西暦251年〜300年

251年:辛未
魏/魏の武将であり、西晋の建国者、司馬懿が死去。
呉/元号を太元に改元。
ローマ/ 6月 。ローマ皇帝トレボニアヌスが即位。
7月1日。アブリットゥスの戦いで、ローマ皇帝デキウスがゴート軍に殺害される。
252年:壬申
呉/ 元号を神鳳に改元。 後漢末の英雄。呉の初代皇帝、孫権中謀が死去。 元号を建興に改元。
253年:癸酉
ローマ/ 8月。ローマ皇帝トレボニアヌスが死去。 ウァレリアヌス、息子のガリエヌスとともにローマ皇帝に即位。 ローマ領である英国で初めて硬貨を鋳造。
254年:甲戌
魏/ 元号を正元に改元。
255年:乙亥
毌丘倹の乱。 後の七十人主唱者会の使徒タイヤのドロテウスが生まれる。
256年:丙子
段谷の戦い(だんこくのたたかい)がおこる。(中国三国時代に行われた蜀と魏の戦い)
魏/ 元号を甘露に改元。
呉/ 元号を太平に改元。
257年:丁丑
第16代天皇、仁徳天皇が生まれる。
サーサーン朝がユーフラテス川南岸のローマ帝国の要塞都市ドゥラ・エウロポスを征服。
258年:戊寅
魏/ 魏の政治家であり武将、諸葛誕が死去。
呉/ 元号を永安に改元。 呉の皇族、孫林が死去。(林=糸+林)
蜀/ 蜀の政治家、陳祗が死去。
ローマ/ 8月6日。第24代ローマ教皇シクストゥス2世が死去。
260年:庚辰
魏/ 魏の皇帝曹髦がクーデタに失敗して殺害され、司馬昭が擁立した曹奐が皇帝(元帝)となる。 元号を景元に改元。
ペルシア、ローマ/ ササン朝のシャープール1世が、エデッサの戦いでローマ帝国のウァレリアヌス帝を捕らえる。
ガリア、ヒスパニア、ブリタンニア、ゲルマニア/ ローマの属州ガリア、ヒスパニア、ブリタンニア、ゲルマニアが独立。
ポストゥムスを皇帝として掲げガリア帝国となる
261年:辛巳
鮮卑索頭部の拓跋力微が魏に入貢する。 ウァレリアヌス帝の共同皇帝だった息子のガッリエヌスが単独皇帝となり、キリスト教寛容令を発布。
262年:壬午
新羅/味鄒王が即位。
263年:癸未
魏/ 魏が蜀を滅ぼす。魏の司馬昭が晋公となる。
蜀/滅亡。
264年:甲申
魏/ 魏の司馬昭が晋王となる。 元号を咸熙に改元。
呉/ 元号を元興に改元。
265年:乙酉
魏の元帝の禅譲を受け、司馬炎が西晋の初代皇帝(武帝)となる( - 316年)。
魏国が滅亡する。
西晋/ 元号を泰始に定める。 呉/ 元号を甘露に改元。
266年:丙戌
呉/ 元号を宝鼎に改元。
大和/ 倭の女王、壱与が晋に朝貢する(『日本書紀』の神功紀66条に引く晋起居注。晋書武帝紀、西晋の泰始二年)。 シリア/ パルミュラの実権をゼノビア女王が掌握する。
268年:戊子
西晋/ 晋が泰始律令を公布する。これは、体系的な統一法典としての最初の律令。
ローマ/ ローマ皇帝ガリエヌスが死去。 クラウディウス・ゴティクス、ローマ皇帝に即位
12月26日。ローマ教皇ディオニュシウスが死去。
ガリア/ ガリア帝国皇帝ポストゥムスが死去。
269年:己丑
ローマ/ ナイススの戦いでクラウディウス・ゴティクス帝がゴート人に勝利しバルカン半島を制圧。 ウァレンティアヌス=聖バレンタイン司教がローマ皇帝クラウディウス・ゴティクスの迫害を受けて処刑される。
呉/ 元号を建衡に改元。
応神天皇元年(270年):庚寅
大和/ 応神天皇即位。神功皇后の三韓征伐の帰途に生まれたとされる。203年に皇太子となり、270年に即位した。110歳で崩御したという。 後世、神功皇后と供に八幡神に付会され、皇祖神や武神として各地の八幡宮に祭られる。 都は軽島豊明宮(かるしまのとよあきらのみや、現在の奈良県橿原市大軽町か)。古事記には、軽島之明宮と見える。 日本書紀によると、難波にも大隅宮(おおすみのみや。現在の大阪市東淀川区大桐、一説に同市住吉区)が置かれたという。位置付けとしては副都という解釈か。
