紀元前40000年〜20000年代

前40000年頃
アボリジニーがオーストラリアに渡来する。 当時、現在のカンピ・フレグレイにある超巨大火山が噴火。地球規模の影響があり、いくつかの文明を滅ぼした事が判明している。 ネアンデルタール人絶滅のきっかけとなった説が2010年に発表。
ゴビ内陸海諸島(現在のモンゴルにあるゴビ砂漠周辺地域)の「橋の街」から、多くの人類が現在のアラビア周辺地域(当時は海であった?)に移住する。
彼らは、アーリア人の祖となる第2系列の人類である。
前38000年頃
日本列島に人類が現れたと考えられている。この時期はもともと人口が少ないと想定されている。
2017年12月時点においては、日本人類の祖先は、アフリカ大陸からの人類の祖先のDNAから大きく異なった遺伝子を有している事が判明している。アフリカを起源とした人類の移動ルートは、遺伝子情報比較によるもので判明してきた事だが、日本縄文人の遺伝子情報はそのどれにもそぐわない。少なくとも近隣のアジア諸国とは、大きな相違があり、現在のところ日本縄文人のルーツは判明していない。もし、アフリカ大陸からの人類の分岐から派生しているとなると、おおむね紀元前4万年の期間で派生した事が考えられる。また、アメリカ、ドイツ、アルゼンチン、スイス、オランダの代表者を含めた科学者と言語学者たちによる国際研究グループによれば、6912の言語のうち3,700 言語を解析し、その言葉の発音などから共通した言語体系がある事を発見するも、日本語にそれらの共通性がほぼない事も判明している。
一方で、日本縄文人のDNAはアイヌ人→沖縄人→本土日本人(ヤマト人)の順番に、遺伝情報を受け継いでいる事が判明。また、出雲地方の出身者と東北地方の出身者の遺伝子情報が少し似ている事もわかってきた。
歯列の相互比較からスンダランド起源の「スンダランド型」を持つものが多いという特徴があるため、南から限定的に北上してきたというルートも想定できる。こちらはオセアニアに伝わる楽園の概念と、沖縄のニライカナイにまつわる神話の共通性からも考えられるものである。
国立遺伝学研究所の斎藤教授によれば、日本列島への渡来は3回発生しており、現時点では、第1段階(第1波)が後期旧石器時代から縄文時代の中期まで、第2段階(第2波)が縄文時代の後晩期、第3段階(第3波)は前半が弥生時代、後半が古墳時代以降という事が推定されており、「第1波は縄文人の祖先か、縄文人。第2波の渡来民は『海の民』だった可能性があり、日本語の祖語をもたらした人たちではないか。第3波は弥生時代以降と考えているが、7世紀後半に白村江の戦いで百済が滅亡し、大勢の人たちが日本に移ってきた。そうした人たちが第3波かもしれない」と語られている。
前35000年頃
当時、現在のカンピ・フレグレイにある超巨大火山が噴火。地球規模の影響があり、いくつかの文明を滅ぼした事が判明している。
日本列島における後期旧石器時代は、紀元前35,000年前から紀元前15,000年前の20,000年と定義されている。
前33000年頃
現東南アジア地域で、人間からおこぼれをもらっていた狼がいた事が判明。(人と犬の共存の起源)
前32400年頃
オリオン座星間リーグの人々が、現在のオーストラリア北西部ポートヘッドランド市(インド洋面)地域に転生する。
前32300年頃
琴座星間リーグの人々が、現在のオーストラリアのピノン市(グレートオーストラリア湾)地域に転生する。
前30000年頃
ネアンデルタール人がこの頃絶滅。 最古の洞窟壁画が描かれた? 現在知られている古いものでは、南フランスのショーヴェ洞窟壁画(約3万年前?)がある。 また、ラスコー(約1万8000年〜1万6000年前)、アルタミラ(約1万4000年〜1万3000年前)など多くの洞窟壁画がある。 後期旧石器時代始まる。立川ローム基底部(X層)。日本の旧石器文化発見。群馬県新田郡笠懸村岩宿の局部磨製石斧。 沖縄県にある山下町第一洞穴遺跡にて発見された人骨および土器から、推定年が紀元前30000年年頃のものと判明。
現在のモンゴルにあるゴビ砂漠周辺地域にあった「橋の街」から、多くの人類が、現在のペルシア湾周辺地域に移住する。
彼らは、アーリア人の祖となる第3系列の人類である。
前30000-20000年頃
モンゴロイドがアメリカ大陸に渡る。 氷河期の時代にベーリング海峡は地続きになっていた。 このため、一般的な説として、この頃ユーラシア大陸から無人のアメリカ大陸に人類が移り住んだと考えられている。 約1万年前頃までには、南アメリカ大陸の南端地域まで到達した。
氷河期のピーク時において、レムリア大陸は海上からふたたび姿を表していたものと考えられる。 この場合、直接、人類はこの大陸を経由して移動したとも考えられる。
