、中央アメリカの中部にあるエルサルバドルでマグニチュード5.9の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が伝えた。震源はウスルタンから南西へ53キロ。震源の深さは49キロ。

4月4日、ユーチューブオフィスでの発砲、メディアが犯人名を報道。カリフォルニアにあるユーチューブ本部で発砲したのはナシム・アグダムという名前の地元住民だと、警察筋の話としてABCテレビが伝えている。
4月4日、モスクワ東部にある子ども用品専門のショッピングセンター「ペルセウス」で火災があり、客の避難が行われている。負傷者も出ている模様。モスクワの救急業務担当局の関係者が、通信社スプートニクに伝えた。
4月4日、菅官房長官は記者会見で、日本の主要な省庁の職員の電子メールのアドレスや非閲覧サイトへアクセスするためのパスワードがインターネット上に流出していた事実を明らかにした。

4月5日、明石海峡大橋開業20周年
4月5日、トルコ西部エスキシェヒル市にあるオスマンガジ大学で銃の乱射事件が発生。少なくとも4人が犠牲となった。NTVテレビが報じた。
4月5日、スウェーデン人の女性記者キム・ウォールさんを昨年8月11日、潜水艦で殺害したとして起訴された発明家のピーター・マッセン被告の裁判が、デンマーク首都コペンハーゲンで大詰めを迎えている。
4月5日、捜索隊は、韓国で墜落した戦闘機「F―15K」の操縦士2人のうち1人の遺体を発見した。捜索は翌日再開される。もう1人も亡くなったと見られる。韓国の聯合ニュースが韓国空軍の情報として伝えた。