ローマ/ 1月。軍人皇帝時代のローマ皇帝クラウディウス・ゴティクスが死去。 クィンティルスがローマ皇帝として即位、そして殺害される(在位は17日から177日の間、詳細は不明) 9月9日。アウレリアヌス、ローマ皇帝に即位 哲学者プロティノスが即位。
高句麗/ 中川王が死去。西川王が即位。
271年:辛卯
ローマ/ アウレリアヌス、パルミュラ王国に出兵、女王ゼノビアを降伏させる。 サーサーン朝のシャープール1世がジュンディーシャープールに医学教育のための学院を設置。 ローマ皇帝アウレリアヌスが「アウレリアヌスの城壁」を建設( - 275年)。
272年:壬辰
ローマ/ アウレリアヌス帝がパルミュラを滅ぼす。 2月27日。後のローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世が生まれる。
パルミュラ/ 滅亡する。
ペルシア/ ホルミズド1世が、サーサーン朝第3代皇帝に即位。
呉/ 元号を鳳凰に改元。
273年:癸巳
ローマ/ アウレリアヌス、ガリア帝国に出兵、皇帝テトリクスを降伏させる。 マニが刑死。
ペルシア/ バハラーム1世が、サーサーン朝第4代皇帝に即位。
エジプト/ コプト暦紀元前11年と定められる。
274年:甲午
アウレリアヌス帝が凱旋式で元老院から「帝国の再建者」の称号を授与される。 この年までにアウレリアヌス帝はパルミラ王国(273年)、ガリア帝国(274年)を平定しローマ帝国の再統一を達成。 同年アウレリアヌス帝はローマに「不敗太陽神(ソル・インヴィクトゥス)」の神殿を建立する。 五胡十六国時代の後趙の創建者、石勒が生まれる。
275年:乙未
ローマ/ 「3世紀の危機」と言われる時期に入る。 9月。サーサーン朝遠征途上において、ローマ皇帝アウレリアヌスが死去。 9月25日。タキトゥスが即位。
西晋/ 元号を咸寧に改元。
呉/ 元号を天冊に改元。
276年:丙申
ローマ/ 6月。ローマ皇帝タキトゥスが死去。 6月。マルクス・アウレリウス・プロブスが即位。
呉/ 元号を天璽に改元。
277年:丁酉
呉/ 元号を天紀に改元。
280年:己亥
西晋/ 晋が呉を滅ぼし中国を統一する。 元号を太康に定める。 西晋国にて陳寿が、60年の歳月をかけて『三国志』を完成させる。 この内容のうち、三国志魏書を『魏志』といい、その東夷伝倭人の条は『魏志倭人伝』という。 占田課田法を制定。
282年:壬寅
ローマ/ 9月。ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・プロブスがが死去。
9月。マルクス・アウレリウス・カルスが即位。
283年:癸卯
西晋/ 三国時代の魏および西晋の文人「竹林の七賢」のひとり、山濤が死去。
ローマ/ ローマ皇帝マルクス・アウレリウス・カルスが死去。
284年:甲辰
ローマ/ ディオクレティアヌスがローマ皇帝に即位。 ローマ帝国がドミナートゥス制へと改革。 専制君主制を導入する ローマ帝国の属州ガリアでバガウダエの反乱が起こる。
西晋/ 三国時代の魏、西晋時代の政治家・武将・学者、杜預(どよ)が死去。
新羅/ 味鄒王が死去。儒礼王が即位。
286年:丙午
ローマ/ 3月1日。マクシミアヌスが西ローマ帝国正帝に即位。
百済/ 古尓王が死去。責稽王が即位。
289年:己酉
慕容が西晋に服従。
290年:庚戌
西晋/ 4月。西晋の初代皇帝、司馬炎(武帝)が死去。 元号を永熙に改元。
291年:辛亥
西晋/ 元号を永平に改元。 元号を元康に改元。