前28000年前
日本列島の旧石器時代人は、槍先形尖頭器、細石刃、有茎尖頭器、石槍という狩猟具を発達させ、ヘラジカ、ハナイズミモリウシ(野牛の一種)、原牛、ナウマンゾウ、オオツノシカなどの大型の哺乳動物やニホンシカ、イノシシ、アナグマ、ノウサギなどの中小のほ乳動物を狩猟していた。
プレアデス(メローペ)人/7000人が地球に転生する。 彼らは、次元降下して肉体に固体化した五次元の存在である。 カナダ人と、ネイティブ・アメリカ人の先住民族となる。 のちに、次の3つの集団
・10万年以上の前に現/北ヨーロッパ地域で生まれた地球での新しい魂の人々
・5万9千年前に、新しい分明をつくるために五次元の闇の支配者によって地球に連れて来られたはるか遠方の銀河系の侵略者の魂の人々。地球ではアトランティス人。
・5万年前に隷属化から逃れた天の川はるか遠方側(天の川銀河を相対にして、ソーラーリングとは反対側の星系)の存在の魂の人々。地球ではアトランティス系エオリア文明人。
から派生した、移住者たちと異種交配する。 (アトランティスの支配という暗黒面に対する浄化のため?) 現/中南米地方に移住し、最初のホピ族/マヤ族となる。
前26000年前
人々の意識が、外界ではなく、ハートチャクラによってのみ覚醒される事に気付き始める。 これにより、人が神々として振る舞うという事の意識は薄くなり、アトランティス文明の崩壊が始まる。 アセンデッド=マスターたちは、この流れを逃さず、多くの人々に内なる真の世界を促した。 しかし、多くの人々は、外なる神々とトートと交わした約束(契約)のために、道を見いだせなくなってしまった。 これにより、土星の最高評議会は、他の外なる惑星の人々や、こと時点にて地球に転生する事を意図していない者達は、地球への侵入を拒否する事となった。
また、トート=ヘルメスの力を奪い、土星評議会はシリウスからの使節団を地球に派遣した。 ミカエル(青色同胞団)とアシュター(赤い竜:赤色同胞団)を長とする優れたマスターたちで構成された使節団は、トート=ヘルメスを捕らえ、オリオンに連れ戻した。 地球は、トート=ヘルメスの支配からようやく解放され、本来の姿に戻る活動を始めた。 三次元/物理世界(アッシャー)において、地球の海は現状よりもはるかに汚染されていた。 ポセイドンの洪水事件が起こる。 大洪水が発生し、アトランティスの政府中枢と、評議会大ホールが水没した。 これに伴い、約100万年続いたアトランティスの中央集権制度が崩れさる事となった。 アトランティスに属していた、国々はこの期をもってそれぞれで独立した文明国となる。 この時に生き残った人々は、海中での生活を選んだ。 ドームを修復し、1万2000年もの間、海中での暮らしを続ける。
※ ビデオゲーム「ドラゴンクエスト」:エスターク文明とエスターク人の世界観設計のイデア?
前25140年頃
おうし座星間リーグ(プレアデス星団アトラス星)の人々が、現在のアジア、インドのカルカッタ近郊地域に転生する。
前25000年頃
姶良火山が大爆発を起こす。
デニソワ人の仮説が正しければ、この当時のデニソワ人は、現在の人類と同じ文明を持っていた可能性がある。
地球の収穫期(「収穫の日」)。 多くの人類がアセンションできる状態にあったが、大半の者は地球の痛みを理解したため、地球に残る事を選んだ。 ゾ=ハル(光輝)がシャスタ山の地下都市テロスに移動。以降はアダマと行動をともにしている。
前24500年頃
ケフェウス座星間リーグの人々が、現在の南アフリカ共和国最南端、ブルダスドープ市地域に転生する。
前24000年頃
アステカ暦/第4の太陽アトナティウ(水の太陽)が滅亡する。 この後、物理的にアトランティス大陸が何度か水没し、世界各地に記されるアトランティスの規模となる。 現/アゾレス諸島地域のアトランティス人(アルクトゥス人の暗黒面=プレアデス/アトラス星系人)と、エオリアの戦いが起こる。 アルクトゥス人は、エオリア(ヨーロッパ)に住む人々を支配しようとした。 彼らの多くは、闇の大君主に隷属化していた事があり、そのカルマをアルクトゥス人の暗黒面がたどってきた。 エオリア人は、隷属化されつつも闇の勢力に対抗した。 そこで、プレアデス星団/マヤ人、タイゲタ人が援助にはいった。 ※ 仮説として、アルクトゥス人の暗黒面が、完全完結秩序による支配と隷属化であるとするならば、可能性と自由の探求は相反する思想であり、 この時代以降より、聖書に記される「天地戦争(天使と悪魔の戦争)」が幾度か発生していた可能性が考えられる。→様々な宗教戦争のイデア? 物理世界では、ヒト(現人類)が、新たな知恵を与えられ休息に発展?(堕天の時代へ) アルクトゥス人/2万人が地球に転生した。 彼らは、物理的な肉体に固体化した、五次元域の闇を支配する戦士の存在/アルクトゥス人の暗黒面に属する人々、である。 当時代において、北東地域に住居していた、
