西暦351年〜400年

351年:辛亥
前秦/ 前秦が東晋から独立して建国 元号を皇始に定める。 後の五胡十六国時代の西涼の始祖、李鉑が生まれる。
後趙/ 五胡十六国時代の後趙の第7代(最後)の皇帝、石祗が死去。 後趙が滅亡する。
352年:壬子
前燕/ 前燕が冉魏を滅ぼす。 元号を元璽に定める。
冉魏/ 五胡十六国時代の冉魏の始祖、冉閔が死去。 冉魏が滅亡する。
ローマ/ 4月12日。第35代目ローマ教皇ユリウス1世が死去。
353年:癸丑
前涼/ 五胡十六国時代の前涼の第5代君主、張重華が死去。 五胡十六国時代の前涼の第6代君主、張耀霊が死去。 東晋の書家王羲之が曲水の宴を蘭亭で催し『蘭亭序』を書く。
ローマ/ コンスタンティウス2世がローマを再統一する。
354年:甲寅
前涼/ 内紛が起こる。前涼の第7代君主、張祚が離反して、元号を和平と定める。
ローマ/ 11月13日。古代キリスト教の神学者アウグスティヌスが死去。
355年:乙卯
後燕/ 五胡十六国時代の後燕の第2代皇帝、慕容宝が生まれる。
前涼/ 五胡十六国時代の前涼の第7代君主、張祚が死去。 元号は、第6代君主代のものを継続。
前秦/ 五胡十六国時代の前秦の初代皇帝、苻健が死去。 元号を寿光に改元。
356年:丙辰
新羅/ 朝鮮半島で秦の始皇帝の労役から逃亡してきた秦人達を中心に辰韓が統一され、多民族を纏め新羅が建国される。 訖解王が死去、奈勿王が即位。
357年:丁巳
高句麗/ 前燕が中原に進出する。これにより高句麗が再起する。
東晋/ 元号を升平に改元。
前燕/ 元号を光寿に改元。
前秦/ 元号を永興に改元。
359年:己未
前秦/ 元号を甘露に改元。
東晋/ 後に東晋で活躍する北インド出身の訳経僧、仏駄跋陀羅が生まれる。
前燕/ 後の五胡十六国時代の西燕の第2代皇帝、慕容沖が生まれる。
匈奴/ 中国五胡十六国時代の匈奴鉄弗部の部族長、劉悉勿祈が死去。
ローマ/ 4月18日か5月23日。後のローマ皇帝グラティアヌスが生まれる。
360年:庚申
前燕/ 五胡十六国時代の前燕の第3代皇帝、慕容儁が死去。 元号を建熙に改元。
ローマ/ コンスタンティヌス1世がコンスタンティノポリスに聖ソフィア大聖堂を建立。 「背教者」ユリアヌス、ローマ皇帝に即位(在位:360年 - 363年)。
ゴート/ 後の西ゴート族の王 アラリック1世が生まれる。 アルメニア/ アルメニア文字の考案者、聖人メスロプ・マシュトツが生まれる。
361年:辛酉
東晋/ 東晋の第5代皇帝、穆帝が死去。
成漢/ 五胡十六国時代の成漢の第7代皇帝・後主、 李勢が死去。
ローマ/ 11月3日。ローマ皇帝コンスタンティウス2世が死去。
362年:壬戌
東晋/ 元号を隆和に改元。 後の東晋の第9代皇帝、孝武帝が生まれる。
363年:癸亥
東晋/ 元号を興寧に改元。 東晋で桓温による「庚戌土断」が行われる。 後の中国南北朝時代の宋(劉宋)の初代皇帝、劉裕が生まれる。
前涼/ 五胡十六国時代の前涼の第8代君主、張玄ケンが死去。
ローマ/ 6月26日。ローマ皇帝「背教者」フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌスがペルシア遠征中に死去。コンスタンティヌス朝の断絶 後継の皇帝ヨウィアヌスはニシビスとシンガラをペルシアのシャープール2世に割譲し退却。 ニシビスのキリスト教徒(シリアのエフレムほか)とその学院はエデッサに逃れる。
364年:甲子
東晋/ 東晋の皇族、政治家、司馬道子が生まれる。 南北朝時代の宋の政治家、徐羨之が生まれる。
ローマ/ 2月17日。ローマ皇帝ヨウィアヌスが死去。
