紀元前100000年〜80000年代

前10万年頃
日本/飛騨高山にあった牡牛座プレアデスの文明の人口が300万人に達する。
現地地球人の人口も120万人に達するが、原子核戦争が興り、双方ともに絶滅する。
南米南部にあったカシオペア座の文明の人口が300万人に達する。
現地地球人の人口も200万人に達するが、原子核戦争が興り、双方ともに絶滅する。
北アフリカのリビア/エジプトにあったオリオン座の文明の人口が600万人に達する。
現地地球人の人口も130万人に達するが、原子核戦争が興り、双方ともに絶滅する。

現代人(ホモ・サピエンス)がアフリカを出て世界各地に拡がった。 (アフリカ単一起源説を裏付けるもの。2008年2月21日発行の科学誌『ネイチャー』) アフリカの砂漠化が始まる。
アフリカの民は、ヨーロッパへ移動する。
やがて、ユーラシア大陸を東へと移動を開始していく。
身長3メートル、体重は300~540キロもの巨躯であったギガントピテクスが絶滅する。
前99899年頃
カシオペア座星間リーグの人々が、現在の南米、ブラジル、マナウス市近辺地域に転生する。
前98900年頃
ケフェウス座星間リーグの人々が、現在の北アフリカ、アルジェリア地域に転生する。
前98800年頃
大熊座星間リーグの人々が、現在の中華人民共和国、ウルムチ近辺地域に転生する。
前98700年頃
ケフェウス座星間リーグの人々が、現在の北アフリカ、アルジェリア地域に転生する。
前98600年頃
カシオペア座星間リーグの人々が、現在の北アフリカ、モロッコのカサブランカ地域に転生する。
大熊座の人々が、現在の南アフリカ共和国地域に転生する。
前9万8000年頃
プレアデス人によって「星の種」が地球にまかれ、新しい魂が生まれた。 彼らは、フィジー人の祖、オーストラリア人の祖、南アメリカ人の祖、そしてレムリア人のいずれかに生まれた。
前97800年頃
琴座星間リーグの人々が、現在の北アフリカのリビアとニジェールの国境近辺地域に転生する。
前96400年頃
金星の人々が、現在のノルウェー地域に転生する。
前95200年頃
カシオペア座星間リーグの人々が、現在のエジプト、カイロ地域に転生する。
前95000年頃
オリオン人/7200人が、現/南アメリカ地域に転生する。
彼らはオリオン星間リーグにて、進化の選択を行った結果として地球に転生した。
前9万8000年頃にプレアデス人よってもたらされた「星の種」としての新しい魂の集団の両親から生まれた。
前94500年頃
ケフェウス座星間リーグの人々が、現在のヨーロッパ、ポルトガルのリスボン地域に転生する。
前93800年頃
ケフェウス座星間リーグの人々が、現在のヨーロッパ、イタリア、シチリア島のパレルモ地域に転生する。
前93400年頃
琴座星間リーグの人々が、現在のスペインのジブラルタル地域に転生する。
前91925年頃
プレアデス365万人が、現在の日本/飛騨高山地域へ移住する。 現地の人類との文化交流はなし。
カシオペア座星間リーグ40万人の人々が、現在のエジプト地域にテレポーテーションを用いて、都市ごと移住する。 当時、現地の地球人は30万人が生息。完全な文化交流を行っていた。 フリーエネルギーの収集と増幅のため、ピラミッドの制作にあたる。
前90000年頃
九州の阿蘇山で非常に大規模な破局噴火が発生。後に阿蘇カルデラ火山帯となる。
前87300年頃
オリオン座星間リーグの人々が、現在のオーストラリアのパース辺地域に転生する。
前85300年頃
カシオペア座星間リーグの人々が、現在の南米、ベネズエラとブラジル国境、ネブリナ山近辺地域に転生する。
前84300年頃
カシオペア座星間リーグの人々が、現在のフィリピン地域に転生する。
カシオペア座星間リーグの人々が、現在のアフリカのコートジボアール国のパルマス岬地域に転生する。
琴座星間リーグの人々が、現在の南米ブラジルのマナウス市近辺地域に転生する。
前83600年頃
大熊座星間リーグの人々が、現在のイラク、バグダット地域に転生する。
前83500年頃
琴座星間リーグの人々が、現在のイタリア、ローマ近辺地域に転生する。