晋で八王の乱が起こる(- 306年)。 初代皇帝である武帝の死後、彼の息子である恵帝(司馬衷)が即位。 恵帝は暗愚な帝王であり、政治は楊駿ら武帝の皇后楊氏の一族が牛耳ることになる。 恵帝の皇后である賈氏は、楊氏を朝廷から追放し、自らが実権を握るべく画策をはじめる。 3月。楊駿が殺害される。賈氏は、巨大な武力を有していた恵帝の弟である楚王司馬カンと協力し、洛陽の楊氏を皆殺しにした。 6月。汝南王(司馬亮)が自殺。 楊氏を朝廷から追放した賈氏は、政権を恵帝の大叔父である汝南王司馬亮に託すが、司馬亮は賈氏の思惑通り政権を運営することができなかった。 失望した賈氏は、恵帝の密勅により司馬カンに司馬亮を攻撃させ、追いつめられた司馬亮は自殺をする。 その一方で、司馬カンを司馬亮殺害の罪で殺害させ、自らの地位を安定させていった。 ※ 恵帝には、他の夫人との間に皇太子司馬テイがいた。賈氏は、司馬テイの才能に危機感を抱いていた。(テイ=しんにょう+橘-木) 事実、武帝は恵帝が暗愚であることを危惧していたが、孫の司馬テイの才能を認め、恵帝の皇位継承を認めたほどであった。 賈氏は、一向に男子に恵まれない恵帝との仲をあきらめ、洛陽の美少年をさらってきては夜の相手を務めさせ、用がすめば殺してゆくようになる。
292年:壬子
ローマ/ ディオクレティアヌス帝がローマ帝国の四分統治(テトラルキア)を始める
高句麗/ 西川王が死去。烽上王が即位。
グアテマラのティカルの記念碑29号に暦日が記録される。この時期よりマヤ古典期が始まる。
293年:癸丑
ローマ/ この年まで、ローマ皇帝マルクス・アウレリアス・カエアウシウスが英国を治めていた。 アレクトゥス帝が即位。 ディオクレティアヌスがローマ帝国のテトラルキア(四分割統治)を始める。
クシャーナ朝バハラーム2世が死去。 以降は完全にサーサーン朝の属国となり、「クシャーン・シャー」(クシャーナ王)と称するサーサーン朝の王族によって統治される。 後世において、この時代をクシャーノ・サーサーン朝(クシャノササン朝)と定義される。
294年:甲寅
高句麗/ 鮮卑の慕容カイ、高句麗の大棘城を占拠。
295年:乙卯
ローマ/ ローマ皇帝ディオクレティアヌスが、ディオクレティアヌス浴場を造る。 在位20年と凱旋式挙行を記念してローマ市民に贈った大衆浴場で、紀元295年に着工し、305年に完成。 アタナシオスが生まれる。 後に現行新約聖書の27文書を正典に選択し、 これを「霊感による書」あるいは「まことの書」として、 その他の諸文書を「アポクリファ」と名づけこれを 「異端の虚構」、「汚れなき者を欺くもの」とした。
296年:丙辰
ローマ/ ディオクレティアヌス帝のもと、 帝国全土で占星術が全面禁止。 占星術師は全員ローマ追放、廃業しない場合は処刑。 この事がきっかけで魔女狩りの伏線となる。
ブリタニア/ ※ ブリタニア帝国(英国)で使われていた銅貨が発見される。 当時はアレクトゥス帝が治めていた。
297年:丁巳
西晋/ 蜀漢・西晋の官僚、『三国志』の著者、陳寿が死去。
298年:戊午
新羅/ 儒礼王が死去。基臨王が即位。
百済/ 責稽王が死去。汾西王が即位。
300年:庚申
西晋/ 元号を永康に改元。 晋で八王の乱が起こる。 3月。皇太子を廃された司馬テイは、賈氏によって殺害されてしまう。 4月。賈南風が殺害される。 恵帝の大叔父(司馬亮の弟)である趙王(司馬倫)は、恵帝の従弟にあたる斉王(司馬冏(けい))と協力し、恵帝の詔勅を偽造し、決起する。皇太子殺害の罪を問われた賈氏は、一族とともに殺された。 8月。淮南王(司馬允)が殺害される。 趙王(司馬倫)に警戒され、反発した淮南王(司馬允)が兵を挙げるが敗れた。 趙イン/ 西晋から趙インが独立。 元号を太平に定める。
高句麗/ 烽上王が死去。美川王が即位。
オセアニア/ マルキーズ諸島のホト・マトアがイースター島(ラパヌイ)に到達。 マルキーズ諸島のヒロがハワイ島に到達。 ローマ皇帝ディオクレティアヌスにより「カピタティオ(土地税)」「ユガティオ(人頭税)」の再編がなされる。 日本/銅鐸・武器系祭器による祭祀が終わる。北部九州の甕棺墓も衰退する。西日本各地に、特殊な壺形土器、器台形土器を供献した墳丘墓(首長墓)が現れる。