365年:乙丑
前秦/ 元号を建元に改元。
東晋/ 東晋の第6代皇帝、哀帝が死去。 東晋末から宋にかけて活躍した詩人、陶淵明が生まれる。
北魏/ 北魏の道士、寇謙之が生まれる。
ローマ/ スティリコ、西ローマ帝国の軍人
ギリシャ、アレクサンドリア、パレスティナ/ 7月21日。クレタ島沖でマグニチュード8クラスの地震発生(英語版の記事)。ギリシャ沿岸、アレクサンドリア、パレスティナに津波が襲来し、甚大な被害を生じた。
インド/ サムドラグプタがヒンドゥー教(バラモン教)の大供犠であるアシュヴァメーダ(馬祠祭)を行う。
366年:丙寅
大和/ 斯摩宿禰を卓淳国(現在の大韓民国慶尚南道昌原市)に派遣(『日本書紀』)
東晋/ 元号を太和に改元。 東晋の僧、支遁が死去。
後秦/ 五胡十六国時代の後秦の第2代皇帝、姚興が生まれる。
ウイグル/ 前秦支配下の敦煌鳴沙山の断崖に僧楽僔が石窟を掘る(敦煌莫高窟の始まり)。
ローマ/ 9月24日。第36代目ローマ教皇リベリウスが死去。 ローマ帝国の東方の皇帝簒奪者プロコピウスが死去。
367年:丁卯
アレクサンドリア司教アタナシオスが『新約聖書』を現行27文書に限定することを通達(復活祭書簡)。 『新約聖書』から除かれた文書が外典とされ、この時期に『ナグ・ハマディ文書』も隠匿。
368年:戊辰
北涼/ 五胡十六国時代の北涼の実質的建国者、沮渠蒙遜が生まれる。
369年:己巳
大和/ 百済と結んで新羅と戦い、任那の支配に成功(『日本書紀』の所伝)、倭国の北限とする。
百済/ 七支刀が制作される。(石上神宮)
東晋/ 中国東晋の軍人・政治家、桓玄が生まれる。
ローマ/ 第287回オリンピック。記録に残る最後のオリンピック。
370年:庚午
東晋/ 内紛が起こる。李金銀が離反し、元号を鳳凰と定める。 南北朝時代の思想家・数学者・天文学者、何承天が生まれる。
前秦/ 前秦が前燕を滅ぼし華北を統一。
前燕/ 滅亡する。
エジプト/ エジプトの哲学者・数学者・天文学者、ヒュパティアが生まれる。
371年:辛未
東晋/ 元号を咸安に改元。
前秦/ 北魏の始祖・拓跋珪、道武帝が生まれる。
百済/ 百済の近肖古王が高句麗と戦って故国原王を戦死させる。
高句麗/ 第16代の王、故国原王が死去。小獣林王が即位。
ローマ/ ローマ皇帝ウァレンティニアヌス2世が生まれる。
372年:壬申
東晋/ 東晋末・劉宋代の政治家・歴史家、裴松之が生まれる。 東晋の第8代皇帝、簡文帝が死去。
高句麗/ 高句麗に仏教が伝わる。
百済/ 百済の王が倭王に七支刀を贈る。(石上神宮)
373年:癸酉
東晋/ 元号を寧康に改元。 東晋の政治家・軍人、桓温が死去。
前秦/ 五胡十六国時代の後燕の第4代皇帝、慕容麟が生まれる。 五胡十六国時代の後燕の第5代皇帝、慕容盛が生まれる。
シリア/ キリスト教修道僧エフレム死去。
ローマ/ 5月2日。キリスト教の神学者アタナシオスが死去。
374年:甲戌
前秦/ 内紛が起こる。張育が離反し、元号を黒龍と定める。
東晋/ 後の東晋・宋の政治家、傅亮が生まれる。
高句麗/ 後の第19代王、広開土王が生まれる。
375年:乙亥
前秦/ 前秦の宰相、王猛が死去。
百済/ 第13代王、近肖古王が死去。近仇首王が即位。
中央ヨーロッパ/ フン族がドナウ川を突破。 フン族が黒海北岸にいた東ゴート族を圧迫し服属させる。ゲルマン人の一派・西ゴート族が移動を開始。 以後約200年にわたる、ゲルマン民族の大移動がはじまる。
ローマ/ 11月17日。ローマ皇帝ウァレンティニアヌス1世が死去。 ウァレンティニアヌス2世、ローマ皇帝に即位。
インド/ サムドラグプタが死去。