・5万年前に五次元域の闇の大君主による隷属化から逃れたはるか遠方の銀河系の五次元域の存在の魂の人々 ・5万年前に蠍座星間リーグでの隷属化から逃れた五次元域の存在の魂の人々
・10万年以上の前に現/北アフリカ地域で生まれた地球での新しい魂の人々 を隷属化したり、殺害したりした。 それから間もなくして、支配力を競うために、アトランティス人に移住した。 彼らは、現/アゾレス諸島地域のアトランティス人に転生する。 プレアデス(マヤ、タイゲタ)人/2万3000人が地球に転生した。 彼らは、闇の勢力(暗黒面)に迎え撃ち、助けを求める人間を援助するために肉体を固体化させた存在である。 現/フィジー諸島地域に根を下ろした。(現在は、フィジー人と言われている) アンドロメダ座星間リーグと地球を結ぶ線のはるか延長上に存在する、アンドロメダ銀河に存在した人々/4000人が、現在の東ヨーロッパ地域あたりに転生する。 現在の、ロシア人、ポーランド人、チェコ人の祖にあたる。 彼らが選んだ地球人の肉体は、
・10万年以上の前に現/西ロシア地域(ポーランド、ロシア)で生まれた地球での新しい魂 ・5万年前に闇の大君主による隷属化から逃れた天の川銀河の名前もない星の四次元域の人々の魂 という2つの魂の集団から生まれた新しい両親によって生まれた人間たちである。 ペガサス座星間リーグと地球を結ぶ線のはるか延長上に存在する、ペガサス銀河に存在した人々/10万人が、現在の南西インド諸島地域あたりに転生する。 彼らが選んだ地球人の肉体は、 ・5万年前に五次元域の闇の大君主による隷属化から逃れたはるか遠方の銀河系の五次元域の存在の魂
・5万年前に蠍座星間リーグでの隷属化から逃れた五次元域の存在の魂 ・10万年以上の前に現/北アフリカ地域で生まれた地球での新しい魂 という3つの魂の集団から生まれた新しい両親によって生まれた人間たちである。
前23614年
フォトン=ベルトへの突入。 ツォルキンが地球の生命を管理する立場に至る。 「ジー」の神殿が建設される。 (現、太陽の神殿の地下にある五部屋の神殿)
前23600年
水瓶座の時代へ移行。
前23200年頃
琴座星間リーグの人々が、現在の北米カナダ、バンクーバー島地域に転生する。
前23000年頃?
大周期を迎える? ヒトの寿命が、900歳前後から384歳以内に変化したと言われる。 ここから寿命の短縮は一気に加速する。 おもな理由としては、 ・ヒトの思念形態が、ポジティブよりもネガティブを受け入れるようになった。
・これにより、気付きのための情報量がヒトの許容量を超えてしまった。
・本来の能力に精神がついていけない=消耗が激しくなり、寿命が長いままであると精神崩壊を示す危険性が出てきた。
・精神崩壊を防ぐための自己防衛として、新たな精神人格を形成い、本来の人格を眠らせ、必要な時にスイッチできるようにした。
・ある程度の情報量に制限を行うべく、いくつかの機能をシャットダウンし、ある程度の段階に達した時、物質的肉体を離れるようにした。 (この時、視床下部が現在の位置になった? 視床下部は医学的にも視覚機能を備えていた痕跡があり、現在でも光だけなら認識が可能。ただし年々、視床下部の石灰化は加速速度は増加し、退化の方向へと進んでいる。)
・物質的肉体を離れた後、次の転生までに霊性と魂を癒す必要があるため、期間を設ける手段をヒト自身が選んだからだと言われている。 ※ これまでの人類は、3つ以上の眼を持つ種族もあったが、この時期を堺に2つの眼となる。(現人類)
前22000年頃?
アトランティス文明が分化する。 その大多数が、支配と権力によった否定的思念による文明となる。 肯定的思念をもったごく少数は、チベットへ移動。
前22000年頃
沖縄県にある白保竿根田原(しらほさおねたばる)洞穴遺跡にて発見された人骨および土器から、推定年が紀元前22000年〜20000年頃のものと判明。
前21480年
山羊座の時代へ移行。
前21400年頃
カシオペア座星間リーグの人々が、現在の北米、ニューイングランド(カナダ国境近辺)地域に転生する。
前21000年頃
鹿児島県にある姶良火山が大爆発を起こす。九州から関東地方まで、直径2000キロのおよぶ卵形の地域に火山灰が降った。 それが姶良火山灰層でATが俗称である。現在の鹿児島湾は姶良火山活動によってカルデラとなっている。この頃を境にナウマンゾウが日本列島から姿を消す。