376年:丙子
東晋/ 元号を太元に改元。 前秦/ 前秦が代と前涼を滅ぼし、華北を統一。 前涼/ 滅亡する。 代/ 五胡十六国時代の代の王、拓跋什翼建が死去。 滅亡する。 インド/ グプタ朝チャンドラグプタ2世が即位。 ローマ/ 後の西ゴート人の前身となるゴート系難民集団、ローマ帝国領内に侵入を開始。
377年:丁丑
ローマ/ 後の東ローマ皇帝アルカディウスが生まれる。
378年:戊寅
ローマ/ コンスタンティノポリスのヴァレンス水道橋が完成する。 東ローマ帝国皇帝ウァレンス率いるローマ軍と西ゴート族との間にアドリアノープルの戦いが起きる。 皇帝ウァレンスがアドリアノープルの戦いで西ゴート人に敗れ戦死。 ローマ帝国において、占星術師ポーラス・アレキサンドリヌスが占星術の入門書を記述。
テオティワカンの将軍シフ・カックがティカルを征服し、テオティワカン王族のヤシュ・ヌーン・アイーン1世が即位。
379年:己卯
東晋/ 東晋の書聖、王羲之が死去。
前秦/ 釈道安が、前秦の苻堅によって、襄陽から長安に連行される。
ペルシア/ サーサーン朝の第9代君主シャープール2世が死去。
ローマ/ キリスト教神学者「大バシレイオス」の異名をもつカイサリアのバシレイオスが死去。
380年:庚辰
ローマ皇帝テオドシウス1世がキリスト教を国教と定める。
381年:辛巳
匈奴/ 後の五胡十六国時代の夏の創建者、赫連勃勃が生まれる。
ローマ/ 第1コンスタンティノポリス公会議 - 三位一体論の定義、ニカイア・コンスタンティノポリス信条採択。
382年:壬午
東晋/ 中国で、肥水の戦いが起こる。 劉宋代に活躍した西域出身の訳経僧、良耶舎が生まれる。 東晋の第10代皇帝、安帝が生まれる。 ローマ皇帝グラティアヌスが異教と異教神官の特権を剥奪し、元老院議場から勝利女神ウィクトリアの祭壇の撤去を命じる。 同時にグラティアヌスは「最高神祇官(ポンティフェクス・マクシムス)」の称号を拒否し、この称号は教皇に譲渡される。
383年:癸未
前秦、東晋/ 肥水の戦いで前秦が東晋に大敗し、華北は再び争乱状態に陥る。
ローマ/ 8月25日 。ローマ皇帝グラティアヌスが死去。 ブリタニア(現イギリス)出身とされるキリスト教の聖女、聖ウルスラが死去。
384年:甲申
前秦/ 五胡十六国時代の前燕の第4代(最後)の皇帝、慕容トウが死去。 後燕、西燕、後秦がそれぞれ独立して建国する。
後燕/ 慕容垂が建国。元号を燕元と定める。
西燕/ 元号を燕興と定める。 五胡十六国時代の西燕の建国者、慕容泓が死去。
後秦/ 元号を白雀と定める。
高句麗/ 第17代王、小獣林王が死去、故国壌王が即位。
百済/ 第14代王、近仇首王が死去、枕流王が即位。
ローマ/ テオドシウス1世、サーサーン朝ペルシアと和平交渉、側近スティリコを遣わす。 アルメニア王国が東西に分割され、それぞれサーサーン朝とローマ帝国の支配下に置かれる。 9月9日。後の西ローマ皇帝ホノリウスが生まれる。
385年:乙酉
前秦/ 8月。五胡十六国時代の前秦の第3代皇帝、苻堅が死去。 元号を太元に改元。
西燕/ 元号を更始に改元。 後
燕/ 第4代皇帝、慕容熙が生まれる。
南燕/ 第2代皇帝、慕容超が生まれる。
西秦/ 鮮卑乞伏部が西秦を建国する。 元号を建義と定める。
東晋/ 東晋の政治家、謝安が死去。 東晋末・劉宋代の詩人、謝霊運が生まれる。 五胡十六国時代の中インド出身の訳僧、曇無讖が生まれる。 中国仏教の指導者、釈道安が死去。
高句麗/ 後燕を破り、遼東に進出する。
百済/ 第15代王、枕流王が死去、辰斯王が即位。 エジプトのアレクサンドリア市のセラピウム(セラピス神殿)が破壊される。
386年:丙戌
東晋/ 第7代皇帝、廃帝が死去。 張大豫が離反、元号を鳳凰と定める。 東晋の書家、王献之が死去。 第11代(最後)の皇帝、恭帝が生まれる。
前秦/ 第4代皇帝、苻丕が死去。 元号を太初に改元。
後燕/ 元号を建興に改元。
西燕/ 第2代皇帝、慕容沖が死去。 元号を昌平に改元。 第3代皇帝、段随が死去。 元号を建明に改元。 第4代皇帝、慕容ギが死去。 元号を建平に改元。 第4代皇帝、慕容瑤が死去。 元号を建武に改元。 第5代皇帝、慕容瑤が死去。 元号を中興に改元。 第6代皇帝、慕容忠が死去。
後秦/ 元号を建初に改元。
北魏/ 鮮卑の拓跋珪(道武帝)が自立し、前秦から北魏を建国。 元号を登国と定める。
後涼/ 後涼が建国。 元号を太安と定める。
387年:丁亥
ローマ/ アイルランドにキリスト教を広めた司教(主教)パトリキウスが生まれる。 司教アウグスティヌスの母で、キリスト教の聖人モニカが死去。
388年:戊子
東晋/ 東晋の将軍、謝玄が死去。
後秦/ 第3代(末代)皇帝、姚泓が生まれる。
西秦/ 西秦の創建者、乞伏国仁が死去。 元号を太初に改元。
?魏/ ?魏が建国される。 元号を建光に定める。
ペルシア/ サーサーン朝ペルシア帝国の第11代君主シャープール3世が死去。
389年:己丑
後涼/ 元号を麟嘉に改元。
カルタゴ(北アフリカ)/ ヴァンダル族の王ガイセリックが生まれる。
ローマ/ 東ローマ帝国のキリスト教神学者「ナジアンゾス」のグレゴリオスが死去。
390年:庚寅
東晋/ 南朝宋代の政治家、謝晦が生まれる。 ローマ/ テッサロニケの虐殺 アエギュプトゥス(ローマ帝国支配下のエジプト)でキリスト教以外の異教を禁じる勅令発布。 後のローマ教皇レオ1世が生まれる。 「テオドシウスのオベリスク」がコンスタンティノポリスの競馬場(ヒッポドローム)に建立される。これはエジプト第18王朝の王トトメス3世がルクソールのカルナック神殿に建てたものを移送したものである。
391年:辛卯
大和/ 倭軍、渡海して百済・新羅を破り、臣民とする(高句麗広開土王碑文)。
北魏/ 第2代皇帝、明元帝が生まれる。
灌魏/ 元号を定鼎に改元。
高句麗/ 元号を永楽と定める。
ローマ/ 西ローマ帝国の将軍アエティウスが生まれる。
392年:壬辰
高句麗/ 第18代王、故国壌王が死去、広開土王が即位。
百済/ 第16代王、辰斯王が死去、阿?王が即位。
ローマ/ 5月15日。ローマ皇帝ウァレンティニアヌス2世が死去。 ローマがキリスト教を国教とする。さらに、皇帝テオドシウス1世がローマ帝国内での異教を禁止する。
393年:癸巳
後秦/ 創始者、初代皇帝、姚萇が死去。
ローマ/ 第293回オリンピック。古代オリンピック最後の年といわれるが、記録には残っていない。
394年:甲午
後燕/ 8月。後燕が西燕を滅ぼす。
西燕/ 第7代(末代)皇帝、慕容永が死去。 滅亡する。
後秦/ 6月。後秦が前秦を滅ぼす。 元号を皇初に改元。
前秦/ 第5代皇帝、苻登が死去。 第6代(末代)皇帝、苻崇が死去。 滅亡する。 高句麗 第20代王、長寿王が生まれる。
ローマ/ 9月6日。ローマ帝国の帝位簒奪者エウゲニウスが死去。 カッパドキアのキリスト教神学者ニュッサのグレゴリオスが死去。 フリジドゥスの戦いで、簒奪者エウゲニウスを倒した皇帝テオドシウス1世により東西ローマ帝国が再統合される。 エジプトのフィラエ島イシス神殿に現存する最後のヒエログリフが刻まれる。
395年:乙未
ローマ/ 1月17日。ローマ皇帝テオドシウス1世が死去。 ローマ帝国が東西に分割相続される(東西分裂)。ローマ人がブリタンニアより撤退。
396年:丙申
東晋/ 第9代皇帝、孝武帝が死去。
後燕/ 建国者にして世祖、慕容垂が死去。 元号を永康に改元。
北魏/ 元号を皇始に改元。
後涼/ 元号を龍飛に改元。
高句麗/ 談徳(広開土境好太王)、百済を攻め、その北部を領土とし、城下の誓いをさせる(広開土王碑)。 ギリシア/ 西ゴート族がギリシアに侵略を開始。
ローマ/ 後の東ローマ帝国の皇帝マルキアヌスが生まれる。
397年:丁酉
東晋/ 元号を隆安に改元。
後燕/ 内紛が起こる。 慕容詳が離反し即位。元号を建始に定める。 慕容詳が死去。 慕容麟が離反し即位。元号を延平に定める。
後涼/ 後涼から北涼と南涼とが独立して建国。 姑臧で郭黁の乱が起こる。
北涼/ 元号を神璽に定める。
南涼/ 元号を太初に定める。
ローマ/ 4月4日、キリスト教のラテン教父/ミラノ司教、 - アンブロジウスが死去。 トゥールの司教マルティヌスが死去。 第三カルタゴ教会会議で『新約聖書』の選定が確認される。
398年:戊戌
後燕/ 元号を建平に改元。 第2代皇帝、慕容宝が死去。 蘭汗が離反。元号を青龍に定める。 後燕から南燕が独立して建国。 南朝宋代の政治家、歴史家にして『後漢書』の作者、范曄が生まれる。
北魏/ 元号を天興に定める。 北魏が平城に遷都
前涼/ 第9代皇帝、張天錫が死去。
399年:己亥
大和/ 1月16日、第16代天皇、仁徳天皇が死去。
東晋/ 中国の法顕が仏典を求めてインドに赴く。百済、3年前の誓いに背き、倭と連合して新羅に侵入したため、新羅は高句麗に援助を求める(広開土王碑)。 孫恩の乱が起こる
後秦/ 元号を弘始に改元。
北魏/ 北魏が高車を攻める。
後涼/ 後涼の建国者/初代皇帝、呂光が死去。 2代皇帝、呂紹が死去。 元号を咸寧に改元。
北涼/ 元号を天璽に改元。
南涼/ 初代君主にして烈祖、禿髪烏孤が死去。
ローマ/ 11月26日、第38代目ローマ教皇シリキウスが死去。
ペルシア/ サーサーン朝ペルシアの第12代君主バハラーム4世が死去。
400年代
エジプト/クレオパトラのアレクサンドリア宮殿が海に沈む。
履中(りちゅう)天皇元年(400年):庚子
2017年における米国ロチェスター大学による地球磁場の研究にて、西暦400年〜450年間に地球規模の地場反転が発生した可能性。 大和/ 履中天皇即位。名を大兄去来穂別尊(おおえのいざほわけのみこと)という。中国の『宋書』・『梁書』に出てくる倭の五王の中の倭王讃とする説がある(応神天皇もしくは仁徳天皇とする説もあり)。 399年1月、仁徳天皇崩御。住吉仲皇子が皇位を奪わんとして叛するが、これを誅殺し、400年2月に即位。401年、蘇我氏の蘇我満智(まち)、物部氏の物部伊?弗(いこふつ)、平群木菟(へぐりのつく)、円大使主(つぶらのおおおみ)などを政治に参加させた。都は磐余稚桜宮(いわれのわかざくらのみや、現在の奈良県桜井市池之内か)。 大王クラスの大形前方後円墳が奈良盆地から大阪平野に移り更に巨大化する。大仙古墳(伝仁徳天皇陵)や誉田御廟山古墳(伝応神天皇陵)が代表例。副葬品に人物埴輪が現れる。 東晋 車胤が死去? (中国の東晋の人物、「蛍雪の功」の「蛍」の逸話がある)
南燕/ 元号を建平に改元。
南涼/ 元号を建和に改元。
西涼/ 西涼が建国 元号を建和に定める。
高句麗/ 5万の兵を新羅に送り、倭軍を撃退する。迫撃して任那加羅に至る(広開土王碑)。
ハワイ/ ポリネシア人のヒロがハワイ島に到達
ギリシア/ 西ゴート族、イタリアに侵入
ローマ/ 東ローマ帝国レオ朝初代皇帝レオ1世が生